iPhone「デバイスが感染しており、サイバー攻撃やデータ窃盗の被害を受けやすくなっています」の画面が表示される詳細と対処法を徹底解説

「デバイスが感染しており、サイバー攻撃やデータ窃盗の被害を受けやすくなっています」と表示されることがあります。

主にSafariやGoogleChromeでインターネット検索をしていたら出ることが多いのですが、実際にウイルスが混入されているとしたら大問題です。

しかし、この画面に騙されてはいけません。ウイルス検出と驚かせてインストールさせるアプリに何かの問題がある可能性があります。


iPhoneにウイルスが検出された画面が表示される

「デバイスが感染しており、サイバー攻撃やデータ窃盗の被害を受けやすくなっています」というポップアップが表示されることがあります。

特に不正なサイト(違法漫画サイト等)にアクセスしていないのにこの表示が出ることもあり、大抵の人は「本当にウイルスが混入したのか?」と疑います。

しかし、中には本当にウイルスが混入されてしまったのではないかと勘違いしてしまう人もいます!

症状について

どのようなサイトを開いていたとしてもこの画面が開かれる可能性があるので、いつデバイスにウイルスが感染した表示が出るかはわかりません。

閉じるを押してもなぜか画面が閉じず、次の画面が開かれてしまうので、この画面を閉じたい場合はブラウザバックではなく、開いているSafari・GoogleChromeのタブを閉じる必要があります。

 

もし「確認」「閉じる」を押してしまった場合は、上記のようが画面が表示されます。

この画面に表示されているウイルスの数は7で固定されているのも、この表示に信ぴょう性が薄い理由となっています。

ウイルスに検出されてから無料アプリをインストールしてアプリ内登録を行った上でマルウェア等を消滅させる方法が書かれています。文脈を見たらなんとなく「アプリをインストールさせたいだけ」だということがわかるでしょう。

最後に、OKの確認ポップアップが画面下に表示され、OKを押すとAppStoreが開かれ、無料アプリのインストール画面が表示されます。

アプリのダウンロードまでの流れは非常にスムーズで、ウイルス混入の可能性を考えている人はすぐにインストールしたくなる罠となっています。

実際にウイルスにかかったの?

ポップアップには確かに「ウイルスが検出されました」と書かれていますが、誰がどんなときにこの画面が表示されても「検出されたウイルスは7つ」と表示されるのは胡散臭いです。

実際にウイルスが混入されているかというとそうではなく、ウイルス混入画面そのものが「嘘」である可能性が非常に高いです。

マルウェアソフトをダウンロードさせる手法によく似ていて、マルウェアでなかったとしても、無料と偽った有料ソフトをダウンロードさせることがあります。

ウイルスが混入されているとユーザーを脅してアプリインストールを促していることから、タチの悪いものであると考えることが可能です。

アプリインストールは非常に危険!

上記画像は、アプリをインストールする手順を踏むと出てくるアプリの一例です(まだある可能性があります)。

Appでのユーザー評価も4.5と高いのですが、マルウェアと同じ手法でインストールさせようとしているのを見ると、信頼できるアプリではありません。

ウイルス混入確認画面では「無料でインストールできる」と書かれています。確かにインストール自体は無料ですが、インストールしてから初回起動時に「無料登録」画面が出てきて、これが実は「無料お試し登録」で、お試し期間が過ぎたら有料になります。

週ごとに1080円課金されてしまい、機能も使えないと言っている人も多かったことから、ウイルスを混入するタイプのアプリではなく、不正に儲けようとしているアプリであると考えられます。

なぜウイルス検出画面が表示される?

ウイルス検出画面が出るにしても、実際にウイルスが含まれているわけではありません。

それなのになぜ表示されてしまうかというと、Safari・GoogleChromeの特定URLに不正ページが侵入しているからで、定期的に警告に関する画面が表示されます。

公式サイト等ではウイルス混入に関する画面は表示されない可能性が高いのですが、違法サイトでない「まとめサイト」や「個人のブログ・サイト」では、出てくる可能性があります。

他にも類似ウイルス検出画面が多く存在している

今回問題になっていたiPhoneのウイルス混入に関するポップアップは、マルウェアや課金アプリインストールのための一例にすぎません。

過去にも多くの詐欺画面からアプリのインストールを促したり、不正サイトの登録や存在しない商品を購入させる等の手口が発生しています。

例えば、下記のような警告サイトもどきが出てきたことがあるので、まとめてチェックしておいてください。

iPhone「マルウェアWebサイトの警告」の詳細・安全性や危険性と対処法を徹底解説

コロナの関連サイトでフィッシング詐欺が流行!Twitterで詐欺も横行!詳細と対処法を徹底解説

iPhoneに「デバイスが感染しており、サイバー攻撃やデータ窃盗の被害を受けやすくなっています」画面が出た場合の対処法

 

基本無視でいい

「iPhoneにウイルスが7つ検出されました」の画面が出た場合は、何も操作を行ってはいけません。

閉じる、確認を押してしまうと、アプリのダウンロード画面が開かれて何も解決しないからです。

アプリをダウンロードしなければ問題はありませんが、万が一の誤操作や怖いものみたさでダウンロードしてしまうことのないようにしてください。

重要なのは速やかにタブを閉じることで、これはSafariやGoogleChromeの右下のタブアイコンをタップして、タブ一覧の中から閉じたいタブを選択して×を押せば完了します

閉じてしまえばまた同じ画面が表示される可能性は極めて低くなり、自分がアクセスした情報がインターネット上に残るようなこともありません。

詐欺に遭わないためには、怪しいサイトを開いてしまったと思った瞬間に、ブラウザのタブを閉じることが特に大切です!

その他の対処法

他にも多くの対処法がありますが、それぞれの対処法は下記の記事を参考にしてください。

コロナの関連サイトでフィッシング詐欺が流行!Twitterで詐欺も横行!詳細と対処法を徹底解説

「親愛なるSafariユーザー様」表示のビジターアンケート詐欺が流行!詳細と対処法を徹底解説

 

-その他
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.