Twitterのリプライを固定する方法(返信を固定)について徹底解説

Twitterの投稿についたリプライを上部に固定したいと話題になっています。

今回はTwitterのリプライを固定する機能の詳細や設定方法について解説します。


Twitterのリプライを固定したい

Twitterに「返信を固定」という機能が2022年9月1日から実装され、話題になっています。iPhoneやAndroidの違いは関係なくこの機能が利用できるアカウントとできないアカウントが存在しています。

投稿についたリプライの中にはトップに固定したい内容があることもあり、もともと実装を希望する声も上がっていました。

すでに他のSNSでは利用されユーザー間で広く活用されているため、需要の高さが事前にわかっている機能です。

Twitterのリプライを固定にする機能の詳細やメリット

Twitterの投稿のトップにリプライを固定する機能にの詳細やメリットについて解説します。

固定できるのは1件だけ

投稿に来たリプライの中から選択したものをトップに固定できる機能ですが、1つの投稿に対して固定できるのは1つまでになっています。複数のコメントを固定することはできないため、いくつか気に入ったリプライがあった場合には選定をする必要があります。

一度固定にしたリプライがあり、別のリプライを固定に選択した場合にはもともとトップに固定してあったリプライが解除され、後から設定した1つの返信だけが固定されます。そのため固定にしたい優先度が先に設定したものの方が高い場合には注意が必要です。

非公開のアカウントのリプライにも可能だが共通のフォロワーにしか見えない

固定したいリプライの投稿者がアカウントを非公開にしていた場合、トップに固定すること自体は可能ですが該当のアカウントをフォローしていない人には見ることができません

お互いがフォローしあっているグループ内での投稿であれば活用することができますが、広い範囲のユーザーに見てもらいたい場合にはあまり有効な手段ではないため、見てもらいたい内容であれば自身で同じ内容をリプライにするなど工夫が必要になってきます。

決まったグループ内でトップに固定したいという用途も多くはないため、あまり出番は多くはないでしょう。

おもしろいリプライを固定すれば投稿が盛り上がる

投稿に対するコメントでおもしろいものがあった場合には、固定をして他のユーザーの目に留まりやすくすることで投稿が盛り上がるケースがあります。

固定を行ったことによってコメントがより活発になり、注目度が上がる可能性も高まります。コメント数が多く該当のリプライが埋もれてしまう場合にも有効ですが、投稿者が固定に選んだリプライの意外性などでも盛り上がることがあるため、数が多くない段階で行ってもいいでしょう。

トップに固定したリプライまでをセットにして見てもらえるケースが多くなっています。

有益なリプライを固定して投稿の補足にできる

投稿に対する追加情報や実際の経験談など、有益な情報が含まれている場合に固定をすることで投稿の補足の役割をしてくれるケースがあります。

投稿の時点ではぼんやりとしていても、リプライに具体的な内容や解説をしてくれる人がいる場合もあるため、投稿の補足として活用しても良いでしょう。投稿を見るユーザーにとってもわかりやすく、投稿に対する注目度が高まる可能性もあります。

投稿の意図に沿ったリプライを固定にすれば語弊が減らせる

1つの投稿内で違った解釈が生まれないようにと、投稿をする際に詳細に解説をすることも多くはないでしょう。捉え方が複数ある場合に正しく理解してくれているリプライをトップに固定することで、別の解釈が生まれにくくすることは可能です。

特にコメント数が多い場合には、間違った解釈のコメントにも影響されるユーザーが発生しやすくなってしまうため、注意が必要です。

中には投稿を見返さない人もいるためあとから説明しても訂正されず、最初に認識した解釈のままになってしまうケースも発生してしまいます。「返信を固定」機能を利用することで早い段階で予防線を張り、トラブル防止に努めることが可能です。

宣伝したい内容を固定すれば見てもらえる数が増える

自身が宣伝をしたかったり広く知ってもらいたい内容がリプライの中にある場合は、固定をすることで人の目につく機会を増やすことが可能です。

ただし自身のリプライについては固定機能を使用しなくてもトップに表示され、同様の効果を得ることが可能です。この場合は固定機能自体が利用できません

他の人のリプライの中に知ってもらいたい内容があったり、リプライに宣伝を載せる別のアカウントがある場合などに活用することが可能です。運用しているアカウントが複数あったり仲間のアカウントがある場合には、自身のアカウントのままリプライするよりも別のアカウントも見てもらえる可能性があるため、リプライにして固定を行うことも認知を広めるために有効な手段です。

Twitterのリプライを固定する方法

投稿についた返信の中から固定にしたいリプライを選び、右側にある「」をタップします。次の画面で「返信を固定」を選択したら完了です。

Twitterでツイート編集ボタンが実装される詳細や使い方、なぜ制限があるのかなど徹底解説

Twitterで編集ボタン機能が追加されると話題になっています。 今回はTwitterの編集ボタン機能の詳細や制限などについて徹底解説していきます。 コンテンツ1 Twitterで編集ボタン機能が追加 ...

続きを見る

 

-Twitter
-, , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.