APEXエーペックスの新レジェンドニューキャッスルの詳細やジブやランパと役割が被るかについて徹底解説

Apex(エーペックス)で新レジェンドニューキャッスルが、「ジブと役割が被るのでは?」と話題になっています。

今回はニューキャッスルの詳細やジブと役割が被るのかなどについて、徹底解説していきます。




Apex(エーペックス)の新レジェンドニューキャッスルが話題に

人気FPSゲームApex(エーペックス)で、新しいトレーラーが発表になりました。トレーラーはシーズン13救世主のもので、様々な情報が入っています。

中でも話題なのが新レジェンド「ニューキャッスル」の登場です。

映像ではニューキャッスルがバンガロール達と協力してクリーチャーを倒す様子が描かれています。戦いの中でニューキャッスルはシールドを貼り、戦闘や見方のサポートを行っています。

Apex(エーペックス)でシールドと言えばジブラルタルが真っ先に思い浮かぶ人が多いため、「ジブと役割が被るのでは?」と話題になっています。

シーズン13要素

  • 新レジェンド:ニューキャッスル
  • ストームポイント:一部変更
  • ダウンビースト:死骸を探索
  • ランクマのシステムの刷新:チームの連携が重要に

バンガロールの兄のジャクソンで5月11日から実装と見られる

ニューキャッスルとバンガロールの共闘は、バンガロールと兄のジャクソンとの共闘をオマージュしたシーンも見られます。そしてトレーラーの最後にはニューキャッスルの仮面が外され、実際にニューキャッスルがバンガロールの兄であったと判明します。

ただニューキャッスルはフロンティア戦争で落下し、バンガロールと生き別れています。

そのため本当に生きている本人であるかは、現在の所は不明です。ジャクソンとバンガロールに関しては、公式サイトのキャラ紹介で確認する事ができます。

ニューキャッスルの実装は5月11日と見られます。

役割はディフェンダー

Apex(エーペックス)

ニューキャッスルの役割は、ディフェンダーとされています。ディフェンダーは4人いますが、ジブ以外は拠点を作って防衛するのに向いた性能をしています。

ただディフェンスタイプで(競技シーンで)一番使われ易いジブが、防衛戦用とは少しタイプが違います。

ニューキャッスルについてはまだ使い方は明らかになっていませんが、映像から防衛戦用よりもジブのような汎用性が高いものとも読み取る方が主流になっています。

ディフェンダー

  • ジブラルタル
  • コースティック
  • ワットソン
  • ランパート

シールドを貼ったりダウンした味方を安全に運んだりできる

ニューキャッスルは映像内で、シールドを主に使って戦っています。

特に派手なのが前方にジャンプして大きな盾を出す動作。これがウルトと見られます

前方に盾をセットするのがスキル、盾を構えたり盾を構えたままノックした味方を運ぶのがパッシブと見られます。

ニューキャッスルの予想能力

  • 前方に盾を設置する
  • 盾を構えて戦う
  • シールドを貼ったままノック状態の味方を運ぶ
  • 前方にジャンプして大きなシールドを出す

ジブと役割が被る可能性が指摘される

ニューキャッスルはシールドを貼れると言う事で「ジブと役割が被るのでは?」と指摘されています。ジブのドームの活用法は様々ですが、他のディフェンスと大きく違うのは「攻めのドーム」と「守りのドーム」の大きく分けて2つの使い方がある事でしょう。

トレーラーではニューキャッスルが飛び上がってバンガロールの前にシールドを貼っていたので、「攻めのシールド」が使える可能性に期待されている訳です。

また遮蔽の無い場所を無理矢理移動して攻めるのに有効でしょう。こういった攻めや安全な移動の役割を、ジブから奪ってしまう事を心配する方もいる訳です。

壊れないランパードのバリケードなら強い

現時点ではニューキャッスルは、ジブと言うよりもランパードのバリケードに近い運用の可能性があります。ランパードからシーラを除いてバリケードを強化した感じです。

ランパード自体は局地的な制圧力は高いですが、上手く使え無ければ強くはないためピック率は低いです。

ただランパードが使われない理由として主に上げられるものは、バリケードの耐久値の低さ。仮にニューキャッスルのバリアの耐久値が高かったり壊れないものであったりすれば、活用の幅が非常に広い可能性もあります。

