解説、アプリの使い方

SNSデイズ

ライブ配信アプリ17Liveって稼げるの?稼ぐ仕組み・ロイヤリティ比率について

更新日:




ライブ配信アプリを毎日のように見ている筆者が、「有吉ジャポン」や「ホンマでっか!?TV」でも紹介された「稼げるライブ配信アプリ」17Liveの稼ぎ方等について解説します!収益についても赤裸々に解説するよー!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ライブ配信アプリ「17Live」の特徴

有吉ジャポンで紹介された通り、17Liveは「稼げる」ライブ配信アプリです。

というのも、ライブ配信に対して投げ銭やポイント付与する文化が強い中国、台湾で流行っており、その流れがいま日本に来ているイメージです。ちなみに、17Liveは台湾発のアプリです。

そのユーザビリティの高さや、ロイヤリティ表記や投稿分析といった配信者(ライバー)にわかりやすい仕組みなどで、一気に火が付きましたね!

最近では事務所が大々的に売り出すということもやっているらしく、将来が大変興味深いアプリとなっております。

ライブ配信アプリ17Liveの稼ぐ仕組み

実際に、「ライブ配信をしてからお金が計算される」までの流れを追ってみましょう。具体的には以下のようになります。

  1. ライブ配信をする
  2. 視聴者からプレゼントをもらう
  3. そのポイントに応じてお金が算定される
  4. お金が支払われる

プレゼントについて

配信者に対するプレゼントは、ポイントを消費します。ポイントは、毎日ログイン等で手に入る場合もありますが、基本的には視聴者が購入することになります。

こちらがポイントの料金表。だいたい、1ポイント=1円、つまり、100ポイントで100円といった形で考えて問題ありません。

こちらが、プレゼントをしたときの画面。左が配信者、右が視聴者の画面です。

今回は、100円程度のプレゼントをしてみました。

ロイヤリティとは?どれぐらいもらえるの?

直接的に言えば、ライブ配信中に受け取ったプレゼント相当額を、17Liveとライバー(配信者)で分配する形となります。そして、ライバーが受け取る分を「ロイヤリティ」といいます。

ロイヤリティの比率はどれぐらいなのでしょうか?!

100円分ぐらいのプレゼントをもらって、0.1155USD(ドル)を受け取れるようになりました。

ズバリ、ロイヤリティは13%ぐらいですね!

これを高いと見るか、低いと見るかはあなた次第。ロイヤリティはファン数や視聴者数に応じて上昇していくのは事実です。

逆に言えば、ロイヤリティ13%ぐらいが最低ラインで考えて良さそうですね。

ただしこの限りではありません!(下記参照)

【追記】ライバーについて

ライバーについて、追加情報が入ってきました!

17ライバー(配信者)には、通常の一般ライバーと17MediaJapanに認められた公式ライバーの2種類が存在します。

  • 通常の一般ライバー
  • 公式ライバー

17MediaJapanとは、17LIVEの運営に関わっている日本の部門ですね。この17MediaJapanに認められることができれば、なんと公式ライバーとして17LIVE上で活動することができます!

公式ライバーのメリット

公式ライバーのメリットは以下の通り。

  • IDの横に公式認証マークが付く!

公式ライバーになりますと、公式ライバーの証として、ユーザープロフィール画面のライバーIDの右側に黒チェックマークが付きます。

これは素晴らしいですね!それ以外にも、公式ライバーになると何かしら有利に配信できる仕組みがありそうです。変な話、17Liveで生活しようと思えば、まず中期的に目指すのは17公式ライバーでしょう。

詳しいことはわかっていませんが、公式ライバーとなるには、17Live運営に認められることが重要だそうです。

編集後記

今回は、ライブ配信アプリー「17Live」の稼ぐ仕組み、ロイヤリティ比率について解説しました。

もし、「ライブ配信で稼ぎたい!」という方がいれば、是非プラットフォーム(ライブ配信アプリ)選びは慎重に!まずは、17Liveで試してみるのもアリと思います!

とりあえず、17Liveを是非ダウンロードしてみましょう!

-ライブ配信

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.