解説、アプリの使い方

SNSデイズ

インスタでアカウントの新規作成しようとしたら「利用規約違反」で凍結されてしまう!詳細と対処法を徹底解説

投稿日:

インスタで新規のアカウント作成をしようとするとエラーが出てしまい、作成ができない事態と作成後間もないアカウントが凍結されてしまう事態が発生しています。

今回は、インスタで発生しているこの2つの問題の詳細と対処法をご紹介します。


「ユーザーネーム」でエラーが出て新規作成できない!

インスタ内の設定からアカウントを追加の際に出現する「新規作成」からアカウントを作成試みようとすると、最初に【ユーザーネームを作成】が表示されます。

このページで任意のユーザーネームを入力しますが、ご覧のように「〇〇というユーザーネームは使用できません。」と表示され、次へ進むことができません。

作成できない理由が書かれていないため、原因が何なのかを把握することができません。

重複が出ないように様々な組み合わせを試みるものの、どれもエラーが出てしまい作成ができませんでした。

「ユーザーネーム」は「名前(ニックネーム)」ではなく識別IDの役割

インスタでの「ユーザーネーム」と「名前」は性質が異なります。

違い

  • ユーザーネーム:個人を識別するIDとしての役割
  • 名前:インスタ内で表示する名前(ニックネーム)

ユーザーネームはIDとしての役割になるため、名前と勘違いして短い組み合わせだと他のユーザーが既に使用していることにより、重複している可能性があります。
なお、このユーザーネームは作成後の設定からいつでも変更ができます。

ユーザーネームを長くすると作成可能

ユーザーネームの段階でエラーが出てしまう場合は、数字などを加えて長くするとこのように成功するかもしれません。

このページでエラーで弾かれてしまったものは、後の「プロフィール編集」から登録することで問題なく登録ができました。
原因はアプリのエラーによるものかと思われますが、ご希望のユーザーネームを設定できないなと感じましたら、「プロフィール編集」から登録する方法が良さそうです。

「ユーザーネーム」登録で失敗してしまう原因

ユーザーネームで失敗してしまう原因は他にもいくつかあります。

ポイント

ユーザーネームには、
アルファベット、アンダーバー【 _ 】、ドット【 . 】、数のみ使用できます。

なお、例外としてユーザーネームの最後にドットは使用できません。

ユーザーネームでは上記の文字に限り登録ができるため、「漢字・ひらがな」を含んでいる場合は、ユーザーネームとして使用することはできません。

もちろんですが、他のユーザーが既に使用しているユーザーネームは登録することができません。

インスタではサービスが不安定になってしまい、設定等が適用されないことがあります。
運営側の技術的な問題が原因と考えられますが、この影響がアカウントの新規登録の際に、登録しようとしている情報に誤りがないにも関わらず「エラー」判定を出してしまうケースがあるそうです。

技術的な問題の場合

  • ユーザー側では対処できないため、時間を置いてから改めて登録をしてみる。
  • アプリで登録を試みている場合、ブラウザ版で登録をしてみる。(その逆も)

少なくとも、上記の対処法でスムーズに登録ができました。

もし登録ができず悩んでいる場合は試してみてください。

「アカウント追加」以外にもブラウザ版などからも作成できます

すでにアカウントを持っていて、2つ目のアカウントを作成する方のほとんどは「設定」の「アカウント追加」から登録をすると思います。

こちらからだと冒頭の「ユーザーネーム」の登録が上手くいかないことがあります。その場合は、ブラウザ版から新規作成をすると良いでしょう。

まず検索エンジンで「インスタグラム」等で検索し、検索結果表示の段階で「ブラウザ版」に切り替えます。
この操作がないと、アプリ版が起動してしまい、ブラウザ版を利用することができないためです。

「デスクトップ用サイトに切り替え」をタップした後に検索結果内のインスタのページにアクセスします。

アプリが起動せずにブラウザ版のインスタグラムにアクセスすることができました。
「メールアドレスまたは電話番号で登録」からアカウントの新規作成を行います。

左側が「アプリ版」で右側が「ブラウザ版」です。

アプリ版ではエラーが出てしまった文字列をブラウザ版でも同じ文字列で登録を試みます。
実は、アプリ版では「ユーザーネーム」から登録をしますが、ブラウザ版では「名前」から登録を行います。

