配信アプリ「IRIAM(イリアム)」の詳細や使い方・評判を徹底解説

今回はバーチャルライバーライブ配信アプリ『IRIAM(イリアム)』の詳細や使い方、評判について徹底解説していきたいと思います。


キャラライブアプリ「IRIAM」

IRIAMはVライバー(バーチャルライバー)の配信が楽しめるアプリです。

個性豊かなVライバー達とかなり近い距離間で交流できたり、自分でも様々な形態で配信を行うことができます。

アプリ名IRIAM
料金基本無料(アプリ内課金あり)
容量136.1MB
運営会社株式会社IRIAM 親会社:株式会社ZIZAI
報酬体系ギフト・ポイント(投げ銭方式) 収益化条件アリ

顔出し無しのVライバー配信アプリ

現在のIRIAMの配信は、イラストからAIで自動生成されるVライバーで行うのがメインコンテンツとなっています。

たった1枚のイラストをアップロードするだけで、Vライバーデビューが簡単にできるようになっています。

IRIAMでは表情や動きの情報を、動画データではなくモーションデータとしてサーバーに送っているため、Vライバー配信者にとって大きな問題の一つである『顔バレ』が起きることはありません。

Vライバーと一番距離が近いアプリ

IRIAMの一番の売りは個性豊かなVライバーたちとかなり近い距離間でコミュニケーションを取ることができることです。

キャラクターのクオリティも高く、バイノーラル配信も可能なため恋に落ちそうなほど近い」と言われるほどです。いわゆる「ガチ恋」の距離感です。

ラグのないリアルコミュニケーションシステム

従来のVライバー配信はデータ量が多く、スムーズな配信をするためには大掛かりな機器などが必要でした。

しかしIRIAMは前述したように業界発の『モーションライブ方式』を採用することで、顔バレ防止だけでなく、従来の動画配信方式と比較すると30分の1まで転送量を削減しています。

IRIAMはこの方式を採用することで一切ラグの感じないスムーズな配信を可能にしています。配信は色や動きの流れがすごく自然なのが感じられます。

歌配信で合いの手を掛け合ったり、声真似配信でセリフリクエストをしたりというリアルタイムでの円滑なコミュニケーションが楽しめます。

音声だけのラジオ配信にも対応

IRIAMでは、Vライバーの配信だけではなく音声のみのラジオ配信をすることも可能です。

イラストが描けない、用意できないという人もいるかもしれませんが、そういった方でもIRIAMで配信者として楽しめます。

IRIAMの使い方

IRIAMの使い方を具体的に説明していきます。

IRIAMの登録方法

Twitterアカウントをお持ちの方は連携を行うだけで登録可能です。

Twitterのアカウントを持っていない場合、メールアドレスの登録が可能です。

Twitterの場合

 

「Twitterで新規登録」をタップして、右下の「アプリにアクセスを許可」をタップします。

名前などのプロフィールを入力して「完了」をタップすれば登録完了です。

メールアドレスの場合

「メールで新規登録」をタップして登録したいメールアドレスとパスワードを入力、「新規登録」をタップ。その後はTwitterと同じです。

プロフィールについて

 

プロフィールはニックネームや自己紹介だけでなく、アイコンやヘッダーの設定ができます。

入力制限

  1. ニックネーム:20文字以内
  2. 自己紹介:1000文字以内
  3. アイコン:推奨サイズ縦513px 横513px
  4. ヘッダー:推奨サイズ縦480px 横1125px

IRIAMの配信を視聴する

IRIAMで配信を視聴するには、好きな配信をタップすれば視聴画面が開きます。

人気の配信者はトップページに表示されていて見やすくなっています。

目当ての配信者がいる場合、検索機能を使って探すこともできます。

ライブ配信視聴画面の使い方

ライブ配信画面でできること

  1. 配信の参加者全体に表示される「チャット」
  2. Twitterでお気に入りの配信を拡散できる「シェア」
  3. 配信者をサポートできる「ギフト」
  4. 無料で送れる「スター」

