Pococha(ポコチャ)でログインできないエラー・設定ミスなどの詳細と対処法を徹底解説

2021年4月16日から17日にかけて、Pococha(ポコチャ)でログインできなくなるエラーが発生していました。

4月18日現在では問題はおおよそ解決していますが、エラー以外にも設定ミスでログインできない場合もあります。


[PR]Pococha(ポコチャ)でログインできない問題発生中!

Pococha(ポコチャ)でログインできない問題が発生していますが、原因は「エラー」か「年齢制限やアカウント停止等のシステム問題」のどちらかです。

エラーの場合は特にTwitter連携アカウントが発生しやすいです。

症状について

Pococha(ポコチャ)アプリがログアウトされた状態だと、左側画像のようにログイン画面が出てきます。

この中で「Twitter」を選択すると、右側画像のようにアカウントを選択する画面が表示されず、ロードアイコンが永遠に表示されます。

このままロードがはじまる可能性は少なく、大抵の場合は先に進まずアプリを閉じるしかありません。

また、Twitterを選択した場合以外にもアカウントへログインができない可能性があり、この場合はそれぞれのSNSでアカウントを選択したのちエラーが発生したりアプリが落ちます。

不具合のケース

Pococha(ポコチャ)運営が告知していたTwitter連携に伴うエラーだけでなく、単純にアプリが重たいからログインできない場合もあります。

どちらも発生可能性があり、特にTwitterと連携しているユーザーはどちらが原因かわからない可能性もあるので、よくチェックして原因を究明しましょう。

Twitter連携アカウントだとエラーが発生しやすい

4月17日に、Pococha(ポコチャ)運営がTwitterで「Twitter連携アカウントが正常にログインできないエラーが発生している」とアナウンスしています。

Twitterのアクセス障害が原因で連携するアプリにも影響があるタイプのエラーで、Pococha(ポコチャ)ではなくTwitterが復旧対策を行うべき問題です。

その後すぐに問題解決のツイートを行っていますが、しばらくはTwitter連携アカウントでエラーが発生する可能性はあります。

アプリが重たいせいでログインできない・落ちる可能性あり

アプリが重たいせいでログインできない・落ちる等のエラーが発生する可能性があります。

これはTwitter連携とは関係なく発生しますが、例えば、「アプリ内でイベントが発生している」「カラオケ機能のような重たい機能をライバーが使って落ちた」等の症状があります。

ログインできない場合はライブ配信も開けないためカラオケ機能は関係がありませんが、アクセス集中でログインから弾かれる問題はどのアプリでも発生します。

不具合でない自分の設定ミスやアカウント停止でエラーが出たケース

Pococha(ポコチャ)の不具合ではなく、自分の年齢設定ミスやアカウント停止でログインできない場合もあります。

2021年1月25日より全ユーザー強制で年齢設定を行わなければいけなくなりましたが、この際「17歳以下」に設定したらポコチャへのログインができなくなります。18歳の場合は22時から5時に配信できません(ログインはできます)。

1月25日から今日までログインしていなくて久々にポコチャを開いた場合、上記画像のように年齢確認のポップアップが表示されます。ここで17歳未満だと答えてしまった場合、満18歳にならないとログインできなくなります。

年齢設定以外だと「アカウント停止措置」がなされた場合もありますが、下記の項目に当てはまった場合はアカウント停止の可能性があります。

アカウント停止条件

  • アカウントを複数所持していた
  • 荒らし行為・出会い厨行為を行っていた
  • 公序良俗に反する配信を行っていた
  • その他利用規約に反する行為あり

アカウントを複数所持していた場合はPococha(ポコチャ)側からも確認が難しいのですが、他の項目は他ユーザーからの通報で簡単に確認されます。

エラーコードが出る可能性あり

ログインできない場合に出てくる可能性のあるエラーコードは下記の通りです。

エラーコード内容
12003データが反映されていない
12001アップデートが必要でアカウントを開けない
20006接続の関係でエラーが発生した
30006・30026・30029機能停止でログインできない
30013複数アカウントでログインした(PC版とスマホアプリ版同時)
30022退会後1週間経過していないうちにログインしようとした
30023・30024年齢制限でログインできない(17歳未満・18歳)

