バンドルカードを使ってAmazonで買い物するには? 買えない場合の詳細や対処法を徹底解説

みなさんは普段、Amazonの決済方法は何を利用しますか。コンビニ支払い、クレジットカード、電子マネーにネットバンキング...

カスタマーの様々なニーズに応える決済手段がたくさんあって便利ですよね。

今回は、仮想プリペイドカード。「バンドルカード」でのショッピング方法を徹底解説します。


バンドルカードでショッピング!

Amazonで使える?使えない?

もちろん、Amazonで使用することができます。

VISAのプリペイドカードなので、いつも使っているクレジットカードなど同様に使用することができます。

バンドルカードをAmazonで使うための準備は必要ですが、いたって簡単ですぐに設定することができるので、さっそく設定を行いましょう。

Amazonで使うための準備は?

Amazonアカウントにログイン

まずAmazonにログインをしましょう。

画面右上の「ログイン」をタップします。

ご自身がお手持ちのユーザーIDとパスワードを入力して、ログインをします。

すでにブラウザにユーザーIDとパスワードを保存していて、ログイン済みの方は特にいじる必要がありません。

Amazonアカウントをまだ持っていない方は、下部の「新しいAmazonのアカウントを作成」から行いましょう。

「お支払い方法」を変更する

バンドルカードを使用するためには、カード追加を行う必要があります。

まずログイン後、画面右上の「【ご自身のお名前】さん」をタップします。先ほどの「ログイン」と同じです。

「アカウントサービス」というページが表示されました。ここではお届け先の変更や支払い方法の変更、追加などを行います。

今回行うのは、カードを追加する必要がありますので「お支払い方法の管理」をタップします。

「お支払いオプションを管理」というページが表示されました。

こちらでは、ユーザーさんによって異なりますが、ここにAmazonの決済に使用するクレジットカードがすべて表示されます。

最新のクレジットカードを追加する際は、最下部の「お支払い方法を追加」をタップします。

筆者は、決済に様々なカードを利用するため、下にスクロールしないと表示されませんでした。

クレジットカード情報を入力します。

バンドルカードの「名義人」と「カード番号」を入力しましたら「有効期限」の月、年を選択します。

以上の入力が終わりましたら、「クレジットカードを追加」をタップして終了します。

これでバンドルカードを使用する準備が整いました。

バンドルカードの名義について

バンドルカードの「カード名義」ですが、追加する際にご自身の名前で登録すると、エラーが出てしまいカードを追加することができません

エラーが出てしまい、追加ができないという方は、バンドルカードをチェックしてみましょう。

この画面の仮想カードの左下に、「VANDLE USER」とあります。こちらがパンドルカードの名義になります。

よって、この「VANDLE USER」をクレジットカード情報「カード名義人(半角ローマ字)」欄に入力をすると、追加されます。

バンドルカードでの支払い方法

決済画面へ

購入するものをカートに入れて、「レジに進む」をタップします。

商品ページから直接「レジに進む」などがありますが、こちらではカート経由で行っています。

「支払い方法」をチェック!

注文確認画面が表示されましたら、注文を確定する前に「支払い方法」を確します。

バンドルカードになっていれば問題はありませんが、他のカードだった場合は変更を行いましょう。

変更を行うには「支払い方法」をタップします。

「支払い方法」を変更する

支払い方法の選択画面が出ました。

こちらに登録しているクレジットカードがすべて表示されます。

該当するバンドルカードをタップしましたら、上部の「次に進む」をタップします。

バンドルカードの選択が済みましたら、「注文を確定する」をタップします。

これで無事すべての手順が済みました!ご自宅に商品が届くまで気長に待ちましょう。

決済したら「1円」が引かれていた!

バンドルカードでAmazonの決済を行うと、履歴に「1円」の利用履歴が出ます。

これは、「Amazonでこのカードは正しく使えるのか」という認証を兼ねての決済です。

この1円の利用は、しばらくするとキャンセル処理が行われ、返金がされますのでご安心ください。

1円の利用ってなに?

