Pococha(ポコチャ)の人気ハッシュタグとキラコメについて徹底解説

Pococha(ポコチャ)で人気のハッシュタグが話題になっています。

今回はPococha(ポコチャ)で人気のハッシュタグとキラコメについて解説します。


Pococha(ポコチャ)でハッシュタグをつけるメリット [Sponsored by DeNA]

Pococha(ポコチャ)では、配信者のファミリーに加入しているリスナーは、ライブ配信に15文字以内のハッシュタグをつけることが可能です。登録されたハッシュタグは随時ハッシュタグの一覧に載り、ライブ配信には最新の3つまでが表示されます。

ハッシュタグをつけること自体で盛り上がる

ハッシュタグもコメントの延長のようなもので、数が増えるだけでも盛り上がります。配信者も自身のライブにハッシュタグがつくことで、自身を応援してもらっている感覚が強くなり、その配信のモチベーションにもつながります。

ライブ配信で表示される最新の3つのハッシュタグも、入れ替わりがあることで活発な印象を与えます。

新たな視聴者の獲得につながる

つけたハッシュタグが配信を見ていないユーザーの目にも止まることになり、新たな視聴者の獲得にも繋がります。ライブ配信の参加者が増えることでその時の配信がさらに盛り上がったり、今後のリピーターになる可能性もあります。

盛り上げるのと同時に新たなファンの獲得の手助けをしているため、配信者のサポートにもなっています

ハッシュタグからの参加で名前が表示

ハッシュタグから新規視聴者が参加した場合は「〇〇さんのタグから参加」と表記が出るため、リスナーや配信者にも感謝され、名前の認識もされやすくなります

純粋に自分の書き込んだハッシュタグから、知らない人に興味を持ってもらえたことだけでもうれしく思う人が大半です。それが表示されて認識でき、さらに感謝されることはモチベーションにもつながるでしょう。

記録として残せる

一度ついたハッシュタグは配信者のページに記録として残り続けます。募集に関すること以外にも配信内容のハッシュタグをつけておくと想い出にもなるでしょう。

新しいファンの人も見ることができるため、「こんなことがあったんだ」と思ってもらったり、内容がわからない場合には質問が来て話題にもなり得ます。想い出の一つとして参加できることもメリットでしょう。

2022年Pococha(ポコチャ)で人気のハッシュタグ

Pococha(ポコチャ)で人気のハッシュタグについて解説します。

人気ハッシュタグ120選・前編

BOXに関するハッシュタグが上位を占めています。視聴者がコインを貰えるため、配信者を全く知らない場合や普段見ないようなジャンルであっても興味を持たれやすく、集客力のあるハッシュタグです。

還元に関する表記は、BOXで得たコインを配信者に使用しなくても良いといった意味で使われており、ミュートや音量自由の表記はBOXだけが目的で配信を聴こうと思っていないユーザーでも構わないといったことを意味しています。還元やミュートに関しても、BOXの配布があることを意味する単語になっていて、視聴するハードルも低くなるためよく使用されます。

いいねは単体で使用されることも多々ありますが、BOXとセットで使用されることも多いハッシュタグです。

人気ハッシュタグ120選・中編

次に、初見歓迎に関するものや、配信時間に関するハッシュタグも多く使用されています。初見歓迎はBOXやコメントとセットで使用されることも多くなっています。

ぽこチャレはいいねやコメント、BOXや初見人数に関するミッションで、これをクリアするために視聴者の協力が必要であることを意味しています。うなぎもぽこチャレの特典の内の一つで、どちらもハッシュタグによく使用されます。

BOXの使用に関しても回数のミッションがあるため、ぽこチャレのハッシュタグが付いている配信内でもBOXの配布を行っている可能性があります。時間のお知らせには絵文字の使用率が低く、ついていたとしても1~2つの場合が多くなっています。