エラーコードが出た場合、同時に表示されるメッセージで原因がおおよそわかります。

その原因を対処するための対処法を取れば問題なく解決できる可能性もありますが、30023や30024等、年齢に関係するエラーコードが出た場合、アプリにログインできず年齢変更も行えません。

[PR]Pococha(ポコチャ)でログインできない場合の対処法

Pococha(ポコチャ)でログインできない場合の対処法ですが、まずはエラーなのか自分のミスなのかを見極めましょう。

自分のケースに合った対処法を試すのが一番有効です。

ログインアカウントが間違っていないか確認

Pococha(ポコチャ)へログインするアカウントを間違えていないかを確認してください。

Twitter・Google・LINE等多くのSNSで連携できますが、違うアカウントでログインしようとした場合は、自分がログインしたいアカウントを開けません。

ログイン時に間違ったアカウントを選択しても新規登録設定が開かれるので間違う可能性は少ないのですが、エラーのせいで新規登録設定も出ずにログインできないと表示される可能性もあります。

PC版Pococha(ポコチャ)を活用してみる

Pococha(ポコチャ)

スマホアプリ版のPococha(ポコチャ)でエラーが発生した場合は、PC版に切り替えて利用するのもおすすめです。

アプリ版限定でログインできない場合だとPC版はログインできる可能性があります。こちらからアクセスしてログインしてください。

ただし、PC版Pococha(ポコチャ)で行えるのは下記の4つ限定です。

PC版の機能

  • ライブ配信視聴
  • コメント
  • アイテム使用
  • 課金

PC版Pococha(ポコチャ)は配信できない仕様なので、配信をメインで利用したい場合は注意してください。詳しくは下記が参考になります。

「PR」Pococha(ポコチャ)をPCで配信・視聴する方法徹底解説!

正しい年齢を入力できていない場合

もし、Pococha(ポコチャ)の年齢設定が「17歳未満」になっていた場合、アプリ自体が利用できなくなります。

1月25日より実装された年齢制限の機能ですが、元々19歳未満だと課金に制限があったため、20歳になるように年齢を設定するようにしていた傾向はありました(年齢を偽るのは違反行為なので推奨はされていません)。

しかし、年齢制限の機能について知らずに17歳未満で登録してしまうとアプリを利用できず、再設定もできません。17歳以上のユーザーでも生年月日を間違えて入力しないように注意してください。

間違った生年月日を入れた場合でも18歳になれば利用できますが、それまでは対処のしようがないいわゆる「取り返しのつかないミス」も同然です。

禁止事項に触れていないかチェック

荒らし・出会い厨行為、複垢、公序良俗に反する配信等、アカウントを停止される行動をしていなかったかも確認してください。

1つでも当てはまっていて他ユーザーが通報を行っていた場合、少なくともPococha(ポコチャ)運営はブラックリストへ搭載する可能性が高いです。

再度違反行為を行ったら即アカウント停止される可能性があり、ログインできない直前に引っかかったケースもあります。

Twitter以外のアカウントで連携する

Pococha(ポコチャ)は基本的に1つのアカウントにつき1つのSNSとしか連携できません。

そのため、例えば一度Twitterで連携した場合はTwitterでエラーが発生した場合はどうしてもエラーが発生しやすくなります。

事前にTwitter以外のアカウントで連携しておけば、今回のTwitter連携でログインできないエラーは起こりません。ただし、Twitterではなく他のSNSで同様のシステムエラーが起こって、それがたまたま自分が連携したSNSだった場合、同じエラーが発生します。

連携アカウントの変更はできないので、これから新しくPococha(ポコチャ)をはじめたい人のみ実践可能な対処法です。

問い合わせを行う

原因不明でログインできない場合は、Pococha(ポコチャ)に問い合わせを行いましょう。

運営の手違いでアカウント停止措置を貰っている場合は対応してくれる可能性が高く、何かこちらに原因がある場合も教えてくれます。

Pococha(ポコチャ)の問い合わせ方法は下記を参考にしてください。

[Sponsored by DeNA]ポコチャを開くとアプリが落ちる、ログインできない!詳細と対処法を徹底解説!

