解説、アプリの使い方

SNSデイズ

LINE Payで残高不足エラー表示が出て決済ができない!原因と対処法について徹底解説

投稿日:

LINE Payは利用していますか?ここ最近は様々なキャンペーンを実施しているためか利用者が増えているようです。
普段のちょっとした場面ですぐに決済ができるのは優れていますが、いざ決済をするとエラーが表示されてできないことも。

今回は、「LINE Payアプリ」と「LINE Payカード」の両方で決済ができない場合の原因と対処法を徹底解説します。


“LINE Payアプリ”で決済をすると「お支払いできませんでした」表示が出る

まずはスマホで利用できる「LINE Payアプリ」決済ができない場合の原因と対処法についてご紹介します。

画面を見せ、コードを読み取ることができるコード決済が主流で、誰でも簡単に利用できる優れたサービスになっています。

しかし、「お支払いができません」「一時的なエラーです」といったエラー画面が表示され、決済ができないことも。

アプリで決済ができない主な原因は

  • 残高不足
  • ネットワーク環境の問題
  • LINE Payのサーバーエラー

この3つが原因になっていることが多いです。

本当に残高不足が原因の場合は?

「お支払いができませんでした」と表示され、決済ができなかった場合は残高不足が原因であることが多いです。

この場合は直ちにチャージを行うことで対処することができます。一番便利なチャージ方法は「銀行口座」がおすすめ。

しかし、このチャージ方法には「メリット/デメリット」があります。

メリット

  • チャージ後すぐに反映される
  • 金額を端数まで設定できる
  • すぐに引き落とされる

メリットはすぐにチャージが行えるという点です。レジで決済をした際に残高不足が判明した際は、LINEアプリを通じて即チャージができます。(レジ混雑時は一旦取引を中止してもらいましょう)

チャージ金額は「1円」単位で細かくチャージができるため、LINE Pay残高を残したくない時には便利!そして会計後、すぐに銀行口座から請求金額が引き落とされるため、使い過ぎ予防に繋がります。

デメリット

  • 電波が悪いとチャージができない、反映が遅い
  • チャージ最低金額は100円から
  • 口座の残高も気にしなければならない

メリットもあればデメリットもあります。

まず決済する場所が「電波良好」であること電波が悪いとチャージをする際の通信が上手く行えず、チャージができない。チャージされるまで時間が掛かってしまうこともあります。

よくあるのが携帯電話回線の「通信制限」です。この制限により、チャージが上手く行えない原因にもなります。
この影響によってLINE Payを利用できず、現金などの決済をせざるを得ない状況になってしまうこともあります。

LINE Pay残高のチャージには、最低100円からの設定になっていること。そして銀行口座内の残高も気にしなければなりません。

ネットワークの問題の場合

決済ができない原因としてネットワークの問題が影響していることもあります。

上記のエラー画面が表示された場合でも、冷静に対応をすると解決できます。

  • 決済する場所の電波が悪い
  • 携帯電話回線の通信制限が掛かっている
  • 気付かずWi-Fiに接続しようとしている

この3つを確認しましょう。

LINE Pay決済可能店でも、局地的に通信が悪化することもあります。
例えば、混雑している場所での決済。荒天時の決済。原因は様々ですが、これらの影響により決済が上手くできないこともあります。

この場合は、一度決済を中止するか支払い方法の変更。時間を改めての再決済で対処できます。

また、契約中の携帯電話回線などの品質が原因になっている可能性があります。

注意ポイント

通信制限によって決済が円滑に行えない

データの使い過ぎによって通信制限が掛かってしまい、LINE Pay決済に影響を与えてしまうこともあります。現在の契約状況を確認しましょう。

続いて、Wi-Fiの接続先をチェックします。

iPhoneの場合、Wi-Fiがオンになっていると接続ができそうなアクセスポイントに自動的に接続を試みようとします。

認証手続きを行わないと接続できないアクセスポイントに勝手に接続され、スマホの通信ができなくなることがあります。
Wi-Fiはオフにしておくと良いでしょう。

LINE Payのサーバーエラー

発生は稀ですが、サーバーエラーが原因になっていることもあります。

決済ができない原因が思い当たらない場合は、疑いましょう。

「LINE Payお問い合わせ」の公式アカウントがあり、トークから状況を把握できます。

必要があればチャット形式のサポートをう「けることができますので、予め追加しておくと便利です。

“LINE Payカード”で決済をすると「残高不足」で決済ができない


LINE Pay

JCB加盟店であれば世界中どこでも利用ができるプリペイド式カードの「LINE Payカード」

カード決済のため、LINE Payアプリなどの電子マネー決済が行えない店舗・サービスでもLINE Payが利用でき、残高の利用とポイント貯蓄ができる多機能さがウリです。

