YouTubeで「エラーが発生しました」と表示される!Adblockが関係あり!詳細を徹底解説

2020年2月29日(土)から、YouTubeで「エラーが発生しました」と表示され、画面が暗くなってしまう現象が増えています。特にPCでYouTubeを見ている場合によく確認されており、「Adblock」が関係しているのではないかといわれているようです。

今回はYouTubeで「エラーが発生しました」と表示される場合の詳細とAdblockとの関係性を徹底解説します




YouTubeで「エラーが発生しました」と表示される

2020年2月29日(土)から、YouTubeで「エラーが発生しました」と表示され、画面が暗くなってしまうといった現象が増えています。

YouTubeのサイトに接続する分には問題ありませんが、動画を再生した途端にエラーの表示が出てきてしまいます

特にPCで見た際に確認されることが多く、スマホやタブレット端末で、アプリを利用した場合にはエラーが出る事はほとんど無いようです。

動画は全く見れないというわけではなく、しばらく待っていると見れるようにはなります。

Adblockと関係がある?

YouTubeで「エラーが発生しました」と表示されるのは、Adblockを利用している事と関係がある可能性があります

この「エラーが発生しました」と表示されている時に、動画をよく確認すると、動画時間が本来の動画より短くなっているのがわかります。また、一定時間経つと、通常画面に戻り、再び動画が再生されるようになるようです。

この事から、エラーが出ているのは本来の動画内容ではなく、広告が流れている最中という事がわかります。

つまり、Adblockの広告ブロック機能が作動しており、広告を表示できない状態で動画が再生されてしまっているので、エラー表示となっている可能性が非常に高くなっています

以前まではありませんでしたが、Adblock対策なのか、未対応でエラーが出てしまっているのかはわかっていません。

YouTubeで「エラーが発生しました」と出てしまう場合の対処法

しばらく待つ

エラーが表示されたら、しばらく待つことで通常の動画が再生されるようになります

広告動画の再生中だけなので、そこだけエラーが出てしまいます。広告分の動画だけ再生されきってしまえば、次の場面には進むようになるようです。

ただし、長い広告動画が選択された場合は、その分待つ必要があるのでご注意ください。

画面の更新

画面を再読みこみすると、動画の次のシーンを見る事ができるようになります

左下に表示されている広告の動画時間が長い時などに利用すれば、通常の広告再生時とさほど変わらず、大きなストレスを感じる事無く視聴可能です。

画面の更新は、「F5」キーで行っても、Webの再読み込みアイコンで行っても、どちらでも問題はありません

Adblockを無効にする

拡張機能であるAdblockを、一時的に無効にすることで通常時と同じように動画の再生が可能です。

どうしてもエラー表記が気になってしまう、突然動画が無音になってしまうので、違和感や怖さを感じるといった人は、一時的にAdblockを解除した状態でYouTubeを利用してください。

Adblockを解除した状態で他のサービスを利用すると、普段は表示されない広告が突然出てくることもあるのでご注意ください

その他の対処法

当然Adblockを関係なく、エラーが出ている可能性もあります。

対処法

  • 通信方法の確認
  • アプリのアップデート
  • 動画が削除されていないか確認
  • デバイスの再起動
  • ブラウザの変更

通信関連でエラーが出たり、動画が既に削除されていたり、なんらかの不具合が出ている時はエラーが出る可能性もあります。

そういった場合は、上記のような対処法をお試しください。

TiktokとYouTubeの連携が上手くできない!詳細と対処法を徹底解説

 

-youtube
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.