解説、アプリの使い方

SNSデイズ

Twitter「〇年〇月から利用してます」始めた日の表記の詳細や非表示の方法について徹底紹介!

更新日:

2018年7月19日に「Twitter(ツイッター)」でアップデートが行われました。そのアップデート内容に「自分がTwitter(ツイッター)をはじめた期間(開始日)がプロフィールに表示される」というものがあります。

今まではTwitter(ツイッター)のアプリ版では省略されていた情報ですが、アプリでも「〇年〇月からTwitter(ツイッター)を利用しています」との一文がプロフィールで公開されるようになりました。今回はTwitterの「始めた日」「開始日」の詳細や非表示の方法の有無についても徹底解説していきます。

「〇年〇月からTwitter(ツイッター)を利用しています」と開始日が表記されるように

まずは、こちらの画像の表示をご覧ください。フォロー数とフォロワー数の上に「2017年2月からTwitter(ツイッター)を利用しています」と記載されています。

この表記は、モバイル版のTwitter(ツイッター)には元から存在していたのですが、アプリ版のTwitter(ツイッター)では省略されていた情報です。

文字通り「2017年2月に私はTwitter(ツイッター)を始めました」との情報を表わしています。

自分がいつTwitter(ツイッター)を始めたかを確認することも出来ますし、他のユーザーページのプロフィールを見てみると、同様の情報が載せられています。

今までは見ることのできなかった情報ですので、2018年7月19日現在、Twitter(ツイッター)上のタイムラインにも、このTwitter(ツイッター)開始時期プロフィール化のことを言及している人も多いです。

Twitter(ツイッター)上では不評「役に立たない」という声が多数?

この「〇年〇月からTwitter(ツイッター)を利用しています」が自分のプロフィールに表示されるようになったのは、Twitter(ツイッター)アプリ更新が原因です。

このTwitter(Twitter)アプリ更新の結果を受けて、ユーザーはどのように思っているのでしょうか。残念ながら、多くのTwitter(ツイッター)ユーザーから「いらない機能」と思われているようです。

「いらない」と思われている理由のひとつは、「自分が公開したくない情報」だからです。

もちろん、別にいつTwitter(ツイッター)をはじめたか見られても構わない人もいますが「知られたくない」「プロフィールを簡単にしたい」と思っている人には完全に無駄です。できれば自分のプロフィールから消したいと思っている人も多いです。

また「他人がいつTwitter(ツイッター)をはじめたか」なんてどうでもいい情報だと思われているのも「いらない」声が多い理由のひとつです。

例えば、「この人はどんなことが好きなのか」を見て、ユーザーをフォローしようか迷う人はいます。

しかし「この人はいつTwitter(ツイッター)をはじめたか」なんて情報を見てフォローするか決める人は少なく、他人からしても必要のない情報だからです。

残念ながら、このアップデートは完全に「蛇足」と思われています。見る側も見られる側も望んでいない内容のアップデートですので、批判の声が多いようです。

せめて自分だけでもいつ利用したかを、プロフィールから消したいと思っている人もいるようです。

「〇年〇月からTwitter(ツイッター)を利用しています」表示を非表示にするには

さて、「〇年〇月からTwitter(ツイッター)を利用しています」との文章を不要だと思っている人にとっては、できれば削除したいと思っているのではないでしょうか。

Twitterの開始日を非表示にする方法の有無について解説していきます。

Twitterの開始日を非表示にするのは不可能

現時点ではこの「〇年〇月からTwitter(ツイッター)を利用しています」表記を非表示にする方法は見つかっていません。

アプリ版で「設定」ボタンを押して、プロフィールの表示やプロフィール作成に関するページを開いたとしても、「開始年月を表記しない」といった旨の設定はありませんでした。

Twitter(ツイッター)のタイムライン上にも、「どうやって消すの?」「非表示の方法教えて!」と困って質問している人はたくさんいます。

しかし、具体的な解決方法はありませんでした。Twitter(ツイッター)公式アカウントからのアプローチを待つしかないようです。

あらかじめ知っていたなら、Twitter(ツイッター)アプリを更新しないようにしよう!

既にTwitter(ツイッター)を更新してしまった人にとっては時すでに遅しですが、「Twitter(ツイッター)を更新しない」のもひとつの手です。

問題の一文は、2018年7月19日のアップデートによるものなので、今日以降一切Twitter(ツイッター)をアップデートしないでいましょう。公式から「解決方法」が発表されたと同時にTwitter(ツイッター)を更新したとしても、普通に遜色なく使用できます。

一部Androidには表示されない?

今回のアップデートは、実は「一部のAndroid端末」では適用されていません。

Androidを使っているTwitter(ツイッター)ユーザーの人からは、「〇年〇月からTwitter(ツイッター)を利用しています」表記が、自他共に確認することができません。ただし、他のユーザーからは自分がいつTwitter(ツイッター)をはじめたかバレてしまうため、そこまで意味はありません。

ちなみに、私もAndroidユーザーですが、このように、「〇年〇月からTwitter(ツイッター)を利用しています」の表記はどこにも見られませんでした。

見られない「一部の端末」に含まれているようで、自分からは確認することができませんでした。

「〇年〇月からTwitter(ツイッター)を利用しています」表記についてのまとめ

今回は、Twitter(ツイッター)のアップデート内容の「〇年〇月からTwitter(ツイッター)を利用しています」という一文が、プロフィールに公表される問題について徹底紹介しました。

必要無いと思われるユーザーも多く、こちらから見ようとも思わないですし、見られたくない人だっています。そんな人は、Twitter(ツイッター)公式の動向をしっかりとチェックしましょう。

もしかしたら、対策について紹介してくれているかもしれません。対策した後にアップデートするのも手です。

-Twitter

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.