解説、アプリの使い方

SNSデイズ

ライブ配信アプリ17Liveって稼げるの?稼ぐ仕組み・ロイヤリティ比率について

更新日:

ライブ配信アプリを毎日のように見ている筆者が、「有吉ジャポン」や「ホンマでっか!?TV」でも紹介された「稼げるライブ配信アプリ」17Liveの稼ぎ方等について解説します!収益についても赤裸々に解説するよー!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ライブ配信アプリ「17Live」の特徴

有吉ジャポンで紹介された通り、17Liveは「稼げる」ライブ配信アプリです。

というのも、ライブ配信に対して投げ銭やポイント付与する文化が強い中国、台湾で流行っており、その流れがいま日本に来ているイメージです。ちなみに、17Liveは台湾発のアプリです。

そのユーザビリティの高さや、ロイヤリティ表記や投稿分析といった配信者(ライバー)にわかりやすい仕組みなどで、一気に火が付きましたね!

最近では事務所が大々的に売り出すということもやっているらしく、将来が大変興味深いアプリとなっております。

ライブ配信アプリ17Liveの稼ぐ仕組み

実際に、「ライブ配信をしてからお金が計算される」までの流れを追ってみましょう。具体的には以下のようになります。

  1. ライブ配信をする
  2. 視聴者からプレゼントをもらう
  3. そのポイントに応じてお金が算定される
  4. お金が支払われる

プレゼントについて

配信者に対するプレゼントは、ポイントを消費します。ポイントは、毎日ログイン等で手に入る場合もありますが、基本的には視聴者が購入することになります。

こちらがポイントの料金表。だいたい、1ポイント=1円、つまり、100ポイントで100円といった形で考えて問題ありません。

こちらが、プレゼントをしたときの画面。左が配信者、右が視聴者の画面です。

今回は、100円程度のプレゼントをしてみました。

ロイヤリティとは?どれぐらいもらえるの?

直接的に言えば、ライブ配信中に受け取ったプレゼント相当額を、17Liveとライバー(配信者)で分配する形となります。そして、ライバーが受け取る分を「ロイヤリティ」といいます。

ロイヤリティの比率はどれぐらいなのでしょうか?!

100円分ぐらいのプレゼントをもらって、0.1155USD(ドル)を受け取れるようになりました。

ズバリ、ロイヤリティは13%ぐらいですね!

これを高いと見るか、低いと見るかはあなた次第。ロイヤリティはファン数や視聴者数に応じて上昇していくのは事実です。

逆に言えば、ロイヤリティ13%ぐらいが最低ラインで考えて良さそうですね。

ただしこの限りではありません!(下記参照)

【追記】ライバーについて

ライバーについて、追加情報が入ってきました!

17ライバー(配信者)には、通常の一般ライバーと17MediaJapanに認められた公式ライバーの2種類が存在します。

  • 通常の一般ライバー
  • 公式ライバー

17MediaJapanとは、17LIVEの運営に関わっている日本の部門ですね。この17MediaJapanに認められることができれば、なんと公式ライバーとして17LIVE上で活動することができます!

公式ライバーのメリット

公式ライバーのメリットは以下の通り。

  • IDの横に公式認証マークが付く!

公式ライバーになりますと、公式ライバーの証として、ユーザープロフィール画面のライバーIDの右側に黒チェックマークが付きます。

これは素晴らしいですね!それ以外にも、公式ライバーになると何かしら有利に配信できる仕組みがありそうです。変な話、17Liveで生活しようと思えば、まず中期的に目指すのは17公式ライバーでしょう。

詳しいことはわかっていませんが、公式ライバーとなるには、17Live運営に認められることが重要だそうです。

稼げるオススメのライブ配信アプリをランキング形式で徹底解説

編集後記

今回は、ライブ配信アプリー「17Live」の稼ぐ仕組み、ロイヤリティ比率について解説しました。

もし、「ライブ配信で稼ぎたい!」という方がいれば、是非プラットフォーム(ライブ配信アプリ)選びは慎重に!まずは、17Liveで試してみるのもアリと思います!

とりあえず、17Liveを是非ダウンロードしてみましょう!

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今年最も勢いのあるアプリは、やはり「イチナナライブ」「ライブミー」かと思われます。1番「リアル」で1番「新しい」そして若いのが「イチナナ」「ライブミー」ですね。

17Liveもミクチャもオススメなので分類に分けて解説していきます。

「殿堂入り」17(イチナナ )Live

台湾発ライブ配信アプリ「17Live」の使い方

ライブ配信アプリ「17Live」。台湾発でありながら、多くの国でユーザーを獲得しています。

圧倒的に美男美女が多いことも特徴の1つ。

また、大きな特徴としてライブ配信を通じた収益がしっかりと機構として取り入れられている点です。ライブ配信者への報酬といった面ではどのライブ配信アプリでも同じですが、17Liveに関してはロイヤリティの設定、収益レポートなどが他と比べて充実しています。

 

最近では「日本の事務所の人か!?」ってぐらいかわいくて、中国語もうまくて、配信内容も面白い日本人が徐々に参戦しています。

【特別編】Pococha(ポコチャ)

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのITALIAN業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今が稼げるチャンスです!今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位「live.me(ライブミー)」

動画のライブ配信・生放送SNS「Live.me(ライブミー)」!全世界で話題の無料SNSアプリ。誰でも簡単に、思いついたらその場で動画のライブ配信可能!

ライブ配信ではユーザー同士がリアルタイムでチャット可能!お気に入りの配信者に「いいね」のハートを送ったり、コイン課金を利用すれば、動画の再生中にプレゼントを贈ることも可能です。

あなたの動画視聴者から、プレゼントが届いたりします!!

↑上記からもダウンロード出来ます。

「SNSを使ってファンを増やして、プレゼントをゲット!」

第2位「マシェバラトークライバー」

今じわじわと人気を集めているライブ配信アプリ「マシェパラ」!!まだ知名度は「イチナナ 」「ライブミー」に比べたら低いですが、最近密かに人気を集めています。

「ランキング機能」

  • 配信中に視聴者からギフトやメッセージを貰うとスターが貯まります。ランキング上位にランクインすることで視聴者が配信を見に来てくれるので、ランクイン目指してライブ配信を継続して頑張りましょう!

まだ有名なライバーが少ないので、人気者になれる今がチャンスです!

第3位 「MixChannel(ミクチャ)」

 

とにかくミクチャ。まずミクチャ。他の配信アプリみたいに、背景をしっかり整えていない人が多いのもミクチャの特徴!笑朝は、学生が学校に行く前の準備の配信をしてたりと、カオスな中で光るものを見つける楽しみ。それがミクチャにはあります!笑

-ライブ配信

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.