Twitterで話題のこゃーんするボタンの詳細やみんなのボタンメーカーの使い方など徹底解説

Twitterでこゃーんするボタンがカワイイと話題です。

今回はこゃーんするボタンの詳細ややり方など徹底解説していきます。




こゃーんするボタンがカワイイと話題に

Twitter上でこゃーんするボタンがカワイイと話題です。

最近twitter上でこゃーんという文字と共に、もふもふのキツネと「#こゃーん でツイート」と表示されるツイートが散見されます。これはこゃーんするボタンと呼ばれるもので、ボタンを押すと自分でももふもふのキツネの画像とこゃーんするボタンが付いたツイートを行う事が出来ます。

自分のツイートからは他の人がこゃーんするボタンを押して同じツイートが可能。どんどんこゃーんするボタンが拡散されていく仕組みになっています。

このこゃーんという表現は、キツネの鳴き声の「こんこん」と、ネコの鳴き声の「にゃーん」を組み合わせたものと見られます。

こゃーんするボタンの使い方

誰かのこゃーんするボタンにある「#こゃーん でツイート」をタップします。

するとボタン付きのツイートが出来るので、そのまま投稿すればOKです。

また他の誰かがこゃーんするボタンを押して、同じ様にツイートする事が出来ます。

一度押すと暫く押せなくなる

こゃーんするボタンで検索すると、もふもふのキツネと「こゃーん」という文言は付いているものの、こゃーんするボタンが付いていないツイートも見られます。

また自分自身のツイートを確認しても、こゃーんするボタンが見られません。

これは不具合やツイートの失敗ではなく、仕様上一度ボタンを押すと暫く押せなくなるのが原因です。

宣伝は可能

こゃーんするボタンが消えてしまっても、こゃーんするボタンの宣伝自体は可能です。


みんなのボタンメーカー

こちらにアクセスして「こゃーん」をタップします。

宣伝用のURL付きのツイートが作成されるので、そのまま呟けばこゃーんするボタンの宣伝ができます。

こゃーんするボタンは作成できませんが、こゃーんするボタンへのリンクが作られます。

元ネタはみんなのボタンメーカー

こゃーんするボタンの元ネタは、みんなのボタンメーカーという外部ツールです。自由にボタンを作れる外部ツールで、こゃーんするボタンもこれを利用して作られています。

作者は「DONAMO」様。こゃーんするボタンの他にも狐になるボタンもあります。

みんなのボタンメーカーはボタンを活用した、企画的な事に使われる事もあります。ただこゃーんするボタンをはじめとして多くのボタンは、「押して楽しい」というシンプルなものです。

気になった方は構えずに押してしまって大丈夫です。一応普通にツイートなので、フォロワーに流れることは配慮しましょう。

ボタンの作り方

こちらにアクセスして「新しいボタンをつくる」をタップし、ボタンの情報を入力していきます。

「作成」を押す事で自分のボタンを作る事が出来ます。

見たら必ず押せボタンやボカロ歌いやがれ下さいなども人気

最近ボタンメーカーは非常に人気で、多くの人が活用しています。

特に「見たら必ず押せボタン」や「ボカロ歌いやがれくださいボタン」、「見たら絶対にやる(重め)ボタン」などは最近活発に使われています。

TwitterのTL表示が変更された詳細と対処法を徹底解説

Twitterで話題になっているTLのツイート表示が一部変更された問題ですが、「文字が横長になった」「画像が大きくなった」等、具体的な症状も見られています。 ツイートはできますし見づらささえ我慢すれば ...

続きを見る

 

-Twitter
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.