こちらの決済方法でもエラーが発生し、決済ができないといったトラブルも。

LINE Payカードで発生している主なトラブルは

残高があるのに「残高不足」と表示される

このトラブルが多く、残高があるのに決済ができないという深刻な問題です。LINE Payカード利用者は原因が分からず、悩んでいるようです。

このトラブルには決済ができない原因と対処法があります。後述する対処法の項目をご覧ください。

残高は足りているのに決済ができない

残高3,093円に対して2,180円の決済ができていないことが分かります。間違いなく残高が足りているので、決済ができるはずです。

このような現象がLINE Payカード利用者で発生しているようです。

それでは、原因と対処法を確認していきましょう。

【対処法】“LINE Payカード”では「LINE Payボーナス」が利用できない

残高は合算されている

複雑なので丁寧に解説します。

上記はLINE Payの残高になります。ご覧のように1,135円の残高表示以外、どこにも金額表示がされていません。

この残高は

注意ポイント

「LINE Pay残高」「LINE Payボーナス」合算された金額

  • 「LINE Pay残高」:チャージをした残高
  • 「LINE Payボーナス」:キャンペーンなどで付与される残高

LINE Payボーナスで馴染みがあるのは

先月行われた300億円のキャンペーンで付与された1,000円。これがボーナス分です!

ややこしいですが、この2つの残高が合算された金額が表示されています。

「LINE Payボーナス」には以下の制限があります。 

制限内容

  • 現金として銀行口座に出金できない
  • LINE Payカードでは利用できない

LINE Payボーナスはカードで利用することができないのです。

正しい残高を知る方法

カードの残高を把握できないと決済時に困ります。確認方法はありますが、少し面倒です。

まずLINEアプリを起動し、LINE Payページを表示させます。
(ウォレットタブからでも同じです)

残高が表示されているページ内を下にスクロールをすると「送金」があるのでタップしましょう。

タップするとLINE友だちが一覧で表示されますので、その内誰でも構いません。
適当に友だちを選択します。

送金画面が表示されます。赤枠で囲った部分に残高とボーナスの金額がそれぞれ表示されています。

「LINE Pay残高」がカードの残高になりますので、こちらを確認すると良いでしょう。

結局、LINE Payボーナスが利用できない理由って?

LINE Payアプリの利用促進と定着をさせるため

これが理由だと考えられます。

コード決済を定着させるためにも、ボーナス利用をアプリに限定したと考えられます。

どうしても決済ができないときは「お問い合わせ」を


お問い合わせ-LINE

原因を確認して対処をしても決済ができない場合は、サポートを受けましょう。

問い合わせリンクは上記から入れます。

LINE Pay「20%還元」でディズニーリゾートのチケット還元、コード支払いはできる?運営に聞いてみた!

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

UCSカード

UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の子会社が発行しているクレジットカードです。

そのため、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社が運営する総合スーパーの「アピタ」や「ピアゴ」、コンビニエンスストアの「サークルK・サンクス」を中心にお得に利用できるクレジットカードとなっています。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

USCカードは現在、最大で合計Uポイントが4000ポイントが手に入るキャンペーンを実施中なので、今作っておくと大変お得なカードです。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

バンドルカード

審査も年齢制限も無い、今すぐ使えるカードです。もちろん無料で使えて、後払いも出来る活気的なカードです!

Kyash

誰でも持つことができるプリペイド、Kyashはアプリから簡単に申し込むことができます。申込や年会費は無料で、全国のVISA加盟店で使うことが可能です。

審査が無く、メールアドレスと電話番号さえあれば、1分で手続きが完了します。

Kyash公式

クレカ・デビットカードだけでなく、コンビニや銀行ATMでチャージできるので、クレカを持てない方でも、クレカの代わりに使うことが可能です。

リアルカードを発行すれば、実店舗で使用することもできます。

もし、カードを無くしてもアプリから停止できるのでセキュリティ面もバッチリです。

リアルカードとバーチャルカード

  • リアルカード:1回/1日の上限5万円
    1ヶ月12万円
  • バーチャルカード:1回/1日の条件5万円
    1ヶ月12万円

5枚のクレカ・デビットカードを紐付けることができ、履歴などもアプリで確認することができるので、楽に管理ができるようになります

勿論、プリペイド式なので使い過ぎる心配もありません。

更に、Kyashはいつでも1%還元で、紐付けたクレカの還元と合わせて、ポイントを二重取りなんてことも可能になっています。

Kyashを持っている方同士なら、無料で送金することもできます。

現金がない時でも、クレカでチャージして割り勘なんて使い方もOKです。

おすすめポイント

  • 年会費無料
  • 審査無し
  • 申込から1分
  • クレカの持てない方でも大丈夫
  • クレカ・デビットカードの管理が楽
  • プリペイド式なので使い過ぎる心配がない
  • 1%還元・ポイント二重取りも可能
  • 無料で送金ができる

 

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.