ラジオ配信アプリ「Spoon」のマネージャーとは?使い方ややり方・仕事内容を徹底解説

ラジオ配信アプリ「Spoon」はスプナー(リスナー)もDJ(ライバー)の配信をサポートすることができます。

「マネージャー」と呼ばれる機能で、DJが直々に選んだトップファン候補です。スプナーとしては名誉あることで、仕事内容等も把握しておきましょう。


Spoonのマネージャーとは?

Spoon

マネージャーの仕事内容、機能の使い方、どうやったらなれるか等を見ていきましょう。

なんとなく特別なイメージがありますが、プラスアルファで仕事がある程度で難しい機能ではありません!

マネージャーの仕事は?

マネージャーの仕事といっても、基本的には他のスプナーと同じく配信を盛り上げるのがメインです。

他にも荒らし対策や初心者定期等も仕事のひとつですが、荒らしに関してはでない可能性もあり、初心者定期もDJが率先して行う場合もあります。

DJの仕事をサポート、荒らし対策

基本的な仕事

  • DJと会話をする
  • 他のスプナーとDJを繋げる(会話の手助けをする等)
  • 初見の人に初心者定期等を貼り付ける(定型文機能はマネージャーも使える)
  • 配信の説明をする
  • ハート、スプーンを贈る
  • 荒らしがいたら強制退出させる

など

上記のうち、マネージャー以外のスプナーで不可能なのは「荒らしがいたら強制退出させる機能」「定型文機能」が使えるかどうかです。

マネージャーとはいわゆる「配信サポート」の役割を持っていて、配信の民度を上げる(下げない)のもマネージャーの仕事です。また、強制退出機能はDJも使えますが、他のコメント等の相手をすることを考えると、マネージャーが積極的に荒らし対策を行った方がいいでしょう。

他にも、始めたばかりの人のために初心者定期を落とすのも、マネージャーが率先して行った方がいい仕事です。マネージャーはDJと同じく定型文機能を使えるのが理由です。

DJが配信の説明を落として、マネージャーが初心者定期をコメントで落とすのが多くの配信の主流です。

初心者定期の例文等を細かくチェックしたい場合、定型文機能の使い方は、下記を参考にしてください。

ラジオ配信アプリ「Spoon」の使い方を徹底解説

権限以外はスプナーと同じで配信を盛り上げる

荒らしを追い出す権限以外は基本的に他のスプナーと同じです。

ハートを贈ったりスプーンでDJを応援したり、コメントで配信が盛り上がっているかのように演出しましょう。いずれもマネージャーでなくてもできることですが、マネージャーもやる気を見せていると配信の質はさらに上がります。

また、これは「マネージャーになりやすいかどうか」にも関わってくる問題ですが、マネージャーより他のスプナーの方がお金を落としてくれる(スプーンを贈ってくれる)とDJが判断した場合、そのスプナーがマネージャー等に選ばれてしまう可能性が高くなります。

マネージャーにも入室通知が来るようになる

一般スプナーとして上記の配信を長時間視聴していましたが、ちょうど赤枠の部分あたりでDJが「〇〇さんいらっしゃい!」と言っていました。

一般スプナーには「〇〇さんが入室しました」という表示は見れず、DJ及びマネージャーは〇〇さんが入室しましたの告知が配信内のコメントにて表示されます。

マネージャーにも表示される仕様なので、これを利用するならマネージャーも「〇〇さんいらっしゃい!」等とコメントを落として来てくれた人を歓迎する雰囲気を作った方がいいです。初心者定期を落とす際にも入室通知で判断する部分があるため、初心者定期を落とす役割を担ったマネージャーは特に入室通知をチェックする必要があります。

