iOS15のロック画面で再生中の曲が表示される!詳細と消し方を徹底解説

iOS15以降、スリープから起動させてロック画面を表示させると、スリープ前に動画や音楽を再生していた場合、再生中の表示が出ます。

再生ボタンを押せばそのまま再生できるのでロック画面からでも音楽の再生は可能です。毎回表示されるのが難点ですが、消す裏ワザは存在します、


iOS15でiPhoneのロック画面に再生中の曲が表示される!

上記画像はiOS15以降のロック画面ですが、ロック前にSafariやChromeで音楽や動画を再生していた場合、再生中の表示が出てきます。

音楽が手軽に再生できるようになるのはいいのですが、「再生している、聴いている音楽を他の人(ロック画面を覗き見してきた人)に知られてしまう」のは問題点です。

表示されている画面について

表示されている画面は、iOS15以前の再生中の画面と変わりありません。再生ボタン、10秒先、10秒前のシーンを再生するボタン、再生バー、モザイク部分の動画・音楽タイトルがあります。

ロック画面でもコントロールセンターを開けば表示できていましたが、iOS15以降はデフォルトの状態で表示されます。

また、他にアプリから通知が来ている場合は通知が上の方に優先して表示され、音楽再生中の画面は下へ行きます。

ロック画面からでも再生可能に!

ロック画面からでも再生ボタンが表示される仕様なので、再生ボタンを押せば音楽や動画の再生は行えます。

赤枠の再生ボタンをタップすれば、再生バーの続きから再生されます。上記は「再生停止中」とあり動画が既に終わった状態の再生中表示ですが、この状態だと再生ボタンを押しても意味がありません。

このまま放置すれば楽曲をリピートできますが、連続再生や次の動画へ進むための項目は用意されていないため、再生されているコンテンツから設定する必要があります。

対応アプリから再生を行った場合のみ対応

YouTube

上記画像はスマホのブラウザ版YouTubeですが、動画を再生させた状態でスリープモードにして起動させると、ロック画面にて再生中画面が開かれます。使っているブラウザアプリは「Safari」です。

YouTube以外の動画・音楽再生サイトをSafariで開いた場合でも再生中画面は表示されるので、SafariはiOS15のロック画面の再生中表示に対応しているとわかります。他にも、GoogleChrome、Appleミュージックも対応されています。

しかし、YouTubeアプリにて上記と全く同じYouTube動画画面からスリープしてロック画面を起動させても、再生中表示は出ませんでした。

そのため、YouTubeアプリは再生中表示には対応していません。ブラウザアプリは軒並み対応されている傾向がありますが、動画アプリから再生しても、ロック画面では起動中表示が出ない傾向があります。

不具合の可能性あり

iOS15にしてロック画面に再生中ウィジェットが出る問題は、不具合の可能性も考えられています。

理由としては、iOS15のアップデートの中に再生中ウィジェットに関するものは特になく、他の通知とは違って再生中画面をオフにすることができないからです。

エラーが発生して強制的に再生中ウィジェットが表示されている場合、今後のiOS15アップデートで問題が解消されるかもしれません。それでもコントロールセンターから再生画面を表示させられる仕様は元からあったので、ロック画面からでも音楽は再生できるままの可能性はあります。

設定にてロック画面の再生中の曲を消すことができない!

設定でアプリからの通知を切ったり、ロック画面の表示設定を変更させられますが、音楽や動画再生中のウィジェットは設定で削除できません。

もちろん操作次第で再生中表示を消せるようにはなっていますが、設定でオフにできないため、自分が操作を間違えた場合は次に起動した時に再生中の表示が出たままかもしれません。

仮にエラーではなくiOS15の仕様変更の場合は再生中ウィジェットを今後消すか消さないかの設定ができるようになる可能性は考えられます。

どうしてもiPhoneロック画面を消したい場合

どうしても再生中のウィジェットをロック画面に表示させたくない場合は、設定をいじるのではなく「再生していたページや使っているアプリを工夫する」のが正着です。

ロック画面から再生中表示を消せば他の人からは自分が何を聴いているかをロック画面からは知られません。ロック画面から再生こそできませんが、いくらか安心してスマホを扱えます。

ロック画面表示に対応されていないアプリから再生する

ロック画面に再生中ウィジェットが表示されないアプリから音楽や動画を再生させれば、ロック画面には他の通知しか表示されません。

代表的なものだと「YouTube」「niconico」「dTV」等です。これらのアプリもSafariやGoogleChromeから再生すればロック画面に再生中表示が出ますが、アプリからなら問題はありません。

特にスリープ前に再生停止ボタンを押す必要もなく、再生させている最中にスリープボタンを押したとしてもウィジェットは出てきません。この状態ならロック画面から何の動画を視聴しているかは他の人からわからないため、趣味を知られる心配もしなくていいです。

ブラウザアプリからの再生だとおおよそ再生中ウィジェットは出る傾向があるため、ブラウザ以外のアプリから試すのをおすすめします。

再生されているブラウザタブをバックグラウンドにしてスリープする

どうしてもブラウザから音楽や動画を表示させたい場合は、「動画や音楽を再生させているブラウザタブをバックグラウンドにしてスリープする」のを心がけてください。

自分がブラウザアプリを一度閉じた場合、再度表示させた時にどのサイトが表示されるかは、最後に表示していたサイトになります。もし他にもタブを開いていた場合、それらのタブがバックグラウンド扱いです。

要するに動画や音楽を再生しているページ以外のウェブサイトを開き直して、そのサイトを開いた状態でブラウザアプリを閉じる、もしくはそのままスリープすればいいだけです。

仮にバックグラウンドで動画や音楽を再生していたとしても、再生中ウィジェットはロック画面には出てきません。バックグラウンドにした時点で動画や音楽の再生が一時停止されるからです。

ios15のSafariのタブの使い方やタブ切り替えの方法を徹底解説!

iOS15のバックグラウンドサウンドの使い方や使えない場合の対処法を徹底解説

iOS15の新機能に「バックグラウンドサウンド」が追加されました。日常の使用にバックグラウンドを再生する事が可能になり、ヒーリングや集中に活用できると話題になっています。 使い方、使えない場合の対処法 ...

続きを見る

 

-iPhone
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.