解説、アプリの使い方

SNSデイズ

WiFiがつながりにくい場合の原因と対処法や、とっておきのオススメWiFiを徹底解説

更新日:

スマホのモバイル契約だけでゲームや動画を遊んでいるとすぐにスマホの定額分の通信料を使い切ってしまうため、通信制限のないWiFi回線を自宅用にひいている人がほとんどじゃないでしょうか。

ただせっかくWiFiをひいているのに繋がりにくいことがあります。原因はどこにあって、どのような対処法があるのでしょうか?下記でWiFiが繋がりにくい場合の詳細と対処法を徹底解説していきます。気になる項目や当てはまる部分があれば目次から飛んでみて下さい。

WiFiがつながりにくい原因

 

WiFiがつながりにくい原因はどこにあるのでしょうか?原因はひとつではなく、さまざまな理由があって事情により異なります。調子が悪いと感じたら、まずは原因が以下のどれにあてはまるのか確認してみましょう。

スマホやタブレットの不調?

スマホやタブレットなどのデバイスはいつまでも新品購入時の品質を保っているわけではありません。使っていると調子が悪くなることがありますし、アプリやゲームを入れすぎているせいで読み込みが遅くなっていることも考えられます。

Androidの場合ウィルスに感染しているかもしれません。デバイスの不調は原因がさまざまで特定しづらいですが、問題なく使えていたのに突然不調を感じたら、大抵スマホやタブレットが原因です。

ルーターが悪い?

機器の不調はスマホやタブレットのみ起こるものではありません。ルーターも通信機器なので、故障することがあります。長年使っていると不調は起こりやすいです。

電波状況が悪い?

機器に問題がなくても、場所的に電波を捕まえにくいところなのかもしれません。

どのサービスを使っているかによってエリアで通信がしづらい場所がありますし、周辺環境によってはエリアに問題がなくても電波が届きにくくなります。

速度制限がかかっている?

モバイルWIFIの場合プランによって月間で使える通信データ量が定められています。動画をたくさん見たり、大容量のゲームをやっているとすぐに月間の通信データ量の上限に達してしまいます。

ドコモやauなどは上限に達すると翌月まで128kbpsまで速度が落ちてしまい、普通にインターネットサーフィンするだけでも難しくなります。速度制限がかかると通知が来るのですぐに気づきますが、もし通知をオフにしていると制限がかかっても気づきません。

デバイスとルーターの距離が離れすぎている?

エリアに問題がなくても、デバイスとルーターの距離が離れすぎていると通信がうまくいきません。機器によって通信が円滑にできる適切な距離があって、それよりも距離が遠いとどうしても遅くなってしまうのです。

WiFiが繋がりにくい場合の対処法

WiFiIが繋がりにくい原因は、さまざまなものがあると分かりました。では繋がりにくいとき、どのように対処すれば良いのでしょうか。下記でWiFiで繋がりにくい場合の対処法を分類に分けて徹底解説していきます。

分類に分けて解説していきますので、気になる項目は目次から飛んで見てください。

デバイスを見直す

スマホやタブレットなどのデバイスの設定を見直したり、ウイルスチェックを行ったり、アプリをダウンロードしすぎていないか見直したりといったデバイスに問題があるかどうかの確認を行いましょう。

ただデバイスの見直しはある程度スマホやタブレットのことが詳しくなければ無理かもしれません。そんなときは応急処置としてとりあえず再起動してみることをおすすめします。

どうにもならなければデバイスを初期化するのもひとつの手段ですが、その場合データが全て消えてしまうため、バックアップなどが必要になります。

ルーターの点検・再起動

ルーターが古いと機器が重くなってしまいます。5年くらい同じものを使っているとどうしても故障する確率が高くなるようです。

ルーターも機器によってやり方が異なりますが、スマホなどのデバイスと同じように電源のオンオフや再起動が可能なので、やってみましょう。やり方が分からなければメーカーのホームページで説明書がダウンロードできるはずなので、見てみましょう。

