TwitterのSMS認証コードが届かない!詳細と対処法を徹底解説

Twitterの電話番号を用いるSMS認証において、認証コードがいつまで経っても届かないといったトラブルが散見されています。

受信されないことで複数回再送信を試みたことによってアカウントがロックされてしまったという報告も出ており、早急に解決したい問題です。
問題の詳細と対処法をご紹介します。


電話番号でのSMS認証コードがいつまで経っても送られてこない

アカウントのセキュリティ強化や、突然Twitter側からアカウントの確認として電話番号の入力などを求められるケースが確認されています。
その際、自分が登録した電話番号を入力して認証コード送信を試みたのにも関わらず、しばらく経っても認証コードが届かないというトラブルが発生しているようです。

通常であれば、SMSメッセージを受信するアプリでは「TWITTER」から【Twitter認証コードは〇〇です。】というメッセージが届きますが、このメッセージが5分以上経っても届かないため、認証できないトラブルに陥っているユーザーが居ます。

認証コードが届かない原因をチェックしてみましょう。

届かない場合はアカウントロックを回避するため2~3回を目途に行う

注意点としては、

注意

「コード再送信」を複数回試みることによって試行回数の上限に達してしまい、認証できなくなってしまうトラブルが確認されています。

概ね3回が上限と見られており、4回目以降で制限になるようです。
試行回数が上限に達してしまうと、一定時間再試行できなくなってしまいます。

受信されないことで、コード再送信を短時間に何度も試すのは避けた方が良いかもしれません。

Twitter側のシステムに不具合が生じている

認証コードを発行と送信を行うTwitter側のシステムトラブルなどのエラーによって正常に送信されていない可能性があります。

この場合、ユーザー側で状況を詳細に把握する・具体的な対処法に取り組むのは難しいため、このトラブルが修正されるまで別の方法を試すか、待機するしかないでしょう。
ごくまれにSMS認証ができないトラブルが発生しますが、時間経過によって改善されているケースが多いです。

これから紹介する対処法や設定を確認しても状況が改善しない場合は、一時的に認証作業を中止して時間を空けてから再度試してください。

契約している電話番号のキャリアでトラブルが生じている

契約しているキャリアで通信障害やメール/SMSサービスでトラブルが発生していることも否めません。

キャリアの公式サイトをチェックし、通信障害などのトラブルが生じていない確認してください。
復旧され次第、再度Twitterでの認証作業を行いましょう。

入力した電話番号が誤っている

入力した電話番号が誤っている可能性もあります。

電話番号を一つずつ確実に入力してみてください。
加えて、電話番号入力フォーム上部の「国番号」が「+81日本」以外になっていないことを確認しましょう。

また、頭の「0」をスキップしてから入力してみるのもお試しください。

電話番号が合っているのにも関わらず、地域が異なることで認証コードが届かない原因になっていることも考えられます。

受信設定の問題

SMSの受信設定が影響しているケースもあります。

海外発信のSMSを拒否設定にしている場合がありますので、契約中のキャリアのポータブルサイトにて確認しましょう。

各キャリア設定手順

対処法

認証コードが届かない場合に試す対処法です。

まずは以下の対処法を全てお試しください。

対処法

  • 2要素認証を利用しない。
  • 通信環境の確認。電波が良い場所へ移動する。
  • Wi-Fiへ接続して試みる。
  • Twitterアプリの再起動。
  • Twitterアプリを最新バージョンへアップデートする。
  • デバイスのキャッシュデータを取り除く。
  • デバイスの再起動。
  • デバイスのOSをアップデートする。
  • 再送信後、再度5分ほど待機する。
  • 一時的に別のアカウントを利用する。

認証コードは、約5分ほど遅れて受信する場合があります。
通信環境によって受信に遅延が生じるため、別環境へ移動したり、Wi-Fiなどの安定したネットワークに接続して受信してみましょう。

認証コードを受け取るメッセージアプリの再起動もお試しください。
再起動によって受信するケースがあります。

認証をスムーズにする対策

電話番号による認証ではなく、別の認証方法を採用することで認証コードが届かないトラブルを回避することができます。

これから紹介する方法を詳しくご紹介しますので、予め設定してみましょう。

「認証アプリ」を利用する

Twitterの認証方法には、電話番号の他に「認証アプリ」を用いる方法があります。
ワンタイムパスワードがその都度発行され、認証を行う度に認証アプリを確認してTwitterの認証画面に発行されたコードを入力します。

この設定を利用する際は、予め以下のアプリをデバイスにインストールしてください。

Microsoft Authenticator
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

この認証アプリが最も設定が簡単なアプリで推奨されます。

ログイン中のTwitterアカウントの「設定とプライバシー」にアクセスします。

「アカウント」をタップしてください。

「セキュリティ」を開きます。

「2要素認証」をタップしてください。

「認証アプリ」のスイッチをオンにしてください。

設定が始まります。
「始める」をタップして進んでください。

Twitterアカウントのパスワードを入力します。

認証アプリへの連携を行います。
「Link app now」をタップしましょう。

先ほどインストールした認証アプリへ自動的に切り替わります。
切り替わると、認証を行おうとしているTwitterアカウントが自動的に追加されているほか、6ケタのワンタイムパスワードが表示されています。

このパスワードを控えてください。
なお、有効時間がありますので、コード右側のカウントダウンが切れた際は更新されるパスワードを控えてください。

Twitterアプリへ切り替え、控えた6ケタのワンタイムパスワードを入力して「認証する」をタップします。

「OK」で認証アプリによる認証方式を設定できました。
以降は電話番号による煩わしいログインを省くことができます。入力を求められた際は、認証アプリを起動してコードを控えて入力しましょう。

「バックアップコード」でログインする

万が一認証が出来なくなってしまい、アカウントへログインすることができなくなっても「バックアップコード」を予め控えておくことでスムーズにログインすることができます。

予めバックアップコードを控えておくことを推奨します。

ログイン中のTwitterアカウントの「設定とプライバシー」にアクセスします。

「アカウント」をタップしてください。

「セキュリティ」を開きます。

「バックアップコード」をタップしてください。

表示されるバックアップコードをスクリーンショットもしくはメモで大切に保存してください。

認証失敗によって認証が出来なくなってしまった場合などは、このバックアップコードによってスムーズにログインができます。
万が一入力を行う状況に陥ってしまった場合は、次の手順で行います。

認証画面のコードを入力するフォーム下の「別の方法の2要素認証を選択してください。」をタップします。

「バックアップコード」をタップします。

控えたバックアップコードを入力することでログインができます。

注意

一度入力したバックアップコードは失効しますので、入力後は再度最初の手順からバックアップコードの確認を行ってください。

ブラウザ版にアクセスする

Twitter

認証コードが届かない場合は、ブラウザ版で利用できるか確認してください。

ブラウザに切り替えることによって従来通り利用できるケースが確認されていますので、一時的な回避方法としてオススメです。

ツイステでダウンロードエラーやアプリが落ちるなど多くの不具合やバグが発生!詳細と対処法を徹底解説

 

-Twitter
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.