Googleの検索履歴が消えない!原因と対処法を徹底解説

現在、Googleの検索履歴を削除できない不具合が発生しています。今回は、Googleの検索履歴の削除方法や、履歴を残さない検索方法などを徹底解説していきます。




Googleの検索履歴が消えない!

昔の検索ワードを表示してくれる検索履歴は便利ですが、必要ない時まで表示されると邪魔なものです。

現在、Googleの検索履歴を消そうとしても消えない不具合が起きています。

Googleの検索履歴が消えない詳細と原因

下記では、Googleの検索履歴が消えない詳細と原因を紹介していきます。

検索履歴は複数の履歴の複合

Googleの検索履歴は、複数の履歴が合わさって表示されます。

その為、一つだけ検索履歴を消しても他に残ったデータから、検索履歴が再表示されてしまいます

検索履歴を消すためには、同時に削除する必要があります。

Googleクロームの検索履歴の削除が必要

まずは、Googleクローム自体の検索履歴を削除する必要があります。

Googleクローム自体に検索ワードを打ち込んでいるので、こちらは実行する方は多いようです。

Googleアカウントの履歴も削除が必要

Googleクロームの検索履歴には、Googleアカウントの行動履歴も関係しています。

その為、Googleクロームの検索履歴を削除しきるためには、Googleアカウントの履歴も削除する必要があります。

こちらの方を削除し忘れている方が多いようです。

履歴削除後に同じGoogleアカウントのPCで検索すると履歴が残る

スマホとPCのGoogleアカウントを同じにしている方は、スマホの側で履歴を消せばPC側の履歴も消えます。

逆に、スマホで検索履歴を削除しても、直後にPCで何か検索すると、その履歴がスマホに反映されてしまいます

検索していない検索履歴が表示されることも

Googleクロームの検索履歴には、自身で検索した履歴の他に、検索ワードが表示されることがあります。

これは、同地域などで多く検索されているホットワードでで、このホットワードが煩わしい場合は削除する方法があります。

Googleで検索履歴が消えない場合の対処法

下記では、Googleで検索履歴が消えない場合の対処法を紹介していきます。

検索履歴を個別に消す方法

最も手軽にできる検索履歴の削除法は、「検索履歴の長押し」です。

今回は「ねこぱんち」を長押しします。

検索履歴を削除するかどうかの確認メッセージが出てきます。「削除」をタップすれば、検索履歴が消えます。

「他人にスマホを少し貸すけど、見られたくない検索履歴がある」なんて場合は、この方法で対応できます。

Googleクロームのアクセスページの履歴の消し方

ここからは、一時的な削除ではなく、履歴をまとめて全て削除する方法を紹介していきます。

まずはGoogleクロームのメニューを開きます。

一覧の中から「履歴」をタップします。

一番上の「閲覧履歴データの削除」を選択します。

「設定」→「プライバシー」→「閲覧履歴データの削除」を選んでも、全く同じページに行けます。

全ての検索履歴を削除したい場合は、右上のタブを「全期間」に変更します。右下の「データを削除」をタップすると完了です。

Googleアカウントの履歴の削除方法

次に、Googleアカウントの履歴を削除していきます。Googleの検索ページの右下からタブを開きます。

一覧から「search activity」を選択します。

Googleアカウントの検索のアクティビティにログインするので、ページを下にスクロールします。

ゴミ箱のアイコンをタップします。

アクティビティの削除の確認が表示されます。「右下の「削除」をタップすれば完了です。

検索していない履歴の消し方

検索していないのに出てくる履歴を消すには、先程の一覧の中から「設定」を選びます。

設定の一覧の中から「全般」をタップします。

「話題の検索キーワードに基づくオートコンプリート」からチェックを外せば、検索していないキーワードが表示されなくなります。

iphoneでの検索履歴の消し方

下記では、iphoneでの検索履歴の消し方を紹介していきます。

検索画面から1つずつ削除する

iphoneで、Googleの検索画面に行くと、検索バーの下に検索履歴が並んでいます。この検索履歴を左にスワイプすると、「削除」のボタンが出てきます。

この「削除」を押すことで、検索履歴を削除することができます。

履歴からまとめて消去する

検索履歴をまとめて消去するには、検索画面下のブックマークのアイコンから検索履歴を呼び出します。

履歴の一覧が開かれたら、右下の「消去」をタップします。

  • 直近1時間
  • 今日
  • 今日と昨日
  • すべて

から、履歴を削除したい範囲を選択すると、削除完了です。全ての履歴を削除したい場合は、「すべて」を選択してください。

検索履歴を残さない検索方法

下記では、検索履歴を残さない検索方法を紹介していきます。

シークレットモードを使う

Googleクロームのタブから、「新しいシークレットタブ」を開きます。

そうすると、シークレットのタブが開かれます。このタブ内の検索は履歴に残りません

アクティビティを無効化する

上記のGoogleアカウントのページから「search activity」を選択します。

開かれたマイアクティビティのタブを開きます。

一覧の中から「アクティビティ管理」を選びます。

「ウェブとアプリのアクティビティ」のチェックを外すと、検索履歴が残らないようになります。

キーボードの予測変換をリセットする方法

キーボードの検索履歴を消す方法の詳細は、使っているキーボードに準じます。

基本的には、キーボードを開いて設定のページに行きます。

「単語リスト」の中には、学習したワードが保存されています。これが、予測ワードとして出てきます。

単語を削除すれば、予測ワードも表示されなくなります。キーボードによっては「辞書」と表記されているものもあります。

キーボードによっては「検索」の設定を変える必要があります。

「コンテンツの予測検索」のチェックを外し、予測ワードが出ないようにできます。

履歴削除アプリを活用する

履歴消しゴムなどのアプリを使って、Googleの検索履歴を消すこともできます。

履歴を削除するアプリは沢山ありますので、使い易いものを探して見て下さい。

Google検索が真っ暗!!Googleアプリの画面が暗くなるバグの詳細と対処法を徹底解説

 

-その他

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.