トークライバーの安全性について!詳細と危険に陥る可能性のある行為を徹底解説

今回は、トークライバーの安全性について!詳細と危険に陥る可能性のある行為を徹底解説していきます。

ライブ配信アプリとして有名なトークライバーですが、果たして安全なのか、危険性があるとしたらどんなケースなのかを下記で解説していきます。

危険となりうる行為に関しては、ライブ配信アプリを安全に使うためには必ず知っておくことをおすすめします。


トークライバーは安全?危険?

トークライバーは安全なのか危険なのか紹介します。

大前提としてトークライバーは「有名なライブ配信アプリ」なので、アプリそのものの危険性はないと判断することができます。

なぜトークライバーが安全なのか・危険性がないのかを見ていきましょう。

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

日本の企業から運営されている

トークライバーは「株式会社マシェバラトーク」から運営されています。

名前からわかる通り株式会社マシェバラトークは日本の企業なので、海外で運営されているような怪しいサイト・アプリは作っていません。

もちろん、日本の企業が全て安全もしくは海外の企業が全て危険というわけではないのですが、第一印象として国内で運営されていると知れば、誰しもがある程度は安心できます。

実際に不正や詐欺といった噂のない会社ですので、運営会社は安全な会社であると考えて構いません。

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

個人情報入力はほとんどナシ!

ライブ配信アプリの中には電話番号認証が必要なものもありますが、トークライバーに関しては電話番号入力の必要は一切ありません。

LINEやTwitter、Googleと連携して登録することになりますが、TwitterやGoogleID(Gmail)の場合は個人情報入力の必要もないので、連携先から個人情報を抜き取られるようなリスクはないと考えていいでしょう。

氏名・生年月日・住所等の入力も必要ありませんが、「報酬受け取り」の際に「銀行振込」を選択した場合のみ、銀行口座の情報が必要です。

報酬を受け取る際に選択することができる受け取り方法は、下記の通りです。

報酬還元方法

  • 銀行振込
  • コンビニ受け取り
  • Amazonギフト券

通報機能が充実している

トークライバーの通報に関する機能は、ライブ配信アプリの中でも屈指の評価を得ています。

例えば、ライブ配信中に荒らし行為を行うユーザーや不快な言動をするユーザー等を見かけたら、上記の相手のプロフィール画面から通報することができます。

まずは赤枠の三点アイコンをタップして、下に出てくるポップアップの「ブロックする」と「通報する」を選択しましょう。

通報すればトークライバー運営がすぐさま通報されたアカウントの行動をチェックして、アカウント規制の必要があればすぐさま規制してくれます。

早ければ数時間内にそのユーザーのアカウントが規制されるので、ライバーも安心してライブ配信を行うことができます。

また、ブロックされたユーザーはライブ配信視聴からブロックしたユーザーへのメッセージ送信等ができなくなります。

総合的に見て「ライバーが安心してライブ配信できるように」と運営が行動を起こしてくれるので、ユーザー間のトラブルに関しても危険性はなく、むしろ安全性が高いと判断することができるでしょう。

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

退会が簡単なのでアカウントをずっと残さずに済む

アプリの中には「運営に問い合わせを行わないと退会処理できない」というものもありますが、トークライバーの退会は非常に簡単です!

トークライバーを辞める際にアカウントを残すことなく辞めることができるので、「アカウントが永久に残らない」という観点からも安全です。

退会したい場合は、マイページ画面の右上の「設定」を選択してください。

設定画面から「アカウント」を選択しましょう。

一番下に「退会手続き」という項目があるので、こちらをタップしてください。

退会理由を記載したのち「退会申請を行う」をタップすれば、運営に退会の旨を伝えることができます。

この際、退会理由が空白のままだと受け付けて貰えない(エラーが出る)という情報もあったので、退会する際はなんらかの理由を付けたほうがいいでしょう。

利用する上で安全性が高いと判断していい

上記の要素から、トークライバーは「危険性よりも安全性の方が強い」と判断することができます。

特に運営がしっかりしているので、荒らし対策は文句なし、さらに、退会処理や個人情報入力に関しても優れているので、危険と言われるような要素は見当たりませんでした。

基本的に安全に使うことができるアプリなのだと考えてください。

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

万が一危険に晒されてしまうケース

基本的に安心して利用することができるトークライバーですが、危険に晒されてしまうケースも存在します。

危険に晒される場合は、トークライバーの仕様が問題ではなく「ユーザーのトークライバーの使い方」が問題であるケースが大半です。

どのような状況で危険性が高まるのかを見ていきましょう。

ライブ配信で個人情報を暴露してしまう

トークライバーではライブ配信・ビデオ通話・通話でリスナーとコミュニケーションを取ることができるのですが、この配信の中で個人情報をうっかり晒してしまうケースがあります。

例えば、背景に個人情報を特定するもの(住所等)がつい映ってしまって悪用されたり、自分が「年賀状頂戴!」等と自ら個人情報をバラしてしまうことが多いです。

個人情報が映るような配信は絶対に行わず、自分でも口にしないようにしてください。

住所だけでなく本名も出さないほうがいいでしょう。

メッセージのやりとり等で個人情報が特定される

メッセージのやりとりもトークライバーで行うことができますが、その際に自分の個人情報を他人に渡してしまったせいで悪用されるケースも考えられます。

トークライバーは他のライブ配信アプリよりも「SNS性」が強くなっているので、利用する際はSNS利用のモラルもしっかりと抑えておくようにしてください。

少なくとも住所や本名を他の人に教えるのはNGですし、できることなら住まい(何県何市に住んでいるか等)も明かさない方がいいでしょう。

アカウントを放置してしまう

自分のアカウントを放置した場合も、放置せずにトークライバーを辞めた場合と比べて、危険に触れてしまう可能性があります。

例えば、プロフィール内に住まい等を書いたままトークライバーを辞めてしまった場合、「この人は何県に住んでいるんだ」ということが永久に残ってしまいます。

もちろん県名だけで住所までバレてしまうようなことは稀ですが、安全に安全を重ねるという意味で、トークライバーを辞める場合はアカウントを消してから辞めた方が賢明でしょう。

ライブ配信アプリ「マシェバラトーク」の使い方や課金、ポイントについて徹底解説

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

第1位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第2位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第3位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

 

-動画アプリ

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.