バンドルカードでは、1円の利用履歴が表示されることがあります。この履歴は、バンドルカードをインターネットのお店やサービスに登録した際に発生します。この履歴は、あなたのカードが本当に使えるカードであるかを確認するためにお店が行っている処理で発生します。しかし、しばらくするとキャンセルされ戻ってきます。通常1日以内にキャンセルされますが、お店によっては46日前後かかる場合もあることご了承ください。

1円の利用ってなに?-バンドルカードサポート

バンドルカードが使えない!その時の対処法は

決済をする際に、「バンドルカードが見当たらない」という場合もあるかもしれません。

そのような場合は、どのように対処するのか紹介します。

カードが追加されているのか確認する

見落としがちなのが正しく追加されていなかったケースです。

追加を行う際に「クレジットカードを追加する」や「次に進む」などをタップせずにブラウザやアプリを落としてしまったりすると、変更が保存されません

そのため、もう一度アカウント情報からカード情報を確認をし、追加されていなかった場合は正しく入力を行い、保存を行いましょう。

「間違いなく追加したはずだからある」と結論付けてしまうと、いつまでたっても解決されないこともありますので、一度自分を顧みることも大切かもしれません。

それでも解決しない場合は

Amazonカスタマーサポートに問い合わせをしましょう。

担当者が親身になって解決までしっかりサポートをしてくれます。非常に頼もしいです!

問い合わせ形態は電話、チャット、メールなどがありますので、利用しやすいものでサポートを受けましょう。

Amazonやバンドルカードの仕様変更なども原因になる場合もあるため、公式サイトを確認をしてみましょう。

バンドルカード「このカードは使えません」などエラー表示された場合の詳細や対処法を徹底解説!

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

UCSカード

UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の子会社が発行しているクレジットカードです。

そのため、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社が運営する総合スーパーの「アピタ」や「ピアゴ」、コンビニエンスストアの「サークルK・サンクス」を中心にお得に利用できるクレジットカードとなっています。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

USCカードは現在、最大で合計Uポイントが4000ポイントが手に入るキャンペーンを実施中なので、今作っておくと大変お得なカードです。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

バンドルカード

審査も年齢制限も無い、今すぐ使えるカードです。もちろん無料で使えて、後払いも出来る活気的なカードです!

Kyash

誰でも持つことができるプリペイド、Kyashはアプリから簡単に申し込むことができます。申込や年会費は無料で、全国のVISA加盟店で使うことが可能です。

審査が無く、メールアドレスと電話番号さえあれば、1分で手続きが完了します。

Kyash公式

クレカ・デビットカードだけでなく、コンビニや銀行ATMでチャージできるので、クレカを持てない方でも、クレカの代わりに使うことが可能です。

リアルカードを発行すれば、実店舗で使用することもできます。

もし、カードを無くしてもアプリから停止できるのでセキュリティ面もバッチリです。

リアルカードとバーチャルカード

  • リアルカード:1回/1日の上限5万円
    1ヶ月12万円
  • バーチャルカード:1回/1日の条件5万円
    1ヶ月12万円

5枚のクレカ・デビットカードを紐付けることができ、履歴などもアプリで確認することができるので、楽に管理ができるようになります

勿論、プリペイド式なので使い過ぎる心配もありません。

更に、Kyashはいつでも1%還元で、紐付けたクレカの還元と合わせて、ポイントを二重取りなんてことも可能になっています。

Kyashを持っている方同士なら、無料で送金することもできます。

現金がない時でも、クレカでチャージして割り勘なんて使い方もOKです。

おすすめポイント

  • 年会費無料
  • 審査無し
  • 申込から1分
  • クレカの持てない方でも大丈夫
  • クレカ・デビットカードの管理が楽
  • プリペイド式なので使い過ぎる心配がない
  • 1%還元・ポイント二重取りも可能
  • 無料で送金ができる

 

-Amazon

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.