解説、アプリの使い方

SNSデイズ

小説アプリ「peep」が人気!最新のオススメ作品の概要をネタバレありで撤退解説

投稿日:

トーク風の小説が読めるアプリ「peep」が人気です。今回は、peepで読めるおすすめの小説を、ネタバレありで紹介していきます。




アプリ「peep」が人気

アプリ「peep」は、LINEのようなトーク画面の小説を読むことが出来るアプリです。

作品を書いているのは契約しているプロの作家で、高いクオリティが保証されているのが特徴です

時間を待てば無料でも読むことが出来、オススメのアプリになります。下記の記事ではアプリ「peep」について、更に詳しく紹介しています。

チャット小説アプリ「peep(ピープ)」の詳細やネタバレ・使い方など徹底解説

peepのおすすめ作品の詳細とネタバレ

下記ではpeepに掲載されている作品のあらすじを紹介していきます。ネタバレも含まれますので、注意してください

恐山愛子が××個の恐怖症を克服するまで

愛子は椅子や机にタオルを掛け、ゴム手袋やサングラスをして学校の授業を受けています。実は愛子は幼い頃に森で遭難し、その時の体験から、沢山の恐怖症を抱えてしまったのでした。

  • 木製のものや気を連想させるものを触れない『木』の恐怖症。
  • 緑色のものを長時間見続けられない『色』の恐怖症。
  • 少しの空腹でも不安や焦りを感じる『空腹』の恐怖症。
  • 何度も一人で過ごした夜を連想させる『暗闇』の恐怖症。
  • 『沈黙』の恐怖症。

日常生活を送る事さえ困難な愛子を支えていたのは、幼馴染の幹人でした。しかし、中三になった最初の日に、幹人が東京の料理学校に進学するつもりで、来年には愛子と一緒に居られないことを告げられます。

幹人と別のクラスになっただけでパニックを起こす愛子ですが、幹人が安心して旅立てるように自身の恐怖症を克服すると誓います。そして、全ての恐怖症が克服できた時、幹人に告白しようと決意するのでした

けれども、恐怖症の克服は中々上手くいきません。

そんなある日、愛子は体育倉庫に閉じ込められてしまいます。愛子は幹人に電話をしますが、暗闇と静寂から恐怖の記憶が次々に蘇り、電話の電池も切れそうで不安は増していくばかり。

愛子がハチ切れそうになった時、電話口の幹人が『今度こそ助けに行くから!』と叫びます。

実は、幹人は遭難した愛子を探しに行けなかったことを、ずっと気にしていたのです。

幹人の秘めていた思いを聞き、そして、彼が暗闇から助けてくれた事が強烈に心に焼き付き、愛子は暗闇や沈黙の恐怖症が緩和されま

後日、愛子はクラスメイトの花が、自分を倉庫に閉じ込めたことを知ります。幹人にその事を相談すると、『友達になっちゃえ』と無責任な言葉を貰います。

愛子は、試しに花に話しかけてみます。が、花はスマホばかり弄って話を聞いてくれません。

つい、「それ(スマホ弄り)、楽しいの?」と聞いてしまいます。

愛子の質問に花は表情を無くし、愛子を強引に植物園に連れていきます。恐怖症の症状で気を失いそうになる愛子でしたが、花もまたSNSから片時も目を離せない恐怖症に囚われていることを理解します。

愛子は同じく恐怖症に苦しむ花に本気でぶつかり、花の恐怖症の改善と関係改善を達成しました。同時に、木や緑への恐怖が花との和解の記憶に塗り潰され、恐怖症が和らぎました

愛子は仲良くなった花に促され、幹人との仲を進展させようとします。幹人を家に呼んで『空腹の恐怖症の改善の為に自分が間食しないか見張ってくれ』と頼んだのです。愛子を見張るために幹人も同じ部屋で寝ることになり、愛子は改めて異性として幹人に惹かれていることを自覚します。

そして、愛子は、寝息を立てる幹人に、好きだと伝えるのでした。

翌朝、幹人は愛子に尋ねます。

「そういえば、あといくつ残ってるんだ?」「21個あって5つと向き合ったから、残りは16個」

恐怖症を全て克服して、幹人にちゃんと告白する道のりはまだまだ険しそうです。

続編も出ているので、是非読んでみて下さい。

概要をチェック!