バリケード耐久値

  • 設置中:約45
  • 上部:約200
  • 下部:約420

ドームはドーム蘇生やワットソンのフェンス破壊など役割が多い

ジブのドームは攻撃を通さない仕様から、攻めにも守りにも移動にも活用できます。競技シーンで広く使われる事から、その強さに疑問を持つ人もいないでしょう。

しかもジブのドームには、様々な有用な仕様があります。

例えばジブのドームを貼って蘇生するドーム蘇生。これは比較的安全に蘇生できるだけでなく、通常よりも約33%早く蘇生できるメリットがあります。

またコースティックの弱体化後に増えているワットソン対策としてもジブのドームは優秀。実はワットソンのフェンスはポールを分断するようにうまくドームを置くと、ワットソンのフェンスは消え、安全に距離を詰める事が可能です。

こういった細かな仕様を含めて、ジムのドームは強いと言われている訳です。キャラの連どの問題もありますし、ジブがすぐに使われなくなると言う事は無いでしょう。

最終円や狭い場所で抜けられない壁が有効な可能性

ジブのドームは強いですが、敵と距離が詰まっていると一方的に強い訳ではありません。相手の方がドームファイトが強ければ、普通に負けてしまいます。もしニューキャッスルのバリアが耐久力の高いランパートのバリケードであれば、接近戦でかなり優位を取れるでしょう。

特に最終円が特殊な地形だったり、遮蔽が無い場所だったりすればかなり強いでしょう。

ニューキャッスルのバリアの仕様はまだ分かりませんが、相手が越える事が出来ない仕様であれば、相手の動く範囲を制限する使い方ができる可能性もあります。

初心者用や野良で活躍できる可能性

ニューキャッスルはトレーラーで、強そうな盾を構えたまま戦っています。ジブも盾はありますが、ヒットボックスの関係で恩恵はあまりありません。

ニューキャッスルが他の男性キャラ位のヒットボックスの大きさで、盾もジブよりも強い可能性があります。

そうなると単体で強く、初心者が使い易いキャラに仕上がっている可能性もあります。また野良で使い難いジブの代わりとして採用されていく事も有り得るでしょう。

新モードで活躍する可能性

公開されたトレーラーではトカゲのような生物と戦っている様子がうかがえます。これはマップに入る可能性もありますが、PvEの新モードが実装される可能性もあります。

その場合はトレーラーの様に活躍できることでしょう。

コントロールの様に人気の新モードもあるので、新モードで使える事で人気が出てくる事も有り得るでしょう。ただストームポイントの一部としてマップに実装されるだけの可能性もあります。

ApexのPing値が高い時の原因と対処法を徹底解説

Apexで遊んでいると動きが重く感じたりラグで撃ち負けたりしてしまう場合がありますが、それにはPingという値が密接に関係しています。 今回は、Apexで遊んでいる時にPingが高くなる原因と対処法を ...

続きを見る

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は古代文明をテーマにした、世界各地の英雄が参戦するPvsPストラテジーです。

世界7700万DLを突破した人気作で、アレキサンダーやクレオパトラなどの世界の名将は勿論、源義経や本田忠勝など日本ゆかりのキャラも登場します。

本作は箱庭ゲームとしても優秀で、街の建造や世界探索、蛮族(CPU)の討伐など盛り沢山

拠点外のオープンマップでは、偵察部隊を出して視野を広げながらリアルタイムバトルができるなど、1人でも楽しめるシステムになっています。

個人で完結して遊ぶことができるため、理由なく他の人から襲われる心配は殆どなく、PvPで襲われるのが苦手な方も安心です。

勿論同盟に入ってPvPを行うのも大きな魅力。広いマップで敵味方入り乱れ、リアルタイムで行われる戦闘は戦略性が高く圧巻です。

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は新規は新規鯖に割り振られるようになっているので、サーバー内で差ができにくくなっています。

