解説、アプリの使い方

SNSデイズ

Twitterで「〇〇さんがいいねしました」をTL、通知などに表示させない(非表示)方法徹底解説

投稿日:

今回は、Twitterで「〇〇さんがいいねしました」をTL、通知などに表示されない方法徹底解説していきます。

スマホが普及していくと同時にTwitterもSNSアプリとして急速に普及していきましたが、日々アップデートが行われ、非常に使いやすくなったり、他のユーザーとの交流を深めやすくなっています。

しかし、自分が興味ないユーザーや他のフォロワーがフォローしている別に知らなくてもいい人の情報まで流れてくるようなことはないでしょうか。

特に「邪魔だな」と感じるのは、「〇〇さんがいいねしました」という旨の通知が来ることです。

自分のツイートにいいねをする通知自体はいいのですが、他人のツイートをフォロワーがいいねした情報など、別に欲しくないという人のほうが多いのではないでしょうか。

今回は、「〇〇さんがいいねしました」をTLや通知に表示されない方法を紹介します。

「〇〇さんがいいねしました」とは?

Twitterを利用していると「〇〇さんがいいねしました」という情報が、TLや自分の通知に表示されることはないでしょうか。

従来のTwitterではTL上に自分のフォローしている人がリツイートした情報は表示されていたのですが、近年ではいいねした情報まで表示されるケースが出ています。

さらに、通知でも「〇〇さんがいいねしました」という情報が来るので「リプライが来たかな?」と思って通知を見てみたら、他人のツイートをフォローしてる人がいいねしましたといったどうでもいい情報で、がっかりした人もいるのではないでしょうか。

TLに表示される分は特に通知されないので別に放置してもいいのですが、人によっては、「自分のフォローしている興味ある人のツイートしかみたくない」という人もいるため、あまりありがたくない機能です。

通知に表示される分でも、自分の設定次第で、「他人のツイートをフォローしている人がいいねした」というどうでもいい情報が通知されてしまうかもしれません。

できることなら「〇〇さんがいいねしました」という旨のツイートや通知が来ないようにしたいと考えるでしょう。

「〇〇さんがいいねしました」を表示させない方法とは!?

早速、「〇〇さんがいいねしました!」の表示を消す方法を紹介します。

この仕様自体、度重なるアップデートによって追加された要素ですが、絶対に表示させなくてはいけないわけではなく、こちらの設定次第で表示させないようにすることができます。

そのため、この機能が「不要」と感じた場合、さっさと表示させないようにしましょう。

「〇〇さんがいいねしました」削除する手順① 「いいね」のキーワードをミュートしよう!

「○○さんがいいねしました!」をTLに表示させたくない場合は、「設定」をいじることで新たに設定を上書きすることができます。

まずは、Twitterホーム画面からメニューを選択し、「設定とプライバシー」を選択してください。

このページから通知設定ができるので、これからも多様する可能性があります。

設定とプライバシーを選んだら、次は「プライバシーとセキュリティ」を選択してください。

プライバシーとセキュリティ―を選択した後、「ミュートするキーワード」を選択してください。

また、先ほどの「設定とプライバシー」のページにある「通知」を選択しても「ミュートするキーワード」を選ぶことができますので、そちらも覚えておきましょう。

ミュートするキーワードのページで、「suggest_activity_tweet」と入力してください。

このキーワードを入力することによって、「〇〇さんをいいねしました」というキーワードを含んでいる文章がTLや通知に表示されなくなります。

ちなみに、この方法は元々存在していた方法で、新しく出てきた対処法ではないのですが、ここ最近再び注目されるようになった対処法です。

「〇〇さんがいいねしました」削除する手順②「すべてのアカウント」を選択しよう

実は、「suggest_activity_tweet」のキーワードをミュートするだけでは、完全に「〇〇さんがいいねしました」の文章をTLに表示させないようにすることはできません。

このまま設定しただけでも、「自分がフォローしていない人がいいねしたこと」に関してはミュートすることができますが、残念ながら自分がフォローしているユーザーがいいね!した情報を表示させないことはできません。

「suggest_activity_tweet」を入力した直後では、ミュートの範囲が「フォローしていないアカウント」になっているからです。

まずは、先ほどキーワード設定した「suggest_activity_tweet」をタップしてください。

すると、「suggest_activity_tweet」をミュートする旨の設定を行うことができます。

その中の「通知」を選択してください。

通知を選択するとこのようなボックスが出てきますが、初期設定では「フォローしていないアカウント」になっています。

その上の「すべてのアカウント」を選択してください。

これを選ぶことによって、Twitterユーザー全員を対象に「〇〇さんがいいねしました」というキーワードをミュートすることができます。

ここまで設定が終わって、ようやく「〇〇さんがいいねしました」を完全に表示させなくすることができます。

普段からいいねに関するTLや通知を邪魔に感じている人は、この方法を使用するようにしてください。

「〇〇さんがいいねしました」表示に関する注意事項

「〇〇さんがいいねしました」の表示を消すにあたって、覚えておきたいことがひとつだけあります。

Twitterは設定した直後、すぐに設定が反映されることが多いのですが、この方法を使って「〇〇さんがいいねしました」を表示させないようにした場合、反映が遅くなる可能性があります。

そのため「この方法を使っても「〇〇さんがいいねしました」表示が出てくる!」という人は、少しだけ待ってみる必要があります。

反映が遅くなっているため、すぐに設定が保存されていない可能性があるからです。

また、Twitterを更新することによって、設定がリセットされる可能性もありますので、こまめにチェックするようにしてください。

Twitterで「〇〇さんがいいねしました」の表示をTLから消す方法まとめ

今回は、Twitterで「○○さんがいいねしました」の表示をTLから消す方法を紹介しました。元から存在していた方法ではありますが、あまり知名度は高くないため、この方法を知らなかった人も多いのではないでしょうか。

Twitterは設定が細かくて面倒な部分もありますが、SNSとしては間違いなく優秀ですので、細かい設定などをしっかりと調べて、快適にツイッターを使えるようにしてください。

-Twitter

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.