あまり普段ルーターのことなんて気にしないものですが、ルーターの性能によって通信速度は変わります。特に買い換えに抵抗がなければ、最新のルーターに買い換えてみると格段に通信環境が改善するかもしれません。

電波状況の確認

契約しているサービスによって最適な通信ができるエリアが異なります。例えばiPhoneやiPadならばWiFi通信しているとWiFiのアイコンがデバイスの上部に表示されますが、もし通信に問題があると本来ならば全て明るくなるはずのWiFiアイコンが一部暗くなってしまいます。

もしWiFiアイコンが全て明るくなっていないなら、電波状況が悪いということです。不調の原因を探り、改善しましょう。

速度制限がかかっていないかプランの確認

速度制限がかかっているかどうかは各端末を契約しているサービスの会員情報を見れば分かります。

もし毎月プランの通信データ上限を超えてしまいがちならば、プランを変更してみるのもひとつの解決策です。

最適な通信環境を作る

通信環境はルーターとデバイスの距離が遠いならば間に中継機を置くなどすることで、かなり改善させることができます。周りに電気製品が多いと電気製品の発する電波が通信電波を妨げる原因となることもあるので、電気製品の電源を切ってみたりすると通信電波状況が改善することもあります。

最適な通信環境を自宅内で構築することで、今よりも通信速度が速くなり改善することが多いのです。

繋がりやすくて、安いオススメWiFi6選

もし特に原因が見つからなければ、お使いのサービスそのものがエリアや場所に適していないのかもしれません。そんなときは乗り換えを検討してみるべきです。

そこで乗り換えに最適なWiFiサービスを6つ紹介します。特徴はサービスによって異なるので、自分に合ったサービスを見つけてください。下記で分類に分けて徹底解説していきます。

SoftBank Air

WiFiを自宅につなぎたいけれど、工事が面倒と考えている人は多いです。SoftBankAirならば面倒な工事が不要で、機器をコンセントにさすだけですぐにWiFiの利用が可能になります

使い放題で毎月定額制なので、月々の通信量の上限を気にする必要がありません。4Gに対応しており、下り最大261Mbpsなので大容量のゲームのプレイにもさほど差し障りがなく楽しめます。

詳細は上記から確認・登録出来ます

基本料金は4,880円で、別にAirターミナルという機器の購入が必要です。Airターミナルは月々1,620円の36回払いですが、月々割で1,620円の割引がつくので36カ月契約をすれば機器代金は実質必要ありません。購入したく無い場合レンタルも可能で、レンタルは月々490円になります。

さらにSoftBankのスマホを5GB以上で契約していると、おうち割という割引がついて毎月1,000円安くなり、さらにお得です。時期によって内容は異なりますが、キャンペーンも充実しています。

↑詳細は上記から確認・登録出来ます

よほど大容量のデータをやり取りしない限りはSoftBankAirの速度に不満を感じることはないはずです。契約したらすぐに使えるところもうれしいメリットで、急いでいる人にもぴったりのサービスではないでしょうか。

C mobile

モバイルルーターですが、安定していることで定評のあるドコモのクロッシィ電波が使えるので、モバイルルーターにはあまり電波が強くないイメージがありますがそう心配はいりません。申込から1週間程度で届くので、1カ月も2カ月も待たされるということはありません。



 ↑詳細は上記から確認・登録出来ます

使い放題の場合基本料金は使い放題で3,600円、5G制限プランで2,800円となります。月割りによってルーターの購入代金はかかりません。月400円でONLY WIFI安心サービスに加入すればいざというときの故障や盗難の際、機器の交換をしてもらえます。

タブレットやノートパソコンのセットを申し込むと、最大20,000円のキャッシュバックを受けることもできます

タブレットセットで36回まで5,600円、ノートパソコンセットで6,300円となり、37回目以降は基本料金の3,600円となります。



 ↑詳細は上記から確認・登録出来ます

Broad wimax -ブロードワイマックス

ガチャピンのCMでおなじみのUQが運営しているブロードワイマックスを利用するならばギガ放題プランがおすすめです。月々7GBまで利用できるライトプランもありますが、3カ月目までならばライトプランと同じ月額基本料金2,726円で利用できるからです。

