千と千尋の神隠しの幻のエンディングは本当なのかを徹底解説

スタジオジブリ

千と千尋の神隠しの幻のエンディングが話題になっています。

今回は千と千尋の神隠しの幻のエンディングの詳細や対処法を徹底解説していきます。




千と千尋の神隠しの幻のエンディングが話題に

1月7日の金曜ロードショーで千と千尋の神隠しが放送され、大きな話題になっています。

1997年にもののけ姫が大ヒットし、その後の千と千尋の成功がスタジオジブリを日本のアニメスタジオの筆頭に位置付けたと評価する人もいる程です。

2001年の放送以後根強い人気を誇り何度も地上波で放送された千と千尋の神隠し。しかし実は放送の度に幻のエンディングについて論じられます

通常のエンディングでは、千尋は名前を取り戻して両親も元に戻り、ハクと別れてからトンネルを抜け、車に乗り込んで走り出すものになっています。

しかし期間限定で以下のような内容のエンディングが流れたと言われています。

幻のエンディング

  • 千尋が車の中で来る前に着けていた髪留めが銭婆から貰った髪留めに変わっていることに気が付き不思議がる(何故かは覚えていない)」
  • 新居に向かう途中、丘から引っ越し業者が既に到着しているのが見え母親が「もう業者さん来ちゃってるじゃないのー」と父親に怒る
  • 新居に到着後、引っ越し業者の1人から「遅れられると困りますよー」と注意される
  • 千尋が1人何気なく新居の周りを歩いていると短い橋の架かった緑ある小川があることに気付く
  • 橋から川を眺めていると千尋は一瞬ハッと悟ったかのような状態になりこの川がハクの生まれ変わり、新たな住み処であることに気付いた?かのように意味深に物語が終わる

これは2014年11月21日に千と千尋の神隠しが放送された際に、掲示板に投稿されたものが初出になります。

また少し違うバージョンのエンディングを見たと言う方もいます。

僅かな人だけが見たのであれば単なる勘違いで済むのですが、こちらの幻のエンディングについては「私も見た記憶がある」「少し違う気がするけど覚えてる」という声が多数挙がっています

幻のエンディングはジブリ側も都市伝説としていますが、トトロの都市伝説ほど強い否定では無かったため、一定の信憑性をもって度々話題になっている訳です。

期間限定やVHS限定と言われ確認が取り難い

千と千尋の神隠しの幻のエンディングは、一定期間だけ流れたとされています。

特に多いのが公開から1週間や初日だけ一部の劇場で流れたというものです。

またVHS限定で、幻のエンディングに差し変わっていたという報告もあります。

正直どれも確認が取り難い上に否定もしきれないため、結論が出ないまま議論が続いている訳です。

ラピュタは幻のエンドロールなので話が違う

千と千尋の神隠しの幻のエンディングと同じように、天空の城ラピュタでも幻のエンディングが話題になります。

ただ千と千尋の神隠しの幻のエンディングは映像もアテレコも行っている作品のラストを指すのに対して、ラピュタに関しては止め絵でスタッフロールが流れるエンドロールを言います。

エンドロールは尺の関係でテレビ局側が勝手に作り直す事があるので、千と千尋の神隠しとラピュタでは少し話が違っています

千と千尋の神隠しの幻のエンディングは本当なのか?

下記では千と千尋神隠しの幻のエンディングが本当なのかについて紹介していきます。

フィルムの差し替えは考え難い

千と千尋の神隠しの公開当時の事情として、映像を変えるにはフィルムの差し替えが必要でした。

フィルムは高価で印刷だけで135万円程度します。343館に配給されていたので、全てで差し替えると4億円以上かかってしまいます。

一部の館だけ差し替えにしても、彩色が失敗していたり一部の表現が問題視されたりなど、よほどの理由が無ければ行われる事はないでしょう。

ただ千と千尋の公開当初に、そう言った報道や問題は出てきていません。

今でこそ日本を代表するアニメスタジオであるジブリですが、千と千尋の神隠し製作時は主力アニメーター達の退社が相次ぎ、新しい若い女性ばかりの製作現場(油屋が女性中心なのはこれがモデルと言われています)になっており、かなり進行が遅れていました。

