Twitterでツイート内の画像がフルサイズで表示されるアップデート後、電話番号・メールアドレスでアカウントがバレてしまう設定が有効になってしまう原因と対処法を徹底解説

Twitterのアップデートによって、電話番号とメールアドレスでアカウントを特定できてしまう設定が勝手に有効になってしまう事象が確認されています。

設定が勝手に有効になった際の影響や無効にする対処法を解説します。


アップデートの影響でアカウントがバレてしまう設定が有効になる

Twitterのスペース正式実装、ツイート内の画像がフルサイズで表示されるといったアップデートが実施されたことで話題になっています。

しかし、このアップデートに伴いアカウントがバレてしまう恐れのある設定が勝手に有効になってしまう事象が確認されています。

Twitterの設定では、「見つけやすさと連絡先」から、

設定項目

  • メールアドレスの照合と通知を許可する
  • 電話番号の照合と通知を許可する

上記設定項目2箇所のスイッチトグルが勝手にオンになってしまうことが確認されています。

本アップデートが実施される以前に、この設定を無効にしていた場合でも勝手に有効になってしまうことも判明しています。

仕様変更によるものか、アップデートに伴う不具合であるかといった原因の詳細は判明していませんが、設定が有効になってしまう事象が発生しています。

「おすすめユーザー」に表示されてしまう

この設定が有効になっていると、あなたの電話番号もしくはメールアドレスを知っている人物が、「おすすめユーザー」からあなたのアカウントを把握・閲覧することが可能になってしまいます。

Twitterネーム・ユーザー名やプロフィールは、「非公開アカウント」でも参照することが可能になっています。
特定されやすい内容の場合は、特に注意が必要です。

Twitterアカウントの存在を知られたくない人物がいる場合は、設定項目が有効になっていないか直ちに確認しておきましょう。

おすすめユーザーへのアクセス方法は、主に以下の方法でアクセスすることができます。

プロフィール画面

プロフィール画面もしくは他ユーザーのプロフィール画面であなたのアカウントがおすすめ表示されてしまう可能性があります。

フォロー/フォロワー欄

フォロー/フォロワー欄から、画面右上のアイコンをタップすることでおすすめユーザーへアクセスすることができ、こちらも同様に表示されてしまう可能性があります。

なお、あなたの電話番号・メールアドレスを把握している人物が「連絡先アプリ」で登録済みで、その連絡先データをTwitterにアップロードしていないとおすすめユーザーに表示されません。

電話番号・メールアドレスを基に自分がおすすめユーザーとして表示されているか把握することはできないため、早急に設定を確認しておくのがオススメです。

「連絡先」アップロードを実行しているアカウントで参照されてしまう

自分の情報を知っている相手が、Twitterに連絡先データをアップデートされることで表示されてしまう恐れがあります。

「見つけやすさと連絡先」から「アドレス帳の連絡先を同期」のスイッチトグルをオンにすると、デバイス内の連絡先アプリからデータをTwitterにアップロードされ、そのデータを基に「おすすめユーザー」として表示させます。

勝手に有効になっていない場合もある

この設定項目が勝手にオンになっているユーザーが多いとのことですが、一部のアカウントではこの設定項目が勝手に有効になっていないことも確認されています。

現時点でアップデートに伴う不具合によるものか、仕様変更によって設定が有効になっているか判明していませんが、アカウント所有者が設定が有効になっていないか自分で確認する必要があります。

アプリ内の設定で無効にすることができる

電話番号・メールアドレスによるおすすめ表示は、Twitterアプリ内の設定から簡単に解除することができます。

設定手順は、次の手順で行います。

対処法

「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」へ進みます。

設定項目

  • メールアドレスの照合と通知を許可する
  • 電話番号の照合と通知を許可する

2箇所のトグルをオフにすることで無効にできます。

メールアドレス・電話番号の登録を見直す

メールアドレスや電話番号を他のものに変更できる方は、念のため変更しておいた方が良いかもしれません。

「設定とプライバシー」から「アカウント」へ進みます。

電話番号とメールアドレスそれぞれを編集することができます。

ユーザー名を一時的に変更する

「設定とプライバシー」から「アカウント」へ進みます。

ユーザー名を本名など、特定されやすいものにしている方は一時的に変更するといった対策も行っておきましょう。

「アカウント」から「ユーザー名」でアクセスすることができます。新しいユーザー名を入力後、「完了」で変更が適用されます。

また、特定されやすいTwitterネームやプロフィールも変更しておくのがオススメです。

アカウントを非公開状態にする

「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」へ進みます。

アカウントを非公開状態にすることで、ツイートや投稿したメディアを見られてしまうことを防ぐことができます。

「プライバシーとセキュリティー」から「ツイートを非公開にする」でフォロー承認がないと投稿を閲覧できない非公開アカウントにすることができますので、不安な方はこちらの方法も利用してみましょう。

Twitter(ツイッター)で「スペースが取得できません」でスペースに入れない不具合の詳細と対処法を徹底解説

現在、ツイッターで「スペースが取得できません」と表示されてスペースに入れない不具合が多発しています。 今回は、ツイッターの「スペースが取得できません」不具合の詳細や対処法を徹底解説していきます。 コン ...

続きを見る

 

-Twitter
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.