人気ハッシュタグ120選・後編

BOXなどの誰でも使用するハッシュタグは使用率も高く上位に入っていますが、配信内容や配信者に関するハッシュタグも使用されています。そのジャンルに興味のある人が目に止めたり検索をかけた時にヒットするため、いいねやコメントに繋がる率も高くリピーターにもなり得ます

また、配信中に起きた出来事をハッシュタグにする場合もあり、〇〇事件といった書き方がよく使用されています。

単語と絵文字の繰り返しが多く、自由度が高い

BOXなど使用している単語は近しいものが多い場合でも、人によって様々な絵文字が使用されています。タグの一覧に載った時に目につくようにしたいといった目的から、珍しい絵文字を当てるユーザーも少なくありません。

また、配信者によってはファンマークが決まっている人もおり、ハッシュタグにファンマークの絵文字を使用しているケースもあります。

中には⭕のようにシンプルな絵文字を使用するユーザーも多くいますが、装飾の強い絵文字の多い中では目立つ場合も多くなっています。ハッシュタグはテンプレ化しているというよりも、自由度の高いコンテンツになっています。

ご紹介したように単語と絵文字の繰り返しが手軽で使用率も高いですが、「〇〇やるよー」といったしゃべり口調のものも多くあります。しゃべり口調のものは文字の部分も他とかぶりにくく、装飾が少ないため単語の繰り返しのものとは違った目立ち方をします。

今流行りのタグの見つけ方

Pococha(ポコチャ)はホームにある「話題」タブを選択することでハッシュタグを確認することが可能です。こちらは話題になっているハッシュタグということではなく、新着順での表示になりますがリアルタイムでどんなハッシュタグが使用されているかを見ることが可能です。

下にスクロールしていくとさかのぼることができるため、眺めているだけでもどういったハッシュタグが多いのか認識することができるでしょう。

また、「人気」タブを選択すると視聴者の多い配信が順に並んでいます。そこで使用されているハッシュタグをチェックすることでも、流行りや集客力のあるハッシュタグを確認することが可能です。

ハッシュタグの付け方

配信者のファミリーになっていない場合は、ファミリーになるところから開始します。ライブ配信中の画面で左上に配信者のアイコンがあるためタップします。そのまま下にスクロールすると画像のようにファミリーという欄があるため、100人以下のものの中から加入したいものを選択し、次のページで「申請」をタップします。

テキストボックスに申請コメントを入力して「送信」を押し、申請が承認されるのを待ちます。

承認が終わってファミリーに加入することができたら、ハッシュタグの設定が可能になります。配信中のライブでコメントを打つ場所に「#〇〇(ハッシュタグにしたい文字列)」と入力をして送信すれば完了です。

ハッシュタグをつける際のポイント

配信が活発な時間帯は1秒間に10件以上のハッシュタグが付くこともあり、ハッシュタグをつけてもすぐに流れてしまいます。見つけてもらいたい目的であれば、どれだけ目立つかを優先して考えても良いでしょう。

同じ文字列を繰り返すことでもインパクトが発生するほか、その時のハッシュタグの流れを見て、絵文字が多いのであればシンプルにすると目立ち、シンプルが多いのであれば絵文字で華やかにすることでも目につきやすくなります。

また、検索機能を使ってハッシュタグを探す人もいるため、検索に引っ掛かりやすい文字列を入れても良いでしょう。人気のハッシュタグは同じ文字列の繰り返しですが、検索に引っ掛かりたいようであれば「歌枠・カラオケ・歌っている曲名や歌手名」など、違った文字列を複数入れるのも効果的です。

ポイント

  • その時のハッシュタグの流れを確認する
  • インパクト重視なら同じ文字列を繰り返す
  • 検索重視なら検索に引っ掛かるような文字列を複数入れる

ハッシュタグをつける際の注意点

文字数は15文字以内

まず文字数を15文字以内にする必要があるため、付けたい絵文字がたくさんある場合には選択が必要になります。使いたい絵文字が使えるように、そうでもない絵文字は控えなければいけない場合もあるかもしれません。