その他の対処法

その他の対処法

  • 通信環境のチェック
  • アプリの再起動・スマホの再起動
  • キャッシュクリア
  • バックグラウンド再生を停止
  • 端末の容量を空ける

Pococha(ポコチャ)で発生しているログインできないエラーの場合、そもそもアプリを開けないので再起動してもエラーは消えない可能性があります。それでも「アプリを開く途中でエラーが出た場合」は有効です。

通信環境のチェックについてですが、主に「通信速度」を見るようにしましょう。通信が遅すぎる(通信制限にかかった場合)と、配信系のアプリはどうしても動作が重くなりエラーが出やすくなります。

いずれも「アプリではなく端末が原因でエラーが発生していた場合」に有効な対処法です。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第2位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 Uplive

Upliveはグローバル展開している、24時間楽しめるライブ配信サービスです。

Upliveはサービス開始時から海外展開を視野に入れており、グローバルなサービスが充実。音声・文字の翻訳機能も、配信中に使用することが可能です。

有名配信者が歌手やアイドルとして世界デビューを果たすなど、様々な道が用意されています。

 

Upliveでは美顔フィルターやスタンプ機能もあり、音声配信も可能。

ライブ配信だけでなくショートムービーも投稿でき、TikTokなどのムービーもそのまま使うことができます。

複数配信やキャストバトルなど様々な機能で盛り上がる事ができますし、視聴者が配信者をサポートする機能なども備わっています

 

勿論、視聴からの投げ銭で稼ぐことができます。

投げ銭などに必要なダイヤはログインボーナスだけでなく、ミニゲームなどでも獲得可能

視聴側もアイテムをプレゼントして、配信を盛り上げ易い環境になっています。

おすすめポイント

  • グローバルに活躍できる
  • 翻訳機能が有る
  • 美顔フィルターやスタンプがある
  • 音声配信も可能
  • ショートムービーが投稿可能
  • ミニゲームなどでもダイヤを稼ぐことが可能

第4位 LIVE812

Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。

配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、配信していない間にも利益が発生することもあります。

ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。

歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。

勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。

Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります

おすすめポイント

  • ライブコマース機能が特徴的
  • 配信以外でも稼ぐ手段がある
  • 新しいサービスなのでチャンスがある
  • 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある
  • 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる

SPOON(スプーン)

SPOONは顔出し無しで配信可能な、世界2600万ユーザーを突破したラジオタイプのライブ配信アプリです。

雑談や寝落ち配信などの様々な配信ジャンルがあり、リスナーも空いたラジオ感覚で聞く方が多いのも特徴。

トーク力に自信が無い方も、朗読や弾き語りなどのジャンルでの配信がオススメです。

SPOONならではなのが、寝落ちタイマーです。

視聴中に寝てしまっても、設定した時間にアプリが切れる機能。

寝落ちタイマーを活用して、のんびりと寝落ち配信を聞く方も多いです。

SPOONには生配信のLIVE、録音した音声を載せるCAST、視聴者から聞きたいセリフを募集できるTALKの機能が用意されています。

特にCASTやTALKを上手く使えば、生配信を行っていない時にもファンを獲得できるチャンスがあります。

視聴も配信も無料で行えるので、手軽に始める事が可能。他のライブ配信アプリと同じように投げ銭機能も備わっています。

おすすめポイント

  • 顔出し無しのラジオ型のライブ配信アプリ
  • ゆったりと聞きに来る方も多い
  • 雑談や寝落ち配信、朗読など様々なジャンル
  • 寝落ちタイマーが便利
  • LIVE、CAST、TALKの3つの機能

[Sponsored by DeNA]ポコチャを開くとアプリが落ちる、ログインできない!詳細と対処法を徹底解説!

ライブ配信アプリの「Pococha(ポコチャ)」では、日々様々なライバーがアプリを盛り上げており、最近では視聴する側から配信する側へ周る人も増えてきました。ポコチャは基本的にアプリから利用するサービス ...

続きを見る

 

-ライブ配信
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.