スタッフ10人が1ヵ月取り組んでも200秒、1年間にわずか40分しか仕上がらない計算で、途中から宮崎監督自身がレイアウトや作画チェックを手伝うという非常事態。

結局社内で仕上げたカットは全体のわずか50パーセント程度に留まり、残り半分は外部のアニメスタジオに委託。さらにスタジオジブリ創設以来初めて、韓国スタジオへの動画・彩色外注に踏み切った程です。

しかも本来千と千尋の神隠しは銭婆の家に向かう電車の中でも大きなイベントが起きる筈でしたが、製作スケジュールの遅れの都合でカットされたとすら言われています。

そんな余裕のない状態のスタジオジブリが大きな理由もなくフィルムを差し替えたと言うのは現実的ではありません

プロット段階では似たシーンは入っていた

実はプロット段階では、トンネルから出て車で引っ越し先に到着する部分まで描かれる予定だったとされています。

つまり幻のエンディングは全くの創作ではなく、本来描かれたかもしれない内容な訳です。

そのため本編との親和性が高く、内容説明を受けると情景が容易に浮かんでくるわけです。

設定の変更でつじつまが合わない

幻のエンディング部分は元々プロット段階では構想されていましたが、本編にそのまま組み込まれると設定が食い違ってしまいます。

幻のエンディングでは「新居に到着後、引っ越し業者の1人から『遅れられると困りますよー』と注意される」とされています。

ただこれはプロット段階の設定に準拠しており、本編の設定を照らし合わせるとおかしくなってしまいます

本編の最初の時点で、千尋たちは引っ越しのために新居に向かっています。

その途中で千尋達は不思議な世界に迷い込み、三泊四日を過ごします。

しかし不思議な世界は外の世界の10倍の速さで時間が流れるため、千尋達は一ヶ月以上神隠しに遭っていたと言う設定になります。

こうなると元の世界に戻った後に引っ越し業者が待っているのはおかしいため、幻のエンディングに近いプロットはカットされたのだと見られています。

流れで自分の理想のエンディングを書く人も

都市伝説と言うのは人気のあるコンテンツで、誰かが語る都市伝説を読んで楽しむ方もいれば、自身で作って披露する方もいます。

千と千尋の神隠しのエンディングについても似たことが起きており、「私が見たエンディングは少し違って、このようなものでした」と理想のエンディングを作って語っている方も多い訳です。

これは都市伝説関連の様式美であり、嘘を吐いて騙そうと言う意図ではありません。

SNS上でもこの流れで自身の見たと言うエンディングを語っている方もいるので、見かけても鵜呑みにしないようにしましょう。

似たシーンは劇中に存在するので記憶を繋げてしまっている可能性が高い

人間の記憶は非常にあいまいで、実は断片的にしか覚えておらず、断片を勝手に繋いだり時系列を入れ替えたりして、納得できるエピソードを作ってしまう傾向があると言われています。

特に小さい頃の記憶は勝手に繋いでしまいがちで、「覚えている記憶を親に確認したら全く違った」なんてことは多々あります。

また夢は起きる直前の30秒しか見ていないのに、勝手に記憶を繋げて一晩中見ていたような超大作に補完してしまうなんてことも言われます。

実は幻にエンディングに似たシーンや台詞は、本編や他のジブリ作品に存在します。

幼い日に見たそれらを脳が勝手に入れ替えて繋げてしまい、「そんなエピソード見たことがある」と勘違いしてしまっている事はあり得ます

基本的にはマンデラエフェクトと呼ばれる現象であると見られています。

作品をどう記憶しているかはその人の自由

千と千尋の神隠しの幻のエンディングは、実際には放送されていない可能性が高いです。

一番考えられるのは、「プロットを知っている方が幻のエンディングを投稿し、それを見た方がエピソードを見た気になってしまった」という事でしょう。

ただ作品をどう見るのかやどう感じたのかは個人の自由であり、「幻のエンディングを見た記憶がある」のであれば、それは作品から受け取った感動の1つです。

他の人が体験できていない事を得られているので、それは間違いや勘違いと切り捨てる必要はないでしょう。

また宮崎駿監督は実験的な挑戦をする事があるので、フィルムの差し替えを行った可能性はゼロではありません。

映画「天気の子」が感動すると話題に!あらすじをネタバレありで徹底解説!

天気の子公式 新海誠監督の最新作「天気の子」が公開になりました。今回は、「天気の子」のあらすじを、ネタバレありで徹底解説していきます。 コンテンツ1 「天気の子」の映画が公開!2 天気の子のネタバレ有 ...

続きを見る

 

-その他
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.