の4種類です。

これらの機能を使って配信者とコミュニケーションを取ったり、応援してあげることで配信をより楽しむことが可能です。

自分で配信を行う方法

冒頭でも少し説明しましたが、IRIAMではオリジナルのイラストを1枚用意してアップロードするだけで、AIがキャラクターを自動生成してくれます。

Vライバーとして配信を行うために必要なのはライブ配信で使用するイラストだけです。

もちろん自分でイラストを描いてもいいですし、ココナラなどのサービスで発注する方法もあります。自分に合った方法でイラストを手に入れましょう。

イラスト制作にはガイドラインが用意されているので必ず事前のチェックが必要です。

※不適切な画像をアップロードした場合このような画面が出ます。

イラストが用意来たら次は配信機器についてですがIRIAMの配信はスマホで行います。

    

ホーム画面下部の「ライブ」をタップします。カメラとマイクの利用を許可しましょう。スマホに顔を近づけて、調整を行います。

「イラストをアップロードする」をタップして、使用するイラストを選びます。配信タイトルを入力したら「配信スタート」タップすると配信が始まります。


配信を終えたいときは画面右上のアイコンをタップして、「終了する」をタップします。

ラジオ配信をする場合は、ライブをタップした後にイラストなしで配信してみるを選択。「ラジオ配信スタート」をタップするとで配信が始まります。

Twitterで配信を拡散することもできます。

動作環境

  • 配信:iOS11以上に対応したiPhone6s以降の端末
  • 視聴:iOS11以上に対応したiPhone5s以降の端末
  • ※現在PCでの配信視聴・Android端末での配信はできない。

ポイント・ギフトについて

課金することでアプリ内で使用できるポイントを購入できます。ポイントを使って、配信者へギフトを贈ることが可能になります。

先程説明した配信画面下のギフトアイコンをクリックすると様々なギフトが表示されます。その画面でポイントを消費すればすぐに配信者にギフトが送れます。

マイページにある設定からマイポイントを選択することで事前購入も可能です。ポイントは1PT=1円です。

収益化について

IRIAMでは条件を満たすことで、収益化することが可能です。

アプリ内での活動実績などが評価され、分配金を受け取ることができるようになります。

収益化の申請は以下の手順で行えます。

マイページ>「収益化の申請」より「収益化の申請にすすむ」をタップ(ブラウザアプリが起動します)

必要な条件をすべて満たした状態で確認事項に同意して「収益化を申請する」ボタンをタップ

※必要な条件に満たしていない項目がある場合、収益化の申請を行うことができません

※必要な条件は、達成すると自動でチェックマークがつきます

収益化後の注意ポイント

  • 分配金の有効期限は180日です。
  • 登録口座がない場合は消滅、口座が間違っている場合には一か月前に通知が来ます。  ※口座が間違った状態で180日が経過すると消滅。IRIAMを退会すると、振込前の分配金は消滅。
  • 配信規約又は利用規約に違反し、収益化条件を満たさなくなった場合は分配金の支払いが停止します。

IRIAMの評判

IRIAMの評判はAndroid端末で配信ができないこと以外はおおむね好評です。

メリット

良い口コミ1

最近は、無課金者にも優しくなってきている運営。昔はライバーさん個人の魅力で続けてきたが、運営が新規登録者などにも手厚く支援をしてくれているので入りやすくもなってきている。欲を言えばもう少し安めのギフトを増やしたほうがいいと思う。 イベントもマンネリ化してきているので、ライバーやリスナーが一体化型で参加できるような企画を考えたほうがいい。

良い口コミ2

聞き専ですが、いつも楽しませてもらってます!使いやすくていいです!Androidへの配信対応待ってます!

良い口コミ総評

  • 新規登録者に優しい
  • Vライバーのクオリティが高い
  • 聞き専でもたのしめる

デメリット

総評

  • ライバーとリスナー一体型のイベントがない
  • マルチウィンドウバックグラウンド再生非対応
  • Android端末での配信不可

Android端末での配信は実装される予定があるようなので、他の機能も追加されることを期待です。

他のライブ配信アプリと比較して

アバター配信者オススメな人
IRIAM

(イリアム)

イラスト一枚あれば可能誰でも低遅延にリアルタイムで交流したい人向け

Mirrativ

(ミラティブ)

既存アバターを好みにカスタマイズ可能誰でもスマホの画面が写せるのでゲーム実況向き

ホロライブ

Live2D・3Dのキャラクターに対応オーディション高クオリティのアバターで配信したい方向け

IRIAMが他のアプリと一番違う点は、やはり圧倒的に遅延が少ないことでしょう。

手軽にVライバーとしてデビューしたい方、リアルタイムにVライバーと交流がしたい方にオススメなアプリです。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第2位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 IRIAM(イリアム)