他のスプナーの配信ページにマネージャーアイコンが付くようになる

上記画像の赤枠内に「マネージャー」という黄緑のアイコンがありますが、このアイコンを持っているユーザーがマネージャーに選定された証になっていると考えてください。

筆者は一般スプナーでマネージャーではありません(コメントはひとつも落としていません)が、マネージャーのアイコンを確認することができました。

このアイコンがたくさん表示されれば「DJとマネージャーが一丸となっている」とスプナーが判断して、良い配信だと思ってしばらく滞在してくれる可能性が高いです。そのため、マネージャーも積極的にコメントを落とすのを推奨しています。

マネージャー機能の使い方

マネージャー機能はDJ及びマネージャー本人が扱うことが可能で、DJは最初にマネージャーを選定するために活用します。配信に人が来てくれたら配信一覧もしくはその人のコメントアイコンタップで、マネージャー認定の項目が出てきます。

マネージャーの機能のうち「入室通知」はだれかが入ってきたら自動で出てきますが、「強制退出」は自分が操作する必要があります。荒らしているコメント等を長押しし、通報と一緒に強制退出も選択できます。

詳しくは下記を参考にしてください。

ラジオ配信アプリ「Spoon」の使い方を徹底解説

マネージャー機能のルール・注意点

マネージャー機能を使うにあたって、DJもマネージャー(スプナー)も知っておいてほしいルールや注意点がいくつかあります。

マネージャーのルール・注意点

  • 配信ごとに最大3人まで(ひとりも設定せずにいることも可能)
  • 配信がはじまるごとにマネージャーを設定する必要あり(配信画面の入室一覧では他の配信も参照なので過去のマネージャーが表示される可能性あり。また、固定マネは配信前設定可能)
  • マネージャーはボランティアのようなもので、金銭取引は発生しない

マネージャーはひとつの配信で最大3名まで、3人全員が強制退出や定型文機能を使えるので、役割をあらかじめ相談してもいいです。3人いると役割が被りごちゃごちゃした配信になると考える場合は、マネージャーは1人でも問題はないでしょう。

固定マネージャー(1人)以外の2人のマネージャーの設定は、配信ごとにマネージャーを設定する必要こそあります。ただし、多少手間をかけても毎回民度の高い配信を心がけた方がユーザーが入りやすい環境はできます。

金銭取引等は特に発生せず、マネージャーを担った見返りは「DJからの感謝」「DJと仲良くなれる」等、コミュニケーションに関連する部分のみです。

「固定マネ」とは

Spoonでは9月に「固定マネージャー」機能を追加しています。

従来のマネージャー機能は配信内で3人決める必要がありましたが、固定マネージャーが登場してからは、配信前にひとりだけ固定マネージャーに設定することが可能です。

固定マネージャーを設定したとしても、マネージャー数はその固定マネージャー含めて3人まで、固定マネージャーは途中退出したり他の日の配信になってもマネージャー権限が外れることはありません。

設定に関してですが、「今までの枠内」にいた人を設定できますが、その中でも特に貢献度(配信盛り上がり含む)を高い人を固定マネージャーに選ぶ、元々定めている人を選ぶ傾向があります。

「専マネ」とは

専マネとは、Spoonの用語のひとつで「決まったDJの専用マネージャー(専用固定マネージャー含む)」という意味があります。

Spoonに専マネ機能があるのではなく、DJとマネージャー同士で交わした口約束のようなものです。個人で「この人だけのマネージャー」だと名乗っているのだと考えてください。

専マネを名乗る場合は、応援しているイチ推しのDJ以外のマネージャー申請は全て断る必要があります。その代わり、専マネを名乗ってくれるマネージャーと応援しているDJの絆はさらにアップし、配信内での地位を確立できます。

どうやってマネージャーになるのか

マネージャーは「マネージャーになりたい!」と思っても簡単には任命してくれません。例えば「マネージャーに選んだユーザーが荒らしで、強制退出を繰り返す」等の問題が発生する可能性があるからです。

何度も配信にお邪魔してくれるスプナーならある程度の信頼があるのでマネージャーになりやすいのですが、初見スプナーが「マネージャーにしてください!」と頼んでも、大抵は断られます。

マネージャーになるコツ

  • 好きなDJの配信(マネージャーになりたいDJの配信)に何度も足を運ぶ
  • 積極的にコメント・ハート・スプーンを贈る
  • DJに認知される・信頼を得る
  • DJが「この人にマネージャーを任せよう」と意思決定できればマネージャーに認定される
  • マネージャーになった後も仕事を全うすれば継続してマネージャーになれる可能性大!