おすすめポイント

  • 古代文明をテーマにしたPvPストラテジー
  • クレオパトラや曹操など世界各地の名将で遊べる
  • 箱庭ゲームとして個人でも楽しめる
  • 世界7700万DL

リネージュ2M

リネージュ2Mは最高クラスの美麗グラフィックで楽しめるMMORPGです。

綺麗だけどあの頃の懐かしさもある、映画のように美しいファンタジー世界を、手軽にスマホで体験することができます。

レベル上げやアイテム収集をオートで進められるので、時間の無い方にもオススメです。

オート操作は非常に充実しており、細かく設定する事が可能。20秒に1回スキルを使用するなど、戦闘の補助としても有用です。

背景や戦闘グラフィックも美しく、オート戦闘を眺めているだけでも飽きない完成度です。

1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールドで、やり込み要素が満載。どれだけでも遊ぶことができます。

ステータスは自身で割り振れますし、スキルも各自取得できる仕様。自由な育成で、自分だけのキャラクターを作り上げる事が可能です。

おすすめポイント

  • 人気作リネージュ2のモバイル版
  • 前作を遊んでいなくても楽しめる
  • 最高クラスの美麗グラフィック
  • オート機能が充実・時間が無くても遊べる
  • 1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールド

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSは、FFの世界観で行われるタクティカルRPGです。

FFタクティクスを彷彿とさせるゲームシステムで、CTの貯まったキャラをターン制で移動させて盤面を攻略していきます。

「本当に無料?」という声が見られるほどゲームの完成度が高く、歴代のFFキャラも登場するので、FFファンの方にもタクティカルRPGが好きな方にもオススメです。

FFBE幻影戦争にはFFでお馴染みのジョブやアビリティ、魔法や召喚獣などが登場します。

魔法の発動に時間が掛かったり、初手からバフを掛ける事も可能だったりと、非常に戦略性が高くなっています。

マップに高低差が有ったりキャラ育成の幅が広かったりと、やりごたえのある内容です。

FFの系譜なのでストーリーも重厚で、1人でじっくり攻略も魅力。ボス戦やレイドのような心躍るPvEも活発に行われています

他にもギルド戦やPvP、マルチと言った要素も満載。1人でも皆でも楽しめます。

オート機能も付いているので、時間がない方も安心して遊ぶことができます。

おすすめポイント

  • FFBEの世界観で行われるタクティカルRPG
  • ジャブやアビリティなどを駆使した戦略性の高いバトル
  • 重厚なストーリー
  • オート機能で時間が無くても遊べる

ファントムオブキル

ファントムオブキルは、神器の名前を持つ少女たちを育成して戦うタクティカルRPGです。

広いマップにキャラ移動距離や攻撃範囲の異なるキャラを配置し、ターンごとにキャラを動かして戦っていく戦略性の高いゲームになっています。

「有料でも買う」との声も多々見られるほどハイクオリティで、操作性も高いと好評です。

美しいイラストの魅力的なキャラたちには、剣や弓など様々な役割が割り振られています。

キャラの配置や動かし方、装備が重要になる戦略的なゲームなので、「気に入ったキャラが弱くて全く使えない」なんて心配はありません

更に同じキャラでも姫タイプによってステータスの伸びが違うため、自分だけの編成を見付ける楽しさもあります。

ファントムオブキルはストーリーも重厚で、特にキャラごとのクエストストーリーに力が入っています

美しい一枚絵と知らなかったキャラの素顔に、更にのめり込んでしまう事でしょう。

対人要素やコラボも豊富に行われており、長く楽しめるアプリになっています。

おすすめポイント

  • ハイクオリティなタクティカルRPG
  • 高い戦略性で楽しめる
  • 美麗なキャライラスト
  • ストーリーやキャラも魅力的
  • 対人要素やコラボも豊富

 

-ゲーム
-, , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.