解説、アプリの使い方

SNSデイズ

Amazonで他人の注文履歴や住所・名前が表示される!自分のは流出している?対処法はあるのかを徹底解説

投稿日:

9月26日に、Amazonで全く見ず知らずの他人の注文履歴、住所、名前の個人情報が一時的に表示されてしまう深刻なトラブルが発生しました。

今回は、このトラブルの詳細と対処法を詳しく徹底解説します。


一時的に他人の注文履歴や個人情報が表示されていた

Amazonの注文履歴で、自分の注文に見覚えのない商品がたくさん並んでいる現象が確認されました。

利用者は、配送先を確認しますが、それも自分に見覚えのない住所。アカウントが乗っ取られてしまったのかと錯覚してしまいますが、アカウント情報は自分のものでした。

他人の注文履歴が数時間にわたって表示されてしまうトラブルが26日に発生。

加えて、他人の住所・名前がAmazonトップページに表示されてしまう問題も確認されていたようです。

このトラブルが確認されたユーザーはSNS上で多数報告されており、

SNSでは

  • 「他人の注文履歴が表示されている。」
  • 「全く知らない人の住所と名前が表示されている。」
  • 「自分の情報も漏れているのでは?」

Amazon利用者は混乱と不安に陥りました。

Amazon側でもこの問題を認知し、原因を調査中とのことです。

しかし、この問題が発生してからトップページに「お知らせ」を表示させなかったり、具体的な対処法の提示、対応が遅すぎるという利用者から厳しい声が上がっています。

自分の個人情報が流れていた可能性もある。流出を確認する方法はない。

具体的にどのくらいの規模で流出していたのかは公表されていないため、自分のアカウント情報・注文履歴が他人に表示されていた可能性は大いにあります。
加えて、「自分は表示されていないと思うから平気だろう」とは言い切れないでしょう。

つまり、自分の情報がネット上の見ず知らずの人に知られてしまっている可能性もあるほか、最悪の場合はその情報が控えられてしまっている可能性もあるのです。

当サイトでも「流出の確認方法はないのか。対処法はあるのか。」という内容でAmazonに問い合わせてみたところ、

Amazonの回答

「本件に関しては認知しており、調査を進めています。現時点でお客様にご案内することはできませんので、メールでのお知らせをお待ちください。」

サポートセンターに問い合わせても調査中」の一点張りで具体的な対処法を教えてくれませんでした。
事態が深刻であるにも関わらず、サポート体制が整っていないようです。

よって、自分の注文履歴や個人情報が流出していることを確認する術はありません。

どのくらいの規模で流出したのか

このトラブルは、Amazonジャパンで発生しているようです。よって全世界規模で発生しているようではないようです。

Amazonプライム会員の有無を問わず、Amazonに一度でもアカウント登録をしたユーザー、注文履歴があるユーザーがこのトラブルに巻き込まれている可能性があります。

具体的な規模は不明ですが、全ユーザーが流出のリスクに晒されていた可能性があります。

一時的に住所を削除する。ただしスクリーンショット撮影されている可能性あり

対処法としては、アカウント情報の変更が適切だと思われますが、変更を行う前までに不特定多数の人物に自分の情報や注文履歴がスクリーンショットされている可能性があります。

また、「他人の注文履歴が表示されている。」という内容でモザイク処理なしでSNS上にアップされている可能性もあるのです。

これ以上、他人に自分の情報を知られたくないのであれば直ちにアカウント情報を変更するのが筋ですが、今回のトラブルは変更を行う前までに誰かに見られていたり、控えられている可能性もあると考えたほうが良いかもしれません。

アカウント情報の変更方法は、以下の手順で行いましょう。

【アカウントサービス】から変更が行えます。

名前を編集する場合は、「アカウント設定」「名前、Eメール、携帯番号、パスワードの管理」

住所を変更もしくは削除する場合は「支払い&住所」「アドレス帳の管理」から行います。

表示されている住所の「削除」で消すことが可能です。

注文履歴そのものを削除する方法はない

他人に注文履歴を見られるのを防ぐ方法として、「注文履歴を削除する」方法が思いつきますが、残念ながらAmazonでは注文履歴を消すことはできないのです。

削除はできませんが、「見えなくする」方法はあります。

注文履歴を非表示にする場合は、デスクトップ版でないと操作ができません。iOSのSafariの場合は、「デスクトップ用サイトの表示」で切り替えることができます。

表示させたくない注文を「注文を非表示にする」ボタンを押すことで、非表示にすることができます。
ただし、この非表示にするにはデメリットがあります。

デメリット

  • 非表示にできる注文は合計100件まで。それ以上は非表示にできない。
  • 非表示にする作業が一括で行えないため、非常に面倒。

全ての注文を隠すことはできないため、どうしても見られたくない注文に限り非表示にする方法が適切だと思います。

この状況がいつまで続くのかは分かりませんが、気になるのであればこの方法を試してみると良いかもしれません。

27日現在、この問題が解決したのか不明

27日現在で注文履歴、アカウント情報流出問題が解決したかは報告されていません。

この状況がいつまで続くかはユーザーは知ることができませんので、一刻も早くAmazonには対処して頂きたいと思っています。
また、流出してしまったユーザーに対しての対応もまだ発表されていませんので、今後の動向が気になるところです。

チケット購入サイト「インターパーク」が重い!ログイン出来ない対処法を徹底解説

 

-Amazon

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.