解説、アプリの使い方

SNSデイズ

音楽アプリ「YouTube Music」無料版とプレミアムの違いや詳細・使い方を徹底解説

更新日:

2018年11月14日、YouTube Premium(プレミアム)が日本で開始されたと同時に、YouTube Music(ミュージック)が登場しました。

YouTube Music(ミュージック)とは一体どんなサービスなのか、以下で詳細や違いとプレミアムプラン、アプリの使い方について徹底解説します。


YouTube Musicとは

YouTubeには通常の動画コンテンツの他にも数多くの楽曲がアップロードされていますが、そのYouTubeを音楽に特化させたものがYouTube Musicです

現在では音楽を聞くときにYouTubeを利用するというユーザーが多く、私も普段はSpotifyで音楽を聞きながら、MVはYouTubeで見るという使い方をしています。

有料のプレミアムコースもありますが、基本は無料で使うことができます。

YouTube Musicが他の音楽配信サービスと違うのは、公式のCD音源だけでなく、ライブ音源やユーザーによる「歌ってみた」などのユーザーコンテンツ(UGC)も聞くことができるという点です。

ライブ音源の数では、他のサービスはYouTube Musicになかなか敵わないのではないでしょうか。

一般人のカバーやユーザーが作ったコンテンツが検索できるのは、普段のYouTubeと同じような仕様になっています。

位置情報をオンにしていると、AIが自動で現在地に合わせてプレイリストを提案してくれます

例えば、自宅にいるときはリラックス系のプレイリストや、集中して作業したいとき用のプレイリストなどが表示されます。

また自分の好みに合わせて音楽を提案してもらえますが、こちらは他の音楽サービスにも似たような機能がありますね。

楽曲のラインナップは?

楽曲のラインナップに関しては、洋楽は音源、MV共に豊富に揃っていますが、邦楽はアーティストによっては一切公式の音源がないものもあります。

しかし、YouTubeにMVがアップされている楽曲は、YouTube Musicアプリ内で視聴することができるので、他の音楽配信サービスで聞けない邦楽もYouTube Musicなら聞ける場合があります

例えば、YouTube Musicで「米津玄師」で検索すると、曲はカバー曲しか出てきませんが、MVは全て視聴可能となっています。

動画の音声だけを聞くこともできるので、通信量もあまり気にする必要はないでしょう。

プレミアムの料金や無料版との違い

ウェブ・Android iPhone
Music Premium  980円/月  1,280円/月
ファミリープラン  1,480円/月  1,950円/月
広告 無し 無し
バックグラウンド再生 あり あり
オフライン再生 あり  あり

広告非表示月額980円でYouTube Music Premiumに登録すると、以下の特典があります。

  • オフライン再生
  • バックグラウンド再生
  • Google Play Musicの有料会員資格
  • GoogleホームやChromecastオーディオと連携

無料会員の問題点として、画面を切り替えたりオフにすると、音楽の再生が止まってしまう点が挙げられます

無料でもこのくらいの機能は欲しかったのですが、現状プレミアムでないと音楽プレイヤーとして使うことは難しいでしょう。

iPhone版アプリから申し込むと割高に

iPhone版アプリからiTunesを経由してプレミアムを申し込むと、月額1,280円と割高になってしまいます。

登録する際はウェブサイトから申し込むようにしましょう

YouTubeプレミアムならYouTube Musicもプレミアムに

月額1,180円のYouTubeプレミアムには、YouTube Musicのプレミアム会員資格も付いています。

値段の差は200円しかないので、YouTube Musicのプレミアムだけを契約しているのは、若干もったいないような気もします。

プレミアムの登録方法

YouTube Musicプレミアムを単体で登録することもできますが、2018年11月現在YouTubeプレミアムでは3ヶ月間の無料トライアルを実施しているので、YouTubeプレミアムから登録したほうが良いでしょう。