  • 愛子には沢山の恐怖症がある
  • 愛子を助けてくれる幹人が、来年遠くに行ってしまう
  • 一緒に恐怖症を克服を目指す
  • 5つの恐怖症を乗り越えて寝ている幹人に告白
  • 恐怖症は残り16個。本当の告白はまだまだ先 

監禁区域レベルX

涼花が自室のベッドで目を覚ますと、母親から凄い数の着信が入っていることに気が付きます。母親に連絡を取ると、現在涼花のいるマンションに未確認生物がおり、周囲一帯が立ち入り禁止区域になっていることが伝えられます。

そして、『部屋から絶対に出てはいけない』ことを伝えられると共に、同じマンションに居る修平にも外に出てはいけないことを伝えて欲しいと言われます。

無事に修平に連絡すると、彼は自衛隊である父親から仕入れた未確認生物についての情報も教えてくれました未確認生物はXと呼ばれ、地球外生命体なのか、深海や地底から出てきたのかすらも分からないということでした。

その時、マンションが震え、巨大な吠え声が聞こえました。

涼花はマンションのカーテンの隙間から外を確認し、Xのものらしきグロテスクな触覚を見て言葉を失います。その事を母に連絡すると、『外に出てはダメだし、カーテンを開けるのもダメだ』と怒られてしまいます。

母親によれば、Xは背中に巨大な花のあるトカゲのような美しい生物で、繁殖の為に地底から出てきたが、現在は寝ているとのことでした。

更にXが背中の花から飛ばした種子は人間に根付き、苗床となった人間を栄養にして新しいXが生まれるということでした。

母親と連絡していると、修平から慌てた様子で『部屋から出ろ』という連絡が来ます。驚く涼花でしたが、修平によると種子が根付いた人間は脳をコントロールされ、Xの繁殖を手伝うようになるとのことで、『部屋に居ては絶対に種子を植え付けられる』ということらしいのです。

その事を母親に伝えると『絶対に部屋を出てはダメ』『修平を殺しなさい』という連絡が来ます。

母親と修平、どちらの言うことが正しいのか?

涼花は、修平と共に部屋を出る選択をします。2人はすぐにXに襲われるようなことは無く、無事に安全圏に逃げ延びました。

しかし、涼花も修平もマンションの外を走っている内に気を失ってしまいます。

そして、部屋のベッドの上で目を覚ました涼花は、先程と同じく母親から沢山の着信が入っていることに気が付くのでした。

現在、Ⅶまで出ているので、気になった方は読んで見て下さい。

概要をチェック

  • 涼花が目を覚ますと辺り一帯の住人が避難している
  • 母親から連絡があり、避難の原因は未確認生物Xと伝えられる
  • 母親に『絶対に部屋から出てはいけない』と言われる
  • 幼馴染の修平と協力してマンションの外へ脱出
  • マンションの外で気を失い再び部屋でループ
  • 巻が進むとホラーからSF寄りになっていく

コンビニ強盗と愉快な人質たち

大学生のタツヤは、カップラーメンを買いに夜のコンビニを訪れます。しかし、突如コンビニ強盗が発生し、立てこもる犯人と一緒にコンビニの中に閉じ込められてしまいます。

コンビニの店長に幼稚園の時の初恋の相手である洋子先生、ヤクザを名乗る赤羽、果ては店長の子供の赤ん坊。人質たちは犯人そっちのけで、幼稚園以来の再会や、泣き出す赤ん坊の世話にてんやわんやです。

イラついた犯人は、拳銃を取り出して人質達を大人しくさせます。暫くは大人しく従っていた人質達ですが、犯人の隙をついてタツヤが警察と連絡を取ります。

警察とのやりとりの間に突入準備が整っている事を知りますが、店長が猿轡をされて縛られているのでゴーが出せません。

なんとか店長の拘束を解きますが、今度は犯人が店長の息子のカズヒロであることが判明。店長は、人質たちに自分が犯人だと口裏を合わせてくれと頭を下げます。

しかし、洋子先生の説得により、カズヒロにしっかりと罪を償わせることになります。投降前に、洋子先生が全員に味噌汁を振る舞い、カズヒロが更生して出所してくるのを皆で待つことを約束し合います。

タツヤは、このコンビニでバイトすることにします。そして、出所してくるカズヒロに美味しい味噌汁を振る舞えるように、洋子先生に料理を習い始めるのでした。

概要をチェック!