当然ながら「名前」で登録をしますので難なく登録ができます。

ユーザーネームは「プロフィール編集」「ユーザーネーム」項目から編集することができます。

Facebookアカウントと連携して作成する

Facebookアカウントと連携して登録する方法もあります。

どうしても通常の方法で登録できない場合は、一旦Facebookアカウント作成してから連携登録をすると良いかもしれません。

新規作成ページにある「Facebookで登録」をタップします。

すでに所持している方はアカウント情報を入力します。こちらからFacebookアカウント新規作成ができます。

作成時に「エラー」が出てしまう原因

アカウント作成時に登録が完了した際に「エラー」と表示されてしまい、登録ができなかった場合の原因と対処法についてです。

原因

  • 登録と削除を繰り返している
  • メールアドレスが登録済み
  • 技術的な問題の発生

原因は主にこの3つです。

「技術的な問題」はいつ、どのタイミングで発生するかなどの詳しい状況は分かりませんが、時々発生るようです。
その一環で正しい形式での登録にも関わらず「エラー」が出てしまうことがあるため、時間を置いてから試す・別の形態で登録をするといった方法で回避できる可能性があります。

同じメールアドレスでアカウントの作成と削除を繰り返すと制限される

同一のメールアドレスで登録と削除を何回も繰り返すと、登録に制限が掛かります。

AIがスパムだと判定し、対象のメールアドレスでの登録を制限しているためかと考えられます。

具体的な回数は公表されていませんが、5回以上の登録と削除の繰り返しを行った場合は制限が掛かってしまう恐れがあります。
その場合は、別のメールアドレスを使用して登録すると良いかもしれません。

登録を試みているメールアドレスで登録済みのアカウントがある

登録済みのメールアドレスをアカウント新規作成で利用することはできません。

もしログイン情報を忘れている場合は、パスワードの再発行を行うと良いでしょう。

作成後間もないアカウントが凍結されてしまう

新規作成をしたアカウントが凍結されてしまうという報告も出ています。

作成間もないアカウントが凍結されてしまう原因として、以下のものが考えられます。

スパムカウントとして判定された

登録をしたアカウントが、AIによって「スパムアカウント」として判定されてしまい、凍結されてしまっているかもしれません。

登録を行う本人はスパムアカウントを作成する意思がなくともAIが誤って判定を下していると考えられます。

インスタではスパムアカウントが横行し、一般利用者がスパムアカウントからの被害を被ってしまう問題が毎日発生しています。
運営側も日毎増えていくスパムアカウントに対抗するために、AIによる判定で自動的に排除するシステムを導入しているものと思われます。

なお、アカウントを5つ以上作成してしまうと、スパムアカウントとして凍結をされてしまうことがありますのでご注意ください。

対処法

  • 別のメールアドレスで登録をする
  • 別の端末や形態で登録をする
  • 時間を置いてから登録をする
  • アカウントを作りすぎないように運営する

利用規約に違反している・通報された・乗っ取られた

インスタの利用規約に違反している、他のユーザーにから通報を受けた可能性があります。

当然ながら、インスタが定めたルールに反している場合は否応なく凍結の措置を行われてしまいます。
凍結された後に自分が規約に違反していないか参照してみるといいかもしれません。

心当たりがある使い方をした場合は、それが原因に繋がっている可能性が高いです。

こちらのケースは極めて稀ですが、他のユーザーから「通報」を受けている可能性があります。

当然ながら1~2件程度では凍結がされることはありませんが、一定数以上の通報を受けてしまった場合は凍結の措置が行われます。
詳しい仕様・条件は不明ですが、もしかすると通報で凍結されているかもしれません。

作成したアカウントが第三者によって乗っ取られてしまい、察知した運営によって凍結された可能性もあります。

アカウントの乗っ取りの手口は様々です。以下の記事を参考にすると良いかもしれません。

14日以内に異議申し立てを行う

アカウント停止措置に異議を申し立てる場合は、凍結されたアカウントでログインをします。

ログインをすると、画面の説明に従い異議申し立てを行うことができます。

ただし、異議申し立てによって必ずしも措置が撤回されるとは限りません。
撤回されなかった場合は、措置を受け入れざるを得ません。

インスタのDMでasukaから卑猥な画像と「こんにちは!このサイトで私を見つけてみてね!」が送られてくる!スパムの詳細と対処法を徹底解説

 

-インスタ

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.