ミルダムの審査が厳しい!審査に通るコツ・詳細について徹底解説

ゲームをしながら、お金が稼げるアプリとして「ミルダム」という配信アプリが人気となっています。登録者数が増えていることで、審査がどんどん厳しくなっているようです。

それでは、ミルダムの審査が厳しい!審査に通るコツ・詳細について徹底解説していきます。


ミルダムとは

時給500円が貰えるゲーム配信アプリ

ミルダムはゲーム配信が楽しめるライブ配信プラットフォームです。
気になるゲームの情報や、ゲームの攻略情報、雑談配信などを見ることができます。

そして配信者は審査に通ると、1時間500円の報酬をもらうことができます。

YouTubeなどでは、視聴回数やスーパーチャットをもらわないと報酬が発生しませんが、ミルダムは固定報酬が発生するのです。
他の配信アプリでは、上手く稼げなかった人からすれば、かなりありがたいアプリといえるでしょう。

累計時間で換算

ミルダムは1時間ごとに報酬が貰えます。55分の配信では、報酬をもらうことはできません。

60分配信しても、90分配信しても報酬は500円になります。120分以上配信して、初めて報酬が1000円になります。

配信は、1時間続ける必要はなく、累計時間で換算されます。

注意ポイント

ミルダムでは、1日4時間までと報酬の上限額が設定されています。

更新時間されるタイミングは23:59です。

ミルダムの申請方法

ミルダムの収益の審査方法は簡単に行うことができます。ミルダムを開いたら「ゲーム配信を仕事にしよう」というバナーがあるので、タップしましょう。

応募条件や注意事項などが並んでおり、ページ下部に行くと入力フォームが表示されているので、まずは「ログイン」をタップしましょう。

Facebook・Twitter・LINEの中からログイン方法を選びましょう。

任意のSNSを選択し、連携を認証させます。

アプリ連携が完了すると、ID・ニックネームが自動的に表示されています。

性別・年齢・連絡先などの内容を入力していきましょう。

最後に「申し込む」をタップすることで申請は完了です。審査時間は営業日5日以内となっています。

結果に関わらず、応募結果は設定した連絡先に送られるようになっています。

応募条件

  • 性別・年齢不問(未成年の方は必ず保護者の同意を得てからご応募ください)
  • ゲーム好き、お喋り好きな方優先

ミルダム公式サイト

ミルダムの応募条件は特に制限などはなく、誰でも応募することが可能です。
小学生でも応募できますし、パソコン・スマホといったデバイスの制限もありません。

どんなゲームを配信してもいいですが、承諾された時点で配信業務委託契約が締結されたことになります。

また、ミルダムの配信者応募期間は2019年12月31日までと制限があるので、応募を考えている人は期限までに必ず応募しておきましょう。

配信条件

ミルダムで配信するときの条件として、無言配信は禁止となっています。
ゲームをひたすらプレイするのではなく、視聴者とコミュニケーションをとる必要があります。

また、15歳未満の配信者は5時~20時、18歳未満は5時~22時までという配信要件もあります。

ミルダムで審査に通るコツ

他の配信サービスで経験がある

ミルダムの審査を申請するときには、動画投稿経験・ライブ配信経験の有無について問われます。
経験があると答えた場合は、貼り付けたリンクより、ミルダムの運営が調査に入り、実績を確認します。

そして、実績があると確認された場合には、審査に通りやすくなります。

YouTube・Twith・openrec・ミラティブといった配信アプリで、経験があるなら、必ずリンクをはりましょう。

配信サービスで人気度が高い

配信サービス人気度の判断基準
YouTube視聴回数・チャンネル登録者
openrec視聴回数・フォロワー
Twith合計視聴者数・フォロワー
Mirrativ視聴回数・フォロワー

各配信サービスにて、人気度の判断基準が高ければ高いほど、審査には通りやすくなります。
配信が定期的でなくても、時間が短くても、視聴者を集められる人を、Mildomは探しています。

他のサービスを使って、視聴回数やフォロワーを集められるなら、集めてから申請するようにしましょう。

配信をすでに開始している

ミルダムでは、審査をする以前にもライブ配信をすることが可能です。
他のライブ配信サービスで経験がなくても、ミルダムで経験を積むことで、審査に通りやすくなるのです。

ポイントとしては、審査を送った後にミルダムを使って配信をしっかりと続けることです。
できれば、毎日配信を行い、自分は配信者として努力するというアピールをしなければなりません。

また、審査に一度落ちたとしても、配信を続けて配信者応募期間である2019年12月31日までにもう一度応募すれば審査に通る可能性は十分にあります。

配信はホーム画面下部のボタンから行えます。ログインをしていれば「ゲーム配信」は簡単にできます。

「ゲーム配信」をタップします。

カメラの許可とマイクの許可が求められるので「OK」をタップしましょう

タイトル・ゲームなどを入力し、画面下部の利用規約の同意にチェックを入れます。

「配信する」をタップします。

次の画面では配信のやり方についてレクチャーされます。
端末の設定「歯車マーク」をタップしましょう。

「コントロールセンター」をタップします。

「コントロールをカスタマイズ」をタップしましょう。

「画面収録」をコントロールセンターにドラッグして含めます。

そして、コントロールセンターを画面右上・画面下部から呼び出します。

「画面録画」のボタンを長押しします。

「Mildom」にチェックを入れて「収録を開始」をタップすることで、ライブ配信が開始されます。
マイクをオンにしておくことを忘れないようにしましょう。

配信時間が多い

配信経験があると答えたとしても、配信時間が短かったり、配信頻度が悪いようでは審査に通りません。
しっかりと定期的に配信していたり、長時間配信もしている人が通りやすくなります。

審査はどんどん厳しくなっている

ミルダムがリリースされた当初は、人を集めるために審査がかなり甘い状態でした。配信経験の有無に問わず、しっかりと内容さえ入力してしまえば審査に通るという状況でした。

ただ、少しずつミルダムが有名になり、人が増えてしまったことで、審査基準がどんどん厳しくなっているのです。

配信経験がない人や、ミルダムを使って一度も配信していない人は通らない可能性が高いです。審査に通りたいなら、今からでもミルダムを使って配信をしてから、申請をするようにしましょう。

【2019】ライブ配信アプリを全て比較してみた!オススメのライブ配信アプリはどれ!? 

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

第1位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第2位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第3位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

 

-ライブ配信

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.