特に記号や特殊記号は複数組み合わせて完成するものが多く、見た目の長さよりも文字数を使いやすいため注意が必要です。

ミュートの表記には注意

ミュートというハッシュタグも人気ですが、ミュートOKやミュート可などの表記はアカウント停止の対象になっているため注意が必要です。

Pococha(ポコチャ)では配信者とリスナーが交流できることがメリットです。ミュート表示は配信者側の気遣いの表れでもあり、本当にミュートにする人ばかりではありませんが、BOXの表記でも十分集客力はあるため敢えてリスクのある選択をしなくても良いでしょう。

ファミリーの枠が空いているか確認する

Pococha(ポコチャ)ではハッシュタグをつけるためにはファミリーへの加入が必要ですが、ファミリーにも人数制限があり1枠100名までとなっています。枠の数は配信者のランクによって上下するため、入れるだけの枠があるかどうかも確認する必要があります。

多少枠が空いていたとしても承認制のため、配信者が他に入ってほしいリスナーのために空けている可能性も考えられます。数に余裕がない場合も注意が必要です。

キラコメも人気

キラコメとは絵文字のみがたくさん使用されているコメントのことで、キラキラコメントを省略したものです。コメント欄が華やかになったり、文章が無くてもコメントできるため、コメントが活発になりやすくなります。

配信者にとってはコメント数が増えること自体がメリットなため、たくさん送っても良いでしょう。キラコメを喜ぶ配信者も多く、良い反応をしてもらえる場合も多々あり配信者との交流の機会にもなり得ます。

また、盛り上げたいけど何を言ったらいいのかわからないといった場合にも使用できます。BOXの受け取りにもコメントが必要なため、キラコメを使用しても良いでしょう。

人気のキラコメ組み合わせ方法

キラコメにもファンマークが使用される場合があります。応援している配信者がファンマークを設定している場合は、絵文字の中に混ぜてみても良いでしょう。

Simejiアプリではユーザーがキラコメも随時変換候補に登録しているため、「キラキラ」や「拍手」などその時に使用されているものを変換で呼び出すことが可能です。

複数の絵文字を組み合わせて、何度か繰り返すと自分でも簡単に作成することが可能です。黒字の記号を組み合わせると上品に、カラーの絵文字を組み合わせると華やかにすることができます。

Pococha(ポコチャ)のアプデで他のアプリから大量の通知が来るのは不具合?詳細や対処法を徹底解説

Pocochaの不具合が解消されて、他のアプリから大量の通知が来るようになったと話題です。 今回はPocochaの通知が他のアプリの通知に影響していることに関してや他のアプリの通知が来ない場合の対処法 ...

続きを見る

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)【Sponsored by DeNA】」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっち

ふわっちのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちというライブ配信アプリもおすすめです!

ふわっちは17LIVEやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、17LIVEやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

17LIVEやPocochaのようにリスナーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

↑上記から詳細確認出来ます

第2位 BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 IRIAM(イリアム)

IRIAM(イリアム)のおすすめポイント

  • 「VTuber」のライブ配信アプリ!
  • バーチャルキャラクターをかわいく着せ替えることができる
  • キャラが二次元なので顔を出す必要がない!
  • 通信や画質等も綺麗で使いやすい

IRIAMは今流行っている「VTuber」がライブ配信するような形式のライブ配信アプリです。

VTuberとは「バーチャルユーチューバー」の略で、自分自身の顔を出さずとも自分の分身となる可愛いバーチャルキャラクターを操作して配信している人たちのことです。

バーチャル(二次元)ならではのかわいさが目白押しアプリで、万が一自分の顔等に自信がないという人はチェック必須のライブ配信アプリです。

例えば、現実の自分と全く違うような容姿をしたキャラクターも作成可能ですし、かわいらしい衣装を着せることも可能です。

現実ではありえない「猫耳」等のオプションを付けて、より二次元のキャラクターらしくデコレーションすることができるでしょう。

ただし、IRIAMでライブ配信したい場合は、IRIAM公式が開催するオーディションに合格する必要があります。

自己紹介の音声などを送る必要があるのでやや敷居が高いかもしれませんが、採用されればIRIAMの公式ライバーとなることができるでしょう!