一番大切なのは、何度も配信を視聴してDJに自分の名前を覚えてもらうことです。さらに、コメントやスプーンを何度も贈って「配信を応援してくれる気がある」と思わせてください。

そのうちDJが自分を信頼してくれて、マネージャーに選んでくれる可能性が高くなります。一度マネージャーになってからも気を抜かず、配信盛り上げや荒らし対策・初心者定期の仕事をこなしてください。

名前を覚えてもらいやすい配信は「人がまだそこまで多くない配信」なので、人気のDJよりも発展途上~まだはじめたばかりのDJの配信の方が、マネージャーにはなりやすいです。

マネージャーになかなか選んでもらえない場合

マネージャーに選んでもらえない理由は「自分以上に信頼しているDJがいる」か「そもそもマネージャー機能を使っていないDJの配信」かのどちらかです。

自分以上に信頼しているDJを今から追い抜くのは非常に難しく、絆を大切にしているDJだと、いくらスプーンを贈ってくれたか等を考慮しない可能性もあります。それ以外だと「スプーンをとにかく贈る」だけでも信頼度はどんどん上がっていきます。

そもそもマネージャー機能を使っていないDJもいますが、その場合は自分がマネージャーの話題を出してみて、「自分マネージャーやるよ」等と立候補してみるのをおすすめします。

基本的には応援やコメント等の実績を積んでDJに認めてもらう、無理そうならダメ元で直接「マネージャーにして」と頼んでみましょう。

突発的にマネージャーに選ばれた場合は?

もし、突発的にマネージャーに任命された場合「自分なんかにできるのか?」と不安に思ってしまうスプナーも多いです。

実際に仕事してみてマネージャーはできそうなのかをチェックするのが一番ですが、マネージャー選定までに関するあらかじめ前知識は抑えておきましょう。

まずはマネージャーのメリットを再確認する

マネージャーのメリット

  • DJとさらに親密になれる
  • DJをより応援できる
  • 配信の民度を自分が守っていると自覚を持てる
  • マネージャーに慣れてSpoonを使いこなせる

マネージャーになるメリットの大半はDJが自分に感謝してくれるというもので、特別なアイテムが貰える等はありません(そのDJが自分の配信に来てくれてスプーンをくれる可能性等はあります)。

そのため、マネージャーは「Spoonで誰かを強く応援したい・DJともっと仲良くなりたい」と考えているユーザーにぴったりの機能だと言えます。

上記のメリットを吟味して「マネージャーになって労力を割く必要はあるのか」を考えて、マネージャー依頼が来た時に返答を出してください。

大抵はDJが許可を取った上で設定する

DJが「マネージャーやってね」と、マネージャーを強要する行為は基本的にはありません。

その人の自主性に任せてやりたい人にやってもらった方がいいという考えが浸透しているのが理由ですが、いかに自分を応援してくれる人にも一応は許可を取った上で任命するのがマナーだからです。

そのため、「気づかぬうちに急にマネージャーになっていた」等は基本的にはありません。万が一マネージャーになっていた場合で断りたい場合は、なるべく早めに断るかしばらく配信に行かないようにして何食わぬ顔をして後日配信へ戻ってください。

クビになる可能性は少ない

「仕事ができないからクビ」になる可能性は基本的にはありません。マネージャーに任命した人との絆もDJは守っている可能性が高いからです。

仮に仕事ができないからクビにしようと考えたとき、そのマネージャーだった人が今後配信に来てくれなくなるリスクをどうしても考慮してしまうため、人間の心理(DJの稼ぎ方)的にクビにしようとは思いません。