IRIAM(イリアム)のおすすめポイント

  • 「VTuber」のライブ配信アプリ!
  • バーチャルキャラクターをかわいく着せ替えることができる
  • キャラが二次元なので顔を出す必要がない!
  • 通信や画質等も綺麗で使いやすい

IRIAMは今流行っている「VTuber」がライブ配信するような形式のライブ配信アプリです。

VTuberとは「バーチャルユーチューバー」の略で、自分自身の顔を出さずとも自分の分身となる可愛いバーチャルキャラクターを操作して配信している人たちのことです。

バーチャル(二次元)ならではのかわいさが目白押しアプリで、万が一自分の顔等に自信がないという人はチェック必須のライブ配信アプリです。

例えば、現実の自分と全く違うような容姿をしたキャラクターも作成可能ですし、かわいらしい衣装を着せることも可能です。

現実ではありえない「猫耳」等のオプションを付けて、より二次元のキャラクターらしくデコレーションすることができるでしょう。

ただし、IRIAMでライブ配信したい場合は、IRIAM公式が開催するオーディションに合格する必要があります。

自己紹介の音声などを送る必要があるのでやや敷居が高いかもしれませんが、採用されればIRIAMの公式ライバーとなることができるでしょう!

第4位 私を布教して

「私を布教して」は、顔を出さずに音声のみで誰でもライブ配信が出来るアプリです。

歌や演奏、ラジオ風のトーク、雑談など音と声による様々なスタイルの配信が行われています。

気に入った配信があれば、布教や換金できるアイテムを送って応援することができます。

昨今、10~20代の若年層を中心に、「私」を知ってほしい、「私」を表現したいという強い想いを持つ人が少なくありません。

そして、日々の生活の中にちょっぴりドキドキしたり、非日常的な時間を過ごしたりする刺激への好奇心を満たしたいという欲求もあります。

それらのニーズに応えるべく『#私を布教して』というサービスが生まれました

アプリ内での「布教」とは、他のSNSでいうと「いいね」にあたります

つまり、配信を気に入った方が「いいね」でおすすめしてくれる為、人が集まり易い仕組みになっています。

他にもランダムであいさつメッセージを作れたり、挨拶メッセージに内に自動で相手の名前が表示されたりする等、初めて配信する方にも使い易いアプリになっています。

おすすめポイント

  • 顔を出さずに音声のみで配信が出来る
  • ギフトを換金する事が可能
  • 「私」を表現することがコンセプト
  • 初めてでも配信が行い易い

第5位 Uplive

Upliveはグローバル展開している、24時間楽しめるライブ配信サービスです。

Upliveはサービス開始時から海外展開を視野に入れており、グローバルなサービスが充実。音声・文字の翻訳機能も、配信中に使用することが可能です。

有名配信者が歌手やアイドルとして世界デビューを果たすなど、様々な道が用意されています。

 

Upliveでは美顔フィルターやスタンプ機能もあり、音声配信も可能。

ライブ配信だけでなくショートムービーも投稿でき、TikTokなどのムービーもそのまま使うことができます。

複数配信やキャストバトルなど様々な機能で盛り上がる事ができますし、視聴者が配信者をサポートする機能なども備わっています

 

勿論、視聴からの投げ銭で稼ぐことができます。

投げ銭などに必要なダイヤはログインボーナスだけでなく、ミニゲームなどでも獲得可能

視聴側もアイテムをプレゼントして、配信を盛り上げ易い環境になっています。

おすすめポイント

  • グローバルに活躍できる
  • 翻訳機能が有る
  • 美顔フィルターやスタンプがある
  • 音声配信も可能
  • ショートムービーが投稿可能
  • ミニゲームなどでもダイヤを稼ぐことが可能

第6位 LIVE812

Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。

配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、配信していない間にも利益が発生することもあります。

ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。

歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。

勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。

Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります

おすすめポイント

  • ライブコマース機能が特徴的
  • 配信以外でも稼ぐ手段がある
  • 新しいサービスなのでチャンスがある
  • 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある
  • 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる

ゲーム参加・募集アプリasobell(アソベル)の使い方と評判を徹底解説

 

-ライブ配信
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.