第4位 ミコライブ

ミコライブは「せかいのエンタメを日常に」のコンセプトのライブ配信アプリ。フェイス加工も細かく設定でき、メイクやかわいい耳を着けたりする機能も。

メジャーな配信アプリ程知名度は高くありませんが、アクティブリスナーも多く配信は非常に盛り上がっています。今から配信を始めたい方にもオススメのライブ配信アプリです。

ミコライブは配信だけに留まらないサポートや展開も大きな魅力。CJ ENMの関連する韓国の大手オーディション番組や日本のプロスポーツとのコラボ等、大型のタイアップも行われています。

特にJリーグチームやプロスポーツチームとのコラボイベントでは、モデルやタレントへの登竜門ともいわれるキャンペーンガールへの専属契約や専属マネージャー獲得のような、他とは一線を画すプライスが用意されていたりします

リスナー側にもシークレットパーティーへの招待などプライズが用意されていたりもするので、イベントは配信側もリスナーも大いに盛り上がれます。

ミコライブにも投げ銭機能が備わっており、エフェクトが非常に豪華。アニメーションが綺麗で豊富なのは勿論、音が出たり全配信ルームに通知が出るアイテムなんてものもあります。

イベントの商品としてオリジナルギフト作成なんてものもあり、皆が沸くこと間違いなしです。

アプリには銀貨ゲームが実装されており、配信で盛り上がれるのは勿論、リスナーがゲームで銀貨を増やしてギフト購入をする事も可能です。

おすすめポイント

  • 大手テック企業の開発により高画質&高機能
  • アプリが非常に使い易い
  • ギフトエフェクトのアニメーションが豪華
  • 非常に豪華なプライズ・イベント商品
  • フェイス加工機能が安心
  • 新規参入がし易い
  • ゲームで銀貨を増やしてギフト購入ができる

第5位 21LIVE

21LIVEの名前は数秘術と英語からきており、「思い通りの人生がここから始まる」をコンセプトにしたライブ配信アプリです。

誰でも手軽に配信や視聴ができるライブ配信アプリで、投げ銭によって報酬を得る事も可能です。

21LIVEはライバーとリスナーとのコミュニケーションを大切にするアプリで、交流機能が活発。入室コメントやギフトボード表示の機能も充実しています。

DM機能やスレッド機能があり、手軽にコミュニケーションを取る事が可能。画像付きで呟けるタイムラインではライバーもリスナーも自由に呟いており、コメントやフォローで趣味の合う人を探す事も出来ます。

日本の会社が運営しており、24時間監視しているので安心のアプリです。

メイクや髪色変更が可能な高性能なビューティーアプリが搭載されており、少しできた暇な時間や寝る前のちょっとした時でも配信を行えます。

キャンペーンやログインでコインをゲットできるので、手軽にアイテムを投げる事も。イベントも活発に行われており、ライバーとリスナー共に盛り上がる事ができます。

おすすめポイント

  • 親の同意があれば未成年でも収益化可能
  • 収益は日払い可能
  • 掲示板やタイムラインでの交流が盛ん
  • 男性配信者も多い
  • 日本の会社が運営
  • 無償のビューティカメラ機能をアプリに搭載
  • ライバーとリスナーがやり取りできるDM機能をアプリ内
  • 公式ライバーは時給保証

第6位ピカピカ

ポイント

  • 顔出し不要の音声配信アプリ
  • サークル機能で友だちが見つけやすい
  • アプリ内でゲームが楽しめる
  • 契約配信者になれば稼げる
  • スマホ一台で配信者になれる