そのため、「とりあえずチャレンジしてみよう」という気軽な気持ちでマネージャーになっても問題はないでしょう。

仮にマネージャーから外されてしまった場合は、自分よりも貢献度の高いスプナーが現れたか、自分がなかなか配信へ行けない日が続いた場合だと割り切って考えてください。

実際に大変なのか、慣れていなくてもできるのか

結論から言うと、マネージャーは全然大変ではなく、慣れていなくても誰でも行えます。

マネージャーの仕事を大きく分けると「配信盛り上げ」「荒らしを強制退出」「初心者定期」ですが、まずマネージャーに任命されるレベルで自分は信頼を得ている前提で考えると、「配信盛り上げ」に関してはマネージャーに選ばれた時点で自分も力になれているはずです。

「荒らしの強制退出」は荒らしが発生しない可能性も考慮すると、慣れていなくても特に問題はありません。「初心者定期」も無理して行う必要はなく最低でも「〇〇さん(来てくれた人)いらっしゃい」とコメントを落とすだけでもいいです。

配信が行われるたびに配信を楽しむだけでなくマネージャーとして何をすればいいかを考えながらマネージャーをすれば、仮にマネージャー未経験でもDJの配信を盛り上げるための手伝いとしては十分です!

毎日配信へ行く必要もなければ途中退出もOK

 

マネージャーはなるべく配信に顔を出した方がいいのは事実ですが、実生活を犠牲にしてまで無理して配信へ行く必要はありません。

あくまでもできる範囲で配信を楽しんで、配信に来たらマネージャーとして仕事をする感覚で構いません。

途中退出についても同様で、固定マネージャーでない場合はマネージャー権限は持ち越されませんが、また次回マネージャーに選んでもらえばいいだけです。DJ側もマネージャーにも実生活があることは把握しているため、「落ちるね」と言えば「お疲れ様、また来てね!」等、明るく送り出してくれる可能性は高いです。

あんまり配信に来る頻度が少ない・すぐに退出する場合はマネージャーに選んでもらえなくなる可能性があるので、そこだけは注意しましょう。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第2位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 Uplive

Upliveはグローバル展開している、24時間楽しめるライブ配信サービスです。

Upliveはサービス開始時から海外展開を視野に入れており、グローバルなサービスが充実。音声・文字の翻訳機能も、配信中に使用することが可能です。

有名配信者が歌手やアイドルとして世界デビューを果たすなど、様々な道が用意されています。

 

Upliveでは美顔フィルターやスタンプ機能もあり、音声配信も可能。

ライブ配信だけでなくショートムービーも投稿でき、TikTokなどのムービーもそのまま使うことができます。

複数配信やキャストバトルなど様々な機能で盛り上がる事ができますし、視聴者が配信者をサポートする機能なども備わっています

 

勿論、視聴からの投げ銭で稼ぐことができます。

投げ銭などに必要なダイヤはログインボーナスだけでなく、ミニゲームなどでも獲得可能

視聴側もアイテムをプレゼントして、配信を盛り上げ易い環境になっています。

おすすめポイント

  • グローバルに活躍できる
  • 翻訳機能が有る
  • 美顔フィルターやスタンプがある
  • 音声配信も可能
  • ショートムービーが投稿可能
  • ミニゲームなどでもダイヤを稼ぐことが可能

第4位 LIVE812

Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。

配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、配信していない間にも利益が発生することもあります。

ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。

歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。

勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。

Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります

おすすめポイント

  • ライブコマース機能が特徴的
  • 配信以外でも稼ぐ手段がある
  • 新しいサービスなのでチャンスがある
  • 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある
  • 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる

DokiDoki Live(ドキドキライブ)