  •  コンビニ強盗よりも人質たちの方が個性豊か
  • 登場人物たちの人間関係が複雑に絡み合う
  • 事件を越えて、人質たちも犯人も大事な仲間に

あの世に一番近い古書店~希死念堂~

親友のつぐみが自殺し、悲しみ暮れる里沙は、不思議な本屋『希死念堂』を見付けます。死を思わせる本ばかり揃えられた本屋に嫌な物を感じた里沙でしたが、1つ気になる本を見付けます。

作者が『つぐみ』になっている本。店主のオススメするその本は、あの世にいるつぐみのエッセイ本でした。

驚きながらも本を読み進める里沙でしたが、つぐみの近況を知れることに喜びます。

けれど、つぐみが『自殺した罪』で地獄に行かねばならない事実を知ってしまうのです。

本屋の主人につぐみを救う手立てがないか相談しますが、主人は首を振るばかり。ただしおりをくれるだけで、役に立ちません。お寺や霊能力者にも相談しますが、里沙を変な奴だと決め付けるばかりで、どうにもなりません。

とうとう里沙は『自殺してつぐみに会いに行く』という選択をします。車に目張りをして練炭を焚き、意識が遠のいていくのを感じました。

やがて、里沙は走馬灯の中でつぐみに会います。思い出の公園でつぐみと話をし、懐かしい気持ちになります。

けれども、一緒に旅立とうとしたところで、つぐみは『絶対に来てはならない』と、里沙に別れを告げます。

涙を流して一緒に行くと訴える里沙でしたが、つぐみは里沙の気持ちだけで、頑張っていけるんだと、感謝を述べて消えていきます。

里沙は目を覚ますと、朦朧としたまま車のドアを破って外へ出ました。次に目を覚ましたのは病院のベッドの上で、自分が一命を取り留めた事を知ります。

実は、店長からもらったしおりは「死降り」というアイテムで、一度だけ死んだ人と会話ができるものでした。店長曰く、本当は一緒にあの世に行くためのアイテムだったとのことです。

高価な「死降り」を無料であげてしまった事をお手伝いの少年に怒られながらも、今日も『希念死堂』はひっそりと営業を続けています。

概要をチェック!

  • 親友のつぐみの死に悲しむ里沙は、あの世でつぐみが書いているエッセイを手に入れる
  • エッセイにより、つぐみの地獄行きを知る
  • 里沙は自分も死んでつぐみの側に行こうと決意
  • あの世からつぐみが会いに来て『里沙には生きて欲しい』と伝えられる

夢子ちゃんち

ある時、夢子の親友の奈緒美とカオルが、夢子の家に遊びに来たいと言い出します。夢子は困ってしまいますが、夢子の家族は大歓迎。奈緒美とカオルを歓待します。

しかし、夢子の家はお化け屋敷と呼ばれる洋館で、不気味な事ばかりおきます。奈緒美とカオルは慌てて逃げ出し、マコトとシゲルにそのことを話します。

その翌日から、夢子に対するイジメが始まりました。

お化けだとしてイジメられる夢子は日に日に憔悴していき、夢子の家族は彼女達への復讐を決めます。

実は、夢子の家族は化け物なのですが、何故か夢子だけは人間として生まれてしまったのでした。

マコトとシゲルは殺されて料理にされ、奈緒美とカオルはそれを食べさせられます。そして、奈緒美とカオルも土に埋められ、石で顔面を潰されそうになってしまいます。

そこへ、夢子が帰ってきて家族を止めます。

とは言え、夢子だって簡単に4人を許せる訳がありません。自分自身は悪くないのに、信じていた奈緒美とカオルに裏切られた苦しみを訴えます。

それでも、夢子にとって2人は初めての友達であり、仲良くしてくれたことは何よりの思い出だったと2人を解放します。

翌日、マコトとシゲルは何事もなく登校していましたが、夢子の事は覚えていません。夢子も学校に来ることはありませんでした。

騒がしい家族は、今度は田舎への引っ越しを決めていたのでした。

概要をチェック!