ピカピカは、中国では「Kirakira(キラキラ)」という名称でリリースされてるアプリです。中国では、かなり人気のアプリとなっており、日本でも今人気が高まってきているアプリです。

自身が作成した、バーチャルモデルを使用し、顔出し不要の音声配信アプリとして人気で、スマホ1つで簡単に配信できるという気軽さもおすすめできます。
また、今なら人口も少ない分契約配信者にもなりやすく、稼ぎやすいというメリットがあります。

喋るのが少し苦手な人にも、配信が行いやすいように、ピカピカでは「早押しソング」というゲームが配信ルームで楽しめます。
「早押しソング」はみんなで歌をつなげていくカラオケリレーができるゲームです。

他にもサークルでは、共通の趣味を持つ人なども見つけやすく、友達が見つけやすいというメリットがあります。
メッセージ機能などもあり、音声配信以外に楽しめる要素もたくさんあります。

ピカピカは楽しみながら稼げるチャンスがある今、おすすめのアプリといえるでしょう!!

第7位 トークライバー

トークライバーは女性が稼げるライブ配信アプリとしてオススメです。

 

配信者は女性のみで視聴者は大半が男性、視聴は有料ですが配信は無料になっています。特徴的なのは、オープン配信とツーショット配信の2種類が用意されていることです。

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

オープン配信とツーショット配信の違い

  • 多くのライブ配信アプリと同じように配信者1人の配信を多数の視聴者が見る
  • 配信者1人が視聴者1人に対して、音声または映像で配信

運営会社も、東京に本社を置く日本の会社なので、ブロックや通報などの運営のサポート体制も迅速だと評判です。

トークライバーは、稼げる仕組みも充実しています。

稼げる仕組み

  • ギフトの還元率最大50%
  • オープン配信1分ごとに最大15スター報酬ゲット
  • 音声・ビデオ通話1分で最大60スター
  • メッセージ1通につき10スター

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

更に、初心者ミッションで1000スター、一ヶ月ログインし続けるだけで1200スター以上が貰えます。配信者がまだ少な目なので、有名になり易いアプリと言えます。

また、配信者側から視聴者を検索してメッセージを送り、ファンを獲得するなんてことも可能です。

おすすめポイント

  • オープン配信とツーショット配信がある
  • 運営のサポート体制が充実している
  • 稼げる仕組みがはっきりしている
  • まだまだ配信者が少な目なので有名になり易い
  • 配信者が能動的にファンを増やしていける

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

第8位 Mimikoi(ミミコイ)

Mimikoi(ミミコイ)は誰でも簡単に利用できる、声を使った配信アプリ。聞く側も配信に参加して最大9人で盛り上がれる点が、他のライブ配信アプリと大きく違う特徴です。

恋カフェや雑談、ゲームと複数ジャンルが用意されており、特にゲームフレンドを探したり一緒に攻略を考えたりする使い方が人気です。

投げ銭機能も実装されており、有料アイテムで1対1の会話やコミュニケーションを取る事も出来ます。

Mimikoi(ミミコイ)は寂しい夜や暇な時間に気軽に利用する事ができるのが大きな魅力です。誰かの配信に入っても良いですし、自分で配信を行うのも手軽です。

また配信をしている人だけでなく、リスナーもスピーカーとして声を使って発言をする機能も搭載。最大9人でトークしたり攻略を話し合ったりする事ができます

文章と共に画像や動画を投稿する呟き機能を利用し、多くの人が日常や趣味などを発信しています。フォローやレスもできるので、気の合う人とコミュニケーションを楽しめます

おすすめポイント

  • 顔出しの声で配信
  • 投げ銭機能がある
  • リスナーもスピーカーとして声で参加できる
  • スピーカーは順次入れ替わり可能
  • 呟きやグループチャットが使い易い
  • 寂しい夜に手軽に誰かと話せる
  • 1対1トークもできる

 

-ライブ配信
-, , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.