グラブルのスパバハの敢闘報酬削除の詳細やなぜ不具合にするのかなど徹底解説

グランブルーファンタジー

グラブルのスパバハの敢闘賞が不具合として修正されましたが、不都合で撤回しただけではないかと不評です。

今回はグラブルのスパバハの敢闘賞修正の詳細や不具合ではないのかなど徹底解説していきます。




グラブルでスパバハの敢闘賞が不具合として修正

7月29日にグラブルでアプデがあり、マルチバトルで撤退や討伐失敗となった場合でも、貢献度に応じて敢闘報酬が獲得できるようになりました。全てのマルチバトルで適用されるとの触れ込みで、たとえ失敗しても報酬が貰えるため、攻略に自信が無くても挑戦し易くなります。

特に喜ばれたのは「神撃せし蒼き究極の竜(スーパーアルティメットバハムート」にもこの仕様が適用されたこと。ユーザーからは非常にありがたいアプデだと喜ばれました。

しかし即座にスパバハで敢闘報酬を受け取れる事が不具合とアナウンスされ、7月30日の0時のアプデで修正となりました。

全てのマルチが対象で不具合ではなく不都合ではないかと話題に

7月29日にマルチバトルで敢闘報酬が実装されましたが、即座にスパバハだけ修正された形です。この理由としては「誤ってスパバハで敢闘報酬が受け取れてしまっていた」というものでした。

しかし元々マルチバトルに敢闘報酬を実装するという触れ込みであり、スパバハは除外するとは書いていませんでした。

これについてユーザーの間では「不具合の修正ではなくスパバハに敢闘報酬があると運営側に不都合だったから消したのではないか?」との推察が出ています

スパバハの敢闘賞は不具合ではないのか

下記ではスパバハの敢闘報酬は不具合ではないのかを紹介していきます。

報酬と誤表記の両方の不具合とは考えにくいとの声

グラブル側はスパバハの敢闘報酬について、「本来スパバハでは報酬が受け取れない筈なのに、受け取れると表記されてしまった」と「本来スパバハでは敢闘報酬が受け取れないのに受け取れてしまった」という2つの不具合が発生していたとしています。

「受け取れないと書いていたのに受け取れた」「受け取れると書いていたのに受け取れなかった」という事象であればバグとして普通にあり得るでしょう。

しかし今回のように「受け取れると書いていて受け取れた」のであれば矛盾するところは無く、2つの不具合が重なって起きていたと主張するには少々不自然です。

この不自然な動向から、2つの不具合が同時に発生していたのではなく、不具合だとこじつけただけではないかという声が出ている訳です。

敢闘賞ラインで全滅する編成で失敗率が異常値を出した可能性

本来スパバハは倒し切る事で報酬を得るものでした。しかし難易度が高いため、救済措置として、途中で負けても報酬が貰える敢闘報酬の対象になったと見られます。

他の大体のマルチのクリアはそれなりに可能で、敢闘報酬は狙うべきものとは認識されていません。

しかしスパバハは難易度が高くクリアではなく時間もかかるため、クリアではなく敢闘報酬狙いの編成を組む人が多発しました。つまり敢闘報酬を貰える範囲まで戦って、そこに到達したら全滅する編成にしてしまう訳です。

グラブル側からすると本来の意図と外れてしまいますし、スパバハの全滅の数値が異常に増えてしまいます。

そのため想定外のプレイを抑え込むために、スパバハを敢闘報酬の対象から外す判断した可能性があります。

システム不具合というよりは調整ミスと見られている

通常不具合と言えば、多くの人はゲームにバグが起きて想定外の動きが有ったり、エラーで進行できなくなってしまう事をイメージします。

グラブルのスパバハについては、ゲームの動き自体は運営の意図通り。ただユーザー側の攻略方法が、運営の想定外だったとみられます。

この想定外の攻略を押さえつけるために、スパバハを敢闘報酬の対象から外す動きをした可能性が高い訳です。

つまりシステムが意図通り動かなかったわけではないものの、不具合修正という形でユーザーの動きを封じ込めたと考えられています。多くの方が考える不具合ではなく、運営の調整ミスや想定の甘さが修正の原因と推察されます。

なぜ不具合にしたの?

下記ではなぜスパバハを不具合という扱いにしたのかを紹介していきます。

アイテム回収は今の所ないと見られる

アプリゲームでは不具合でアイテムをゲットできるようになっていた場合、不具合修正と共にアイテム回収が行われる事があります。

ただスパバハに関してはそう言ったアナウンスが無く、回収される気配はありません。もうしばらく待っても公式からアナウンスが無かった場合は、回収はされないと判断してもいいでしょう。

グランブルーファンタジー(グラブル)で強制ログアウトされてしまう不具合の詳細と対処法を徹底解説

現在、グランブルーファンタジー(グラブル)でログアウトする・トップページに戻される不具合が多発しています。 今回は、グランブルーファンタジー(グラブル)でログアウトする・トップページに戻される不具合の ...