登録するにはこちらにアクセスし、「使ってみる(無料)」をタップしましょう。

支払い方法を選択し、「会員登録する」をタップしましょう。

YouTube MusicプレミアムならGoogle Play Musicも無料

今の所Google Play MusicとYouTube Musicは全く別のサービスですが、両者は今後YouTube Musicに統合される予定です。

また、YouTube Music Premium(プレミアム)に登録していると、Google Play Musicの有料会員サービスを使うことができます

Google Play Musicではスマホ内の音楽を再生することができますが、YouTube Musicにはこの機能がないなど、どちらにも強みがあるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

YouTube Musicの使い方

YouTube Musicの使い方を解説します。

位置情報を許可

YouTube Musicアプリをインストールし、アプリを開くと位置情報へのアクセスを許可するか聞かれます。

許可すると、自宅や外出先でAIがその場所に合ったプレイリストを提案してくれる機能を使うことができるので、使いたい方は「許可」をタップしましょう。

お気に入りのアーティストを選択

お気に入りのアーティストをAIに教えて、好みの音楽を提案してもらいましょう。

ホーム画面で「使ってみる」をタップしましょう。

好きなアーティストをタップすると、その下に関連したアーティストが提案されます。

いくつか選択したら、「完了」をタップしましょう。

ホーム画面であなたのためのプレイリストが自動で提案されます。

YouTubeで高く評価したMVを聞ける

ライブラリでは、YouTubeで高く評価した動画が同期されています

このプレイリストでは、音楽以外の動画は自動で取り除かれ、楽曲のみのプレイリストとして使うことができます。

歌詞で検索

楽曲はタイトルやアーティスト名だけでなく、日本語や英語の歌詞からも検索することができます。

「is this the real life」で検索すると、Queenのボヘミアン・ラプソディが検索結果の上位に表示されました。

あいまいな発音で検索

洋楽を検索する際には、日本語のあいまいな発音で検索することもできます。

例えば、「Don't Stop Me Now」なら「どんすとっみーなう」でも検索可能です。

MVやライブ映像を音声のみ再生する

MVやライブ映像は、プレイヤー画面でビデオ上のYouTubeアイコンをタップすると、音声のみに切り替えることができます。

なおwifiに接続していない場合は、自動で音声のみが再生されるようになっています。

オフラインで聞くには

楽曲をオフラインで聞くには、タイトル右のメニューから「オフラインに保存」をタップしましょう。

ライブラリで「オフライン」をタップして、保存した曲を再生しましょう。

YouTubeプレミアムの無料トライアルを使っている方は、YouTube Musicプレミアムもぜひ試してみてください。

他にオススメの音楽アプリは!?

うたパス

うたパス

上記から登録出来ます

月額「500円」で最新曲から懐かしの名曲まで・・・なんと聴き放題!!! そしてさらに毎日更新の4000プレイリストも聴き放題です。

  • 他にもお得な会員特典も充実しています。
  • 火曜日はカラオケが1200円割引!
  • アーティストと会える!話せる!
  • ライブご招待・先行予約あり!
  • 360°VR映像やチャットも楽しめちゃいます!

うたパス

上記から登録出来ます

今なら初回30日間無料でお試し出来ますので、是非試してみて下さい。

music.jp



↑詳細は上記から確認出来ます 

なんと音楽も映画も楽しめる「music.jp」が大人気です。総勢800万点以上!!

今なら30日無料で楽しむことが出来ます。そして今なら、毎月貰えるポイント増量!1か月で映画11本も観られる、通常1,922ポイント+動画3,000ポイントが毎月もらえます。


↑詳細は上記から確認出来ます 

動画配信数は国内最大級! 映画、ドラマ、アニメの最新作から名作まで180,000本以上を配信中です。

dヒッツ

dヒッツ

上記から登録・確認が出来ます

人気アーティスト数が圧倒的に多い音楽聴き放題のサービス「dヒッツ」!!

dヒッツは、月額500円(税抜)で最新J-POPから懐かしの名曲まで、ヒット曲満載の5,000プログラム以上がなんと聴き放題!

もちろんドコモユーザー以外の方もdアカウントを取得すると簡単に利用出来ます。

dヒッツ

上記から登録・確認が出来ます

 

-youtube

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.