解説、アプリの使い方

SNSデイズ

Twitterの通知がおかしい場合の対処法【2018年1月10日発生】

投稿日:




今回は、Twitterの通知がおかしい場合の対処法を解説します。

2018年1月11日、Twitterで話題となっております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Twitterの通知がおかしい

どうやら、Twitterの通知がおかしくなっているようです。

具体的には、以下のようなエラーが出ているみたいです。

  • 通知が来ても、実際には通知する内容がない
  • 過去の通知が今更やってくる
  • 同じ通知が何度も来る

ファボ追加など、何度も同じ通知が来て困っている人もいるみたいですね……。

Twitterの通知がおかしい場合の対処法

Twitterアプリのアップデートが現時点(2018年1月11日)で3週間前のものだったので、アップデートが原因とは考えられません。よって、Twitter内部で何かしらの通知に関するエラーが出ていると推測されます。

なので、根本的な解決策としては「待つ」以外考えられませんが、今回は余計な通知が多そうですので、それを避ける目的であれば一応の対処法はあります。

Twitterの通知を変更する

ということで、Twitterの通知を変更してみましょう。

設定アプリ>通知を選択し、色々なアプリが並んでいると思いますので、Twitterアプリを探しましょう。

通知の中でTwitterアプリをタップしたら、このような画面が表示されるはずです。

左側は通知が全力の状態。サウンドも鳴るし、アイコンバッジにも赤い数字が表示され、ロック画面にもバナーとしても表示される状態です。

この状態で複数の通知が来ると、イライラしてしまいますよね。

そこで、通知を一時的に右側の画像のような状態に変更してください。「Appアイコンにバッジを表示」だけをオンにする形ですね。

こうすることで、サウンドやバナーなどの通知をせず、アイコンにそっと表示が出てくる状態になります。これでも、エラーとして数字にプラスされる可能性もありますので注意してくださいね。

また、本当に大事な通知も、サウンドやバナーが出なくなりますので注意してください。

編集後記

今回は、Twitterの通知がおかしい場合の対処法について解説させていただきました。

ひとまずはこれでOKですが、やはり本当の解決のためにはTwitter社のデバッグや、アプリのアップデートを待つしかないようです……。

-Twitter

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.