続きを見る

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は古代文明をテーマにした、世界各地の英雄が参戦するPvsPストラテジーです。

世界7700万DLを突破した人気作で、アレキサンダーやクレオパトラなどの世界の名将は勿論、源義経や本田忠勝など日本ゆかりのキャラも登場します。

本作は箱庭ゲームとしても優秀で、街の建造や世界探索、蛮族(CPU)の討伐など盛り沢山

拠点外のオープンマップでは、偵察部隊を出して視野を広げながらリアルタイムバトルができるなど、1人でも楽しめるシステムになっています。

個人で完結して遊ぶことができるため、理由なく他の人から襲われる心配は殆どなく、PvPで襲われるのが苦手な方も安心です。

勿論同盟に入ってPvPを行うのも大きな魅力。広いマップで敵味方入り乱れ、リアルタイムで行われる戦闘は戦略性が高く圧巻です。

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は新規は新規鯖に割り振られるようになっているので、サーバー内で差ができにくくなっています。

おすすめポイント

  • 古代文明をテーマにしたPvPストラテジー
  • クレオパトラや曹操など世界各地の名将で遊べる
  • 箱庭ゲームとして個人でも楽しめる
  • 世界7700万DL

おねがい社長!

おねがい社長!は美人秘書と一緒に、社長となってゼロから創業する会社経営SLGです。

主人公はリストラされて無職となりますが、美人秘書に助けられながら成り上がっていきます。

いわゆるハコニワ系でタピオカ店やカフェなどの施設を建設して、お金を稼いでいきます。

おねがい社長!の一番の魅力は、なんといってもキャラ。かわいい系やおねい様系など様々なタイプの人材や秘書と一緒にゲームをプレイする事が出来ます。

特に秘書は自由に着せ替えやボイスを変更し、プレイヤー好みに仕上げることができます

グラドルやセクシー女優とのコラボもあり、非常に豊富なキャラが揃えられています。

最初はミッションに従って入ればサクサク進み、難しくて詰まってしまう事はありません。

基本的にフルオートで進められるので、忙しい人でも手軽に遊ぶことができます。アプリを閉じている間にも、放置で資材が集まります

資材も他のアプリのように木材や石材など細かいものは無く、主にお金やコインさえ集めれば何とかなるのでシンプルで分かりやすいシステムになっています。

おすすめポイント

  • 会社経営SLG
  • キャラが魅力的
  • 秘書がセーラー服やナース、レースクイーンなど様々な着替えが可能
  • シンプルで分かりやすいシステム
  • 放置で遊べる
  • PvPでプレイヤー同士でも対戦できる

リネージュ2M

リネージュ2Mは最高クラスの美麗グラフィックで楽しめるMMORPGです。

綺麗だけどあの頃の懐かしさもある、映画のように美しいファンタジー世界を、手軽にスマホで体験することができます。

レベル上げやアイテム収集をオートで進められるので、時間の無い方にもオススメです。

オート操作は非常に充実しており、細かく設定する事が可能。20秒に1回スキルを使用するなど、戦闘の補助としても有用です。

背景や戦闘グラフィックも美しく、オート戦闘を眺めているだけでも飽きない完成度です。

1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールドで、やり込み要素が満載。どれだけでも遊ぶことができます。

ステータスは自身で割り振れますし、スキルも各自取得できる仕様。自由な育成で、自分だけのキャラクターを作り上げる事が可能です。

おすすめポイント

  • 人気作リネージュ2のモバイル版
  • 前作を遊んでいなくても楽しめる
  • 最高クラスの美麗グラフィック
  • オート機能が充実・時間が無くても遊べる
  • 1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールド

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSは、FFの世界観で行われるタクティカルRPGです。

FFタクティクスを彷彿とさせるゲームシステムで、CTの貯まったキャラをターン制で移動させて盤面を攻略していきます。

「本当に無料?」という声が見られるほどゲームの完成度が高く、歴代のFFキャラも登場するので、FFファンの方にもタクティカルRPGが好きな方にもオススメです。

FFBE幻影戦争にはFFでお馴染みのジョブやアビリティ、魔法や召喚獣などが登場します。

魔法の発動に時間が掛かったり、初手からバフを掛ける事も可能だったりと、非常に戦略性が高くなっています。

マップに高低差が有ったりキャラ育成の幅が広かったりと、やりごたえのある内容です。

FFの系譜なのでストーリーも重厚で、1人でじっくり攻略も魅力。ボス戦やレイドのような心躍るPvEも活発に行われています

他にもギルド戦やPvP、マルチと言った要素も満載。1人でも皆でも楽しめます。

オート機能も付いているので、時間がない方も安心して遊ぶことができます。

おすすめポイント

  • FFBEの世界観で行われるタクティカルRPG
  • ジャブやアビリティなどを駆使した戦略性の高いバトル
  • 重厚なストーリー
  • オート機能で時間が無くても遊べる

 

-ゲーム
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.