PayPayで502エラーが発生する原因と対処法を徹底解説

PayPay決済アプリにて502エラーが多発しています。

決済やチャージといった主要サービスは活用できるものの、アプリのところどころで502の文字を見かけるため、エラーが起きているとは一目見てわかります。PayPayの502エラーの原因と対処法を紹介していきます。


PayPayにて502エラーが発生

502エラー(502 Bad Gatewayエラー)とは、サイトが一時的にアクセスできなくなるエラーのことで、ブラウザとリンクしているアプリでも発生する場合があります。

PayPayでも2022年9月23日から24日にかけて、一部の項目で502エラーが発生して操作できないケースが見つかっています。

ホーム画面や履歴画面・クーポン画面にて発生

PayPayで502エラーが発生する場合がある項目は下記の通りです。

エラーが出る項目

  • ログインしたらホーム画面全体が502になる(操作不能)
  • クーポン画面でクーポン一覧のみ502になる
  • 履歴画面で各取引履歴の部分が全部502になる

このうち、ログインした際のホーム画面で502が出てしまった場合、アプリを一旦落とすしかありません。ログイン自体は正常に行われていて、次に起動した際にはログイン処理はスキップできる場合が多いです。

クーポン画面と履歴画面でも同様のエラーが出ていて、画面の他のメニュー項目はタップできるものの、肝心の履歴・クーポンの一覧の確認ができません。

アプリの読み込みでエラーが出たのが原因

502エラーの原因はPayPay側の通信エラーだと推測できます。

502エラーは元々ウェブサイトで発生する傾向があるエラーで、サイトの通信が遮断されて表示できなくなります。PayPayの場合はアプリではあるもののHTMLで作られていると考えられるため、502エラーは出ます。

アプリでもエラーが出ますし、エラーが出る時間帯(23日から24日)では公式サイトでも一部項目で502エラーが出ていた報告もありました。

一部の項目の確認ができない場合あり

502エラーが出た場合、ホーム画面で画面いっぱいにエラーが出た場合を除いて、一部の項目のみが見られなくなるだけです。

例えば、クーポンと取引履歴の画面でよくエラーが出ますが、これらの読み込みが行われないだけで画面下部のメニューアイコンのタップは行えます。操作自体は問題なく行えるため、エラーが出たと思ったらページを切り替えればいいだけです。

とはいえ、取引履歴の確認を今すぐしたい場合や決済でクーポンを使いたい場合は活用に支障が出るためどうしても不便に感じます。特にクーポンは手持ちのお金にも関係してくる問題です。

決済やチャージは行える

上記はPayPayで決済したばかりの画面ですが、画面下部にも502エラーが見られます。

しかし、同時に「支払い完了」とも緑色の項目で確認できるため、支払い自体は上手くいっていると考えられます。買い物している際にもエラーが出て会計時に立て込んでしまうこともありません。

決済及びチャージというPayPayの主要機能を使いたい場合は、エラーを気にしなくても問題はありません。

PayPay公式がTwitterのリプにて症状を紹介

PayPay公式はTwitterのツイートで全体公開でエラーの詳細を告知していませんが、「PayPayで502エラーが出た」旨のツイートにリプで謝罪と症状の説明をしています。

公式曰く「画面が正常に遷移しないエラーが発生した」とのことで、リプを送っていた9月24日14時ごろには既に復旧しているとの情報を出しています(こちらのアカウントからです)。

現状ではエラー解消はある程度収まっていますが、万が一違うタイミングで同じエラーが出た場合に備えて、対処法の知識はつけておいた方がいいです。

PayPayの502エラーの対処法

PayPayで発生する502エラーの対処法を紹介していきます。

再起動や通信環境チェック・キャッシュクリアに関しては下記を参考にしてください。

PayPayの本人確認時に読み取られた住所情報では認証ができませんと表示される問題について徹底解説

502エラーが出る他の項目を選んでみる

502エラーの発生率はそこまで高くはありません。そのため、一時的に502エラーが出ただけで他の項目を選んだ際には502が消えているケースも見つかっています。

残高とクーポンの項目で特に502エラーが出やすいので、いずれかの項目で502エラーが出た場合は、もう片方の項目を選択して502エラーが出てくるかを確認してください。

