TWICEがメンバー全員JYP再契約が決定した詳細と今後や日本の活動を徹底解説

TWICE official

韓国のJYPエンターテインメントはTWICE全員と再契約を結んだと韓国で発表がありました。

TWICE再契約の詳細と今後や日本での活動を紹介していきます。


TWICEがJYPと再契約するのが確定

TWICEがJYPと再契約を結んだのが韓国で知れ渡り、日本のK-POPやTWICEファンを大いに喜ばせています。

更新された契約の詳細は不明ですが、TWICEがJYP所属のままなのは決定事項です。

韓国ポータルサイトのネイバーにて発表があり日本で拡散

TWICEの再契約は2022年7月12日に韓国ポータルサイトの「ネイバー」のニュースにて報道されました。韓国では他のメディアや情報局が先に報道していた可能性はありますが、日本はネイバーからの情報および記事が多く拡散されています。

韓国語にて「グループTWICEがJYPエンターテイメントと再契約を凝結」と本文およびタイトルに記載されています。

TWICEは9人全員が変わらずJYP所属アーティストになる

韓国の芸能事務所は「メンバー全員ではなくメンバー一部とだけ再契約をする」ケースも頻繁に起こっています。

例えば、少女時代の場合は再契約がメンバー8人のうち5人だけで、他にもメンバーごとに再契約の凝結の関係で違う事務所同士のメンバーが同じユニットに所属している場合もあります。

TWICEもメンバーが9人もいるので「再契約されるメンバーとされないメンバーがいるのではないか」と不安がありましたが、9人全員が再契約に辿り着けました。

6月時点ではJYPが再契約の協議を発表したばかりだった

2022年6月の時点では、JYP及びTWICEの公式が「再契約に関しては現在進行で協議中」とメディアに説明していました。

比較的早い期間で協議が終わったと考えられていますが、元々韓国の事務所では「再契約の発表は再契約日時の1年前くらいには行われる」傾向にありました。TWICEの場合は2021年10月から11月に発表されると予想されていたものの、そのタイミングで発表がなかったため「再契約されないのではないか」とも予想がありました。

再契約されない場合は「契約が終わって事務所を去るタイミングで事務所が告知する場合」が多いです。

契約満了の7年目だったため多くのファンが心配していた

TWICEはJYPと契約して2022年がちょうど7年目でした。韓国の公正取引委員会では「アーティストと芸能事務所の契約期間は最長で7年」と定められていて、それ以上事務所に籍を置きたい場合は再契約を結びます。

7年目に解散する・7年目を越えられないというを「7年目のジンクス」と言われていて、TWICEのファンからしたら契約から7年目であり緊迫した年だったのが、2022年です。契約発表が遅かった上に7年目のジンクス真っただ中だったためファンもTWICE解散の可能性を追っていた人はいました。

7年目のジンクスや再契約されるかされないかの予想については下記が参考になります。

ヨチンが解散?セブチ、レドベル、Twiceなどは大丈夫?噂の詳細や真相を徹底解説

TWICEがJYPと再契約決定後の今後や日本での活動

TWICEがJYPと再契約を結んだ場合の今後の活動範囲に差があるのか、日本では活動されるのかを紹介していきます。

9人全員再契約なのでグループは間違いなく存続

まずTWICEというグループに関してですが、JYPに9人全員が再契約を果たしたため、グループ自体も存続する可能性が極めて高いです。

仮に解散するとしたら不祥事でもなければ早めに告知がある可能性が高く、まず間違いなくしばらくは解散しないと考えていいです。

今まで通りグループでの展開とソロ活動とグループのバランスを考えての活動になるか、再契約が決まったためグループ活動が増えるかは未定です。

ソロ活動が増えてきた分を徐々に再構築する可能性が高い

TWICEメンバー全員が再契約が決まったためまず確実に解散はされません。

むしろグループ単位での活動の場が増える可能性の方が高く、2021年ごろからソロで活躍する機会が多くなっていたTWICEもグループ全員での活動が増えるとも考えられています。

まだ再契約が決まって日が経っていないため活動目途や方針自体は特にありません。また、既にTWICEが内定している仕事も多いと考えられているため、しばらくはソロ活動も多いと推測されています。

日本でも変わらず活動が行われる

TWICEも海外展開が多いK-POPアイテムの一角ですが、ワールドツアーでは韓国のソウルとアメリカの5都市以外でも「東京ドーム」での公演も開催されています。

海外展開される中では特に日本での活躍が多く、再契約されて契約内容や方針に大きく変更がない限りは、これからもTWICEが日本で活躍する機会は多くなる可能性が高いです。

逆に考えると「これから未開のエリアでTWICEが活動して知名度を増やす可能性」も考えられますが、TWICEの日本人気が非常に高く運営側も「需要は間違いなくある」とは把握しているはずです。他の国での展開を考えつつ日本・アメリカを中心にパフォーマンスを披露する推測が定説です。

ワールドツアーが終わったばかりなのでしばらく来日はない可能性がある

TWICEの2022年ワールドツアーは、2022年4月23日から25日に「東京ドーム」にて日本でも公演されていました。

日本での大型公演がつい先日あったばかりなので、しばらくは来日がない可能性も考えられています。TWICEからしたら頻繁に海外でライブやその他仕事を行っているため、その仕事のひとつに日本での仕事が入っていない場合、来日はありません。

ただし、仮に日本で活躍がなかったとしても韓国のMnetでは韓国番組を視聴できますし、韓国以外の国でTWICEが出る場合、特にアメリカの場合だと地上波放送もあり得ます。

再契約で注目を集めているためしばらくメディア露出が増えると予想

既に内定している仕事以外だと、JYP再契約が決まったのを受けてのメディア露出が増える可能性があります。

しばらくはTWICE再契約は話題になりますし、ニュースでも取り上げられます。メインがアーティスト活動なので再契約を記念したライブの可能性も考えられています。

TWICEファンの人はしばらく活動範囲が増えると考えて、TWICEがどの番組やイベントに出るかは把握しておきたいです。

ヨチンが解散?セブチ、レドベル、Twiceなどは大丈夫?噂の詳細や真相を徹底解説

GFRIEND JAPAN OFFICIAL ヨチンを含めて様々なK-POPグループが「解散するのではないか?」と噂になっています。 今回はヨチンを含めた様々なK-POPグループの解散の噂や「実際に解 ...

続きを見る

 

-韓流
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.