iPhoneの充電が80%で止まる! 詳細や対処法を徹底解説

Apple

iPhoneの充電が100%にならず、80%で止まってしまう不具合が発生しています。
出かける時に、充電が100%になっていないのは不便なことです。

それでは、iPhoneの充電が80%で止まってしまう詳細と対処法について徹底解説していきます。


iPhoneの充電が80%で止まる!

iPhoneの充電が80%で止まる

iPhoneをいつも通り充電しても、100%にならず、80%で止まってしまいます。
80%で止まってしまう原因の一つとして考えられるのは仕様です。

iOS13から実装された仕様「最適化されたバッテリー充電」というシステムになります。

「最適化されたバッテリー充電」はいつも充電する時間をiPhoneが学習し、それ以外の時間での充電では100%にしないというものです。
充電率を100%にしないことで、バッテリーの寿命が長くなるという効果が見込めます。

ただ、そのいつも充電する時間帯に充電をしても、100%にならず80%にとまってしまう不具合が発生しています。
原因は、端末の使い過ぎや、周りの気温が上がったことにより、端末が熱くなってしまったことによる不具合です。

また、最適化されたバッテリー充電について知りたい方は下記記事で紹介していますので、参考にしてください。

【iOS13】最適化されたバッテリー充電とは?今までの充電方法との違いを徹底解説!

ワイヤレス・ケーブルなどの環境は関係ない

充電が100%にならない原因は、充電環境に左右されません。

iPhone8以降の機種であれば、ワイヤレスでも充電できますが、ワイヤレスでもケーブル接続でも充電率は上がりません。
端末自体に不具合が起きているわけでもないので、端末操作には特に問題はありません。

充電だけが100%にならず、80%に止まってしまうという不具合になります。

正規品のケーブルでもなる

iPhoneに対応しているライトニングケーブルは多く売られています。

安いものだと100円均一でも売られていますが、ケーブルにより充電ができなくなっているわけではありません。
充電が出来ないものの場合は、充電中に「このアクセサリは使用できません」と表示されます。

ポイント

この表示は充電ポートに異物がある時にも表示されます。
掃除をしたり、再起動などを行うことで解決することができます。

「このアクセサリは使用できません」と表示が出ない限り、充電する時間に差はあるものの、充電が出来ないということではありません。

不具合などではなく仕様である可能性が高い

充電率が80%で止まってしまう原因は、不具合よりも使用である可能性が高いです。
バッテリーの劣化などにより、充電が出来ないという可能性も高いですが、急になっているなら仕様です。

「最適化されたバッテリー充電」ではバッテリーの寿命を少しでも伸ばすため、バッテリーが熱くなると充電を制限することがあります。
温度が下がれば、再び充電が開始されますが、ケーブルをさしたままや、端末操作を行っていると充電は開始されません。

対処法

最適化されたバッテリー充電をオフにする

最適化されたバッテリー充電をオフにすると、自動的に充電をとめる機能はオフになります。

どんな時でも充電率は100%になります。
最適化されたバッテリー充電はデフォルトでオンになっているので、設定画面の一覧より「バッテリー」をタップしてください。

「バッテリーの状態」をタップします。

最適化されたバッテリー充電の横にあるボタンをタップします。

「オフにする」をタップすると、最適化されたバッテリー充電がオフになります。
充電が終わったら、またオンにすることで、バッテリーの劣化を防ぐことが可能になります。

しばらく端末操作を行わない

最適化されたバッテリー充電をオンにしたままで、100%にしたい場合は端末操作を行わないでください。
充電を再び開始させるためには、端末を冷やすことが重要になります。

ただ、冷蔵庫などに入れるなどの急激な温度変化は故障の原因となります。

涼しい場所に置く、扇風機の風を当てる等して端末を冷やすのがおすすめです。
端末の温度が下がったら、再び充電ケーブルをさして、充電が開始されるか確認してみましょう。

端末の再起動を行う

端末の電源を一度切ることで、症状が改善することもあります。
スリープボタン(+音量ボタン)を長押しして、iPhoneの電源画面を呼び出し、スライドさせて電源を落としましょう。

もう一度、同じボタンを長押しして、再起動することで、不具合が改善することもあります。
再び充電ケーブルをさして、充電が開始されるか確認してみてください。

充電ケーブルなどの物理的な障害がないか確認しておく

仕様ではなく、物理的な障害が発生している可能性もあります。
充電ケーブルが断線していたり、USBアダプタが故障している可能性もあります。

また、iPhoneの充電ポートにゴミがたまっていることが、充電の妨げになっている可能性もあります。
ライトニングケーブルを抜き差ししたりすることで、症状が改善することもあります。

別の端末で充電はできるか、他のケーブルやワイヤレスなど充電方法を変更してみてください。
充電環境を変えることで、原因が特定できますし、仕様であるか不具合であるかの確認もできます。

バッテリーが劣化している可能性もある

バッテリーは消耗品です。

使い続けることで、充電のパフォーマンスがどんどん下がっていきます。
少し操作をしただけで、充電が無くなっていき、100%の状態しておくためには、ケーブルをさし続けておかないとダメという状態になります。

バッテリーの劣化は「バッテリーの状態」から確認できます。

パフォーマンスが大きく下がっている場合は、バッテリーが劣化していることが原因です。

バッテリーの交換は、AppleStoreで行えます。
Apple 製品限定保証または AppleCare+ の保証対象であれば0円で交換してもらえます。

モデル交換料金
iPhoneXシリーズ
iPhone11シリーズ
7400円
その他の機種5400円

加入していない場合は、端末によって値段は変わりますが5400円or7400円(2020年3月時点)で交換が可能です。

Appleに問い合わせをしてみる

最適化されたバッテリー充電をオフにしているのに、充電が80%で止まってしまう場合や、バッテリーパフォーマンスも下がっておらず、端末が冷えているのに充電が出来ない場合は、不具合の可能性があります。
Appleでは初期不良などであれば、無料で交換・修理をしてくれることもあります。

Appleでは、チャットや電話などさまざまな問い合わせ方法があります。
Appleの公式サイトの問い合わせより、充電できないといった内容を相談してみましょう

iPhone「デバイスが感染しており、サイバー攻撃やデータ窃盗の被害を受けやすくなっています」の画面が表示される詳細と対処法を徹底解説

 

-iPhone
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.