Twitter(ツイッター)のフリートが廃止になりスペースも消えた詳細や対処法を徹底解説

Twitterのフリートが廃止になりましたが、同時にスペースが消えた方が続出しています。

今回はTwitterのスペースが消えた症状の詳細や対処法を徹底解説していきます。




Twitterのフリートと共にスペースが消える方が続出

8月4日頃にTwitterのフリートが廃止になり、大きな話題を呼びました。

これによりTwitterのTL上部にあったフリートの欄が消え、「表示がすっきりした」との声が多数見られます。

ただ元々フリートの欄にはスペース機能の併せて表示されていたのですが、このスペースも「フリートと一緒に消えてしまった」との症状が急増しています。

また元々フリートのあった欄には、自身のアイコンとスペースの新規作成ボタンが有りました。

このスペースの新規作成ボタンは、残っている方と消えているユーザーの両方が存在します。

フリートと共にスペースが消えた場合の対処法

下記ではTwitterのフリート廃止と共に、スペースが消えた場合の対処法を紹介していきます。

スペースが行われると上の枠が表示される

Twitterのフリートの削除と共に、TL上部の空白が消え、以前と同じ表示に戻っています。

実はこの仕様変更に伴い、スペースの表示についても仕様変更が行われています。

新しい仕様では「誰かがスペースを使うとTL上部にスペースの欄が作られ、それをタップする事でスペースに参加」することができます。

つまり誰かがスペースを始めれば、これまでと変わらずにTL上部に表示されるようになっています。

ツイートボタンをタップ・長押し

実はスペースの新規作成ボタンの位置が変わっています。Androidではツイートボタンをタップ、iOSではツイートボタンを長押しする事で、スペースの利用が可能になっています。

ツイートボタンをタップ(iOSは長押し)し、「スペース」を選択します。

「スペースを開始」を押す事で、ホストとしてスペースを立てることができます。

スペース開始の仕様については、以下の記事でも詳しく解説しています。

Twitter(ツイッター)の改悪でスペース機能が出てワンタップでツイートできなくなった詳細と対処法を徹底解説

条件未達成で使えなくなった可能性

スペースの新規作成の仕様変更が行われ、ツイートボタンの長押しから利用する事が可能になっています。

しかしツイートボタンの長押しでスペースの新規作成が表示されず、実質的にスペースを立てることができなくなっている方もいます。

この理由は明らかになっていませんが、「スペースの条件を満たしていないのに使えていた人が、仕様変更に伴って使えない様になったのでは?」との見方が有ります

元々スペースのホストはフォロワー600人を始め、利用条件が有りました。

ただ条件を満たしていないのにスペースを使える人もおり、これが正常化されたとの考えです。

この場合スペースの使用条件を満たしたり、利用申請をしたりすることで再びスペースの新規作成が出来るようになると見られます。

スペースの利用条件や申請方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

Twitterでスペースを利用するための申請方法を徹底解説

申請を行う・スピーカーに上がって催促する

space

スペースの利用条件を満たさずに新規作成ボタンが消えた場合は、スペースの申請を行う事で新規作成が可能になる事もあります。

また誰か作成したスペースに参加し、スピーカーに上がって「ホストとしてスペースを利用できるようになりたい」と催促していると、スペースの新規作成機能が実装される事もあります。

スペースの利用条件や申請方法については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にして見て下さい。

Twitterでスペースを利用するための申請方法を徹底解説

別のアカウントを確認

Twitterではアプデの適用がまちまちで、アカウントによって仕様が違う事もあります。

スペースの新規作成についても「TLの上に表示されている」「ツイートボタン長押しで出来る」「使えなくなっている」という様々なパターンが確認されています。

メインアカウントでスペースが使えない場合でも、サブ垢なら利用できることもあるので一度確認してみて下さい

アプデ・再起動・再インストールを行う

スペースの仕様変更はTwitterのアプデによるものです。

アプデが正常に適用されていない事で不具合に繋がる事が有るので、アプリのアプデの確認や再起動、再インストールを行って見て下さい。

Twitterアプリのアプデに関連する不具合が改善する事もあります。

またTwitterの一般的な不具合の対処法が有効な場合もあります。以下の記事で詳しく解説しているので、確認してみて下さい。

Twitter(ツイッター)でRTやいいねボタンが表示されないバグ・不具合の詳細や対処法を徹底解説

スペースの非表示機能はない

フリートを利用しない方からは「TLの上のフリート欄が邪魔」との意見も見られ、今回のフリート欄の削除は歓迎する声も多々寄せられています。

ただ誰かのスペースが行われるとTL上部に表示されてしまうため、「いっそのことスペースも非表示にさせて欲しい」と言う方も少なくありません。

残念ながら現時点ではスペースの非表示は行えません。根本的な解決にはなりませんが、「スペースを頻繁に行うアカウントのフォローを外す」「スペース用と情報確認用のアカウントを分ける」などの対処法が良く使われています

スペース側の不具合対処法

スペースを使えない場合は仕様変更ではなく、スペース側の不具合が原因である可能性も有ります。

アプリの再起動や電波状況の確認など、スペースの全般的な不具合の対処法が有効な場合もあります。

下記の記事で詳しく解説しているので、参考に対処を行って見て下さい。

Twitter(ツイッター)で「スペースが取得できません」でスペースに入れない不具合の詳細と対処法を徹底解説

Twitter(ツイッター)で勝手にフォローが外れる不具合の詳細や対処法を徹底解説

現在、Twitterで勝手にフォローが外れる不具合が多発しています。 今回は、Twitterで勝手にフォローが外れる不具合の詳細や対処法を徹底解説していきます。 コンテンツ1 Twitterで勝手にフ ...

続きを見る

 

-Twitter
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.