仮にエラーが出なかった場合は既にエラーが出るタイミングから脱することができたと考えて、そのまま操作すればもう502エラーは出ない場合があります。

決済中にクーポンの利用は控える

502エラーが出た場合は、決済はできてもクーポンは一覧が開かれないため使えない場合がほとんどです。

万が一エラーが出なかった場合でもクーポン関連でエラーが発生しているのは確かなため、割引が行われないエラーも同時に発生するケースもあり得ます。

そのため、エラーが見つかってしばらくはクーポンを使ってのPayPay決済は行わない方がいいです。運営曰く問題は解決したとの情報を出していますが、念には念を入れてもう数日様子を見るのがおすすめです。

履歴の確認は通知メールが残っている場合はそちらから確認できる

取引履歴の一覧でも502エラーが出る場合がありますが、もし取引履歴を今すぐ確認したい場合は、決済した際のメールを確認すれば部分ごとではありますが確認ができます。

例えば、「なぜかPayPay残高が減っている」「何を買ったか確認したい」場合に取引履歴を確認したくなりますが、減っている残高分の決済メールを見つければ問題はありません。

PayPayを偽った詐欺メールの場合もあるため、PayPay公式が送信する取引完了メールである「【PayPay】取引が完了しました (決済番号:)」のメール件名でメールが来ているかは確認してください。

位置情報をオフにする

PayPayでも「近くのお店」を見つけるために位置情報をオンにして活用する方法があります。502エラーは位置情報関連では出ませんが、動作に関係がある場合もあるため位置情報は切っておきたいです。

位置情報のオンオフ切り替えに関しては下記を参考にしてください。

位置情報アプリトリマの危険性や位置情報は常にONにしないといけないのかを徹底解説

AmazonでPayPayが使えない原因と対処法

AmazonでPayPayが使用できないと話題になっています。 今回はAmazonでPayPay決済ができない場合の原因と対処法について解説します。 コンテンツ1 AmazonでPayPayが使えない ...

続きを見る

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

楽天カード

楽天カードは会員数2000万人、10年以上連続で顧客満足度1位を獲得しているクレジットカードです。

申込が簡単で、比較的と折り易いと評判。

一般カードは年会費永久無料なのでメインのカードは勿論、「念のために一枚持っておく」カードにもおすすめです。

楽天カードの還元率は常時1%。楽天サービスの利用や楽天ペイとの紐付けで、更にお得に使うことができます。

クレカの還元は独自のポイントで分かり難いこともありますが、楽天カードの還元は楽天スーパーポイントで行われます。

楽天関連のサービスで使えますし、楽天ペイを併用すればそのまま買い物に使うことも可能です。

お得な入会キャンペーンやサービスが行われている事も特徴。カード管理アプリが使い易いなど、関連サービスも充実しているのもおすすめポイントです。

また、他のクレカに比べてもデザインが豊富なのも嬉しい点です。

おすすめポイント

  • 会員数2000万人
  • 10年以上顧客満足度1位
  • 永久年会費無料
  • 還元が楽天スーパーポイントなので使いやすい
  • 楽天ペイとの紐付けで更にお得
  • キャンペーンも充実
  • カード管理アプリなども使い易い
  • カードのデザインが豊富

イオンカード

イオンカードのオススメポイント!!

  • イオン銀行の普通預金金利が最大年0.15(税引後0.119%)(変動金利です)
  • 全国約55.000台のATMで、入出金手数料が365日24時間無料!!!
  • 振り込み手数料0円!!!
  • 電子マネーWAONのオートチャージ

以外にもお得な特典が盛りだくさん!!しかもなんとシネマ映画料金もいつでも300円引きです!

↑詳細や登録は上記から出来ます

バンドルカード

おすすめポイント

  • 簡単にクレジットカード代わりのカードを発行できる
  • 年会費・月額料金は無料
  • 紛失した際は一時停止すれば利用を停止できる(再開も同様)
  • VISA加盟店ならどこでも使える
  • 通販に強い!リアルカード発行で現実でも使える
  • 手元にお金がないときにおすすめ!
  • クレジットカードのように使い過ぎることがない

どんな人でも作成可能なVISAのプリペイドカードであるバンドルカードは、スマホアプリで簡単登録できます!

年会費や月額料金等、普通のクレジットカードにあるような要素はありません。登録しておくだけならタダで、緊急でお金が必要だけどお金がない時等に役立たせることが可能です。

登録後すぐに発行されるのは「インターネット専用」のバーチャルカードですが、リアルカード発行で現実のお店でも使えるようになります。

バンドルカードの「ポチっとチャージ」はあらかじめバンドルカードに残高を入れておくことができる機能ですが、入れた金額は完全後払いで、お金がない時にでも制限付きでチャージを行えます!

後払いでないと支払うことができないけどどうしても今すぐ商品が欲しい時等に活用してください!

 

-paypay(ペイペイ)
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.