定額でデータ通信量無制限で使用でき、ルーターのSpeed Wi-Fi NEXT W05は別売りのクレードルを使用することで電波を拾いやすくなり、スピード感がアップします。

店舗受取訴求

↑詳細は上記から確認・登録出来ます

基本料金は「3年契約のギガ放題プラン月額最安プラン」として、税抜きで開通月を含む3カ月目まで2,726円、25カ月目まで3,411円、26カ月目以降は4,011円となります。

徐々に料金が上がりますが、最初の頃はかなり安く利用できるので、現在あまりお金がない人でも気軽に契約できます。

ガチャムク

↑詳細は上記から確認・登録出来ます

またauのスマホを利用しているならば、ブロードワイマックスのギガ放題ベーシックプランとauのauスマートバリューmineへの同時加入で月々の基本料金が1,000円割引になります。

キャンペーンがあって初期費用がお得になるなど、内容も充実しているのでauユーザーならば1度は使ってみたくなります。

SAKURAWiFi

SAKURAWiFiは機器をレンタルするシステムなので、早々に解約してしまっても違約金が発生しません。そのためお試しで少し使ってみたいというような軽い気持ちでの利用が可能になります。

詳細は上記から確認・登録出来ます

基本料金は機種の指定が不可のSAKURAアシストMUGENならば、ホームページ内にあるクーポンを利用すれば月に3,680円で利用できます。ただ初月のみオプションである月額500円のSAKURAガードか月額1,000円のSAKURAガードプレミアムへの加入が必須となりますが、セキュリティは絶対に必要なものなので、2カ月目以降もつけておいた方がいいでしょう。

詳細は上記から確認・登録出来ます

ソフトバンクの回線を使用しているため、全国ほぼどんな場所でも使えますし、速度にも不安を覚える必要はないでしょう。

唯一の難点はルーターがどれに当たるか分からないところですが、常々早期解約時の違約金に不満を感じていたような人ならばそれを差し引いても使ってみたいと思うのではないでしょうか。

NOZOMI WiFi

NOZOMIWiFiの特徴は、従来のSIMカードとは異なりクラウドSIMを利用する点です。SIMカードはスマホやタブレット利用時に個体情報を識別するために利用される小さなカードで、誰のものにも、AndroidにもiPhoneにも必ず入っています。

詳細は上記から確認・登録出来ます

契約をよく変える方ならば分かると思いますが、SIMカードは契約を変える度に入れ替える必要があるのですごく面倒です。薄くて小さいので紛失してしまわないかと不安になります。

クラウドSIMならばクラウドサーバーで情報が管理されるため、SIMカードのことを気にする必要がありません。

詳細は上記から確認・登録出来ます

基本料金は無制限プランで4,480円で、契約期間はありません。つまりSAKURAWiFiと同様に違約金が発生しないということです。

レンタルであることやソフトバンクの回線を使用しているという点でもSAKURAWiFiと似ています。SAKURAWiFiと違うポイントとして、お試しで1週間プランが送料込み2,980円で利用できるので、乗り換えが不安な人はとりあえず試してみましょう。

J-wifi

J-wifiもレンタルサービスで、今ならば新規入会で1,000円分のポイントがつくようです。レンタルなので契約の違約金はかからず、容量無制限、端末の費用もかかりません。

レターパックで全国どこでも届けてくれますし、一部の空港では空港内の郵便局留めにすることもできます。ルーターによってレンタル料金が異なり、短期よりは長期で借りた方が1日あたりの料金は安くなります。

詳細は上記から確認・登録出来ます

またauとSoftBankのどちらの回線も利用できるのが魅力的です。ずっと使うわけではないけれど出張や旅行で少しだけ使いたいといった場合でも利用しやすくなっています。

お手軽な分だけ1カ月以上借りる場合、他サービスに比べ若干割高感を感じるため、短期利用向きという印象があります。

詳細は上記から確認・登録出来ます

-その他

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.