ドキドキライブは初めてカラオケ配信を導入したライブ配信アプリです。

多くのライブ配信アプリでは、カラオケ配信が禁止。音源を使ってはいけなかったり、オリジナルソングしか歌えないなどの制限があったりします。

ドキドキライブは気兼ねなくカラオケ配信が可能。音質や歌詞表示などの機能も充実しています。

ライブ配信だけでなく動画配信機能もついており、ライブ配信以外でもお気に入りの配信者を探すことができます。

ライブ配信後の配信アーカイブ機能もあるので、気になった方の手軽に配信をチェック可能。配信スケジュール機能やファミリーチャット機能も備わっています。

配信側としても再生数に応じた報酬も発生しますし、配信時間以外でもファンを獲得できるメリットになります。

配信も視聴も、無料で行う事が可能。勿論他の多くのライブ配信アプリと同じく投げ銭機能もあります

配信画面はデフォルトでフィルター機能が付いており、スタンプも搭載。付け忘れて配信を始めてしまう心配もなく、手軽にライブ配信を行う事ができます。

おすすめポイント

  • カラオケ機能搭載
  • ライブ配信だけでなく動画配信も可能
  • アーカイブ機能で配信外でもファンを獲得できる
  • 高性能のフィルターやスタンプ完備

IRIAM(イリアム)

IRIAM(イリアム)のおすすめポイント

  • 「VTuber」のライブ配信アプリ!
  • バーチャルキャラクターをかわいく着せ替えることができる
  • キャラが二次元なので顔を出す必要がない!
  • 通信や画質等も綺麗で使いやすい

IRIAMは今流行っている「VTuber」がライブ配信するような形式のライブ配信アプリです。

VTuberとは「バーチャルユーチューバー」の略で、自分自身の顔を出さずとも自分の分身となる可愛いバーチャルキャラクターを操作して配信している人たちのことです。

バーチャル(二次元)ならではのかわいさが目白押しアプリで、万が一自分の顔等に自信がないという人はチェック必須のライブ配信アプリです。

例えば、現実の自分と全く違うような容姿をしたキャラクターも作成可能ですし、かわいらしい衣装を着せることも可能です。

現実ではありえない「猫耳」等のオプションを付けて、より二次元のキャラクターらしくデコレーションすることができるでしょう。

ただし、IRIAMでライブ配信したい場合は、IRIAM公式が開催するオーディションに合格する必要があります。

自己紹介の音声などを送る必要があるのでやや敷居が高いかもしれませんが、採用されればIRIAMの公式ライバーとなることができるでしょう!

トークライバー

トークライバーは女性が稼げるライブ配信アプリとしてオススメです。

配信者は女性のみで視聴者は大半が男性、視聴は有料ですが配信は無料になっています。

特徴的なのは、オープン配信とツーショット配信の2種類が用意されていることです。

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

オープン配信とツーショット配信の違い

  • 多くのライブ配信アプリと同じように配信者1人の配信を多数の視聴者が見る
  • 配信者1人が視聴者1人に対して、音声または映像で配信

運営会社も、東京に本社を置く日本の会社なので、ブロックや通報などの運営のサポート体制も迅速だと評判です。

また、ノンアダルトが徹底しているので安心して配信することができます。

トークライバーは、稼げる仕組みも充実しています。

稼げる仕組み

  • ギフトの還元率最大50%
  • オープン配信1分ごとに最大15スター報酬ゲット
  • 音声・ビデオ通話1分で最大60スター
  • メッセージ1通につき10スター

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

更に、初心者ミッションで1000スター、一ヶ月ログインし続けるだけで1200スター以上が貰えます。

元々2018年にマシュバラトークとしてスタートし、2019年に改名しました。

配信者がまだ少な目なので、有名になり易いアプリと言えます。

また、配信者側から視聴者を検索してメッセージを送り、ファンを獲得するなんてことも可能です。

おすすめポイント

  • オープン配信とツーショット配信がある
  • 運営のサポート体制が充実している
  • 稼げる仕組みがはっきりしている
  • まだまだ配信者が少な目なので有名になり易い
  • 配信者が能動的にファンを増やしていける

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

SPOON(スプーン)の規制が強化!コミュニティーガイドラインが適応の詳細を徹底解説

 

-ライブ配信
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.