  • 夢子の家に奈緒美とカオルが遊びに来る
  • 夢子の家で不思議な出来事が起こり、夢子はいじめの対象に
  • 夢子の家族は化け物で奈緒美とカオル達に復讐を始める
  • 夢子によって奈緒美やカオル達は助かるが、夢子はこの町から姿を消してしまう

オルゴールは鳴りやまない

リノベーションした中古物件を購入した仲良し4人組の真哉、雄二郎、沙枝、心奈。いい物件を安く手に入れてシェアハウスできることを喜びます。

そんな物件には高価なオルゴールが置いてありましたが、壊れているのか音が鳴りません。ヨーロッパ製の高価そうなオルゴールだったため、オブジェ代わりに飾っておくことにします。

そんなある日、真哉はオルゴールの音で目を覚まします。

翌朝確認しても、オルゴールは壊れたまま。他の3人に確認しても、オルゴールなんて聞こえなかったと答えます。

不思議に思った真哉はオルゴールを調べ、挟まっていた紙を見付けます。

  1. オルゴールを最後まで聞いてはいけない
  2. その曲を口ずさんではいけない
  3. オルゴールを

紙にはこんなことが書いてありましたが、3番目は文字が消えていて読み取ることが出来ません。

不審に思った4人は、霊感のある栞に相談します。栞がオルゴールから嫌な感じがすると指摘すると、突然オルゴールが鳴り出します。

そして、心奈が何故か曲を口ずさみ、外に飛び出します。そのまま車に轢かれて、心奈は命を落としたのでした。

慌てて調べてみると、今までの家の持ち主は、全員不慮の事故で亡くなっていました

今すぐにでもオルゴールを捨てたいと思いましたが、3番目のルールが『オルゴールを捨ててはいけない』かもしれないと栞に言われ、困り果ててしまいます。

そして、オルゴールはことあるごとに鳴り続け、不思議な現象は止まりません。

とうとう、雄二郎が気味悪がってオルゴールを捨ててしまいます。しかし、何故か紗枝がオルゴールを持って帰ってきてしまいます。

雄二郎は、紗枝が拾ってきたオルゴールを壊そうとしますが、ハンマーで叩いてもビクともしません。

それどころか、雄二郎は突如オルゴールの曲を口ずさみ、操られるように外に出ていってしまいます。そして、電車に轢かれてしまうのでした。

紗枝の様子がおかしいことに気付いた真哉と栞も、オルゴールを分解して壊そうとします。けれど、オルゴールを壊そうとすると紗枝が苦しむことを発見します。どうやら、オルゴールの怨念が紗枝に憑りつき、彼女を操っているようなのです。

更に、真哉も誰かに乗っ取られたように様子がおかしくなってしまいます。

栞は、オルゴールを掴んで海に走ります。追ってくる真哉を振り切って、オルゴールを海に投げ入れます。しかし、真哉がオルゴールを拾う為に海に飛び込み、二度と帰ってきませんでした。

意気消沈した栞が物件に帰ると、そこには溺死した紗枝の死体がありました。そして、紗枝の口からはオルゴールを掴んだ真哉の腕が飛び出ていたのでした。

オルゴールはゴトリと床に落ち、真哉の腕は勝ち誇る様に空に伸びていました。

概要をチェック!

  • 仲良し4人組が中古物件を購入するが、家には壊れたオルゴールが置いてあった
  • オルゴールには注意書きが挟まっていた
  • オルゴールのせいで不思議な現象が起こる
  • 仲良し4人組は全員死亡。処分したオルゴールも家に戻ってきてしまう

先日助けていただいた×××です

ある日主人公は、『助けた相手から恩返しが受けられる』という不思議なミサンガを手に入れます。

興味本位で着けていた主人公の部屋に、ある夜不思議な男が訪ねてきます。なんと、男は小学生が落とした消しゴムで、届けてくれた主人公に恩返しにきたとのことでした。

ユニークな恩返しに気を良くした主人公は、もっと恩返しを受けるために街に繰り出します。しかし、うまいこと困っている人は見付かりません。

収穫なく帰った主人公でしたが、またもや彼の家に誰かが訪ねてきます。それは、空き缶や旗、風船などでした。『道端の缶をごみ箱に捨てた』とか『倒れていた旗を直したとか』腑に落ちないながらも、主人公は恩返しを受けます。

主人公は、『今度こそ生物の恩返しが受けたい』と、困っている犬とか猫がいないか探しに出かけます。そんな時、今にも飛び降り自殺をしようとする女子高生を見付けてしまうのです。

主人公は、消防や警察と協力して無事に女子高生を救うことに成功します。

その夜、主人公の家を訪ねるモノがありました。

『あの女子高生が恩返しに来たのか!?』と喜ぶ主人公でしたが、それは期待外れ。恩返しに来たのは、女子高生が着ていたセーラー服、革靴、下着でした。

主人公は、どうやらミサンガは無機物にしか使えないと理解します

いい加減的外れな恩返しを受けることに辟易していた主人公でしたが、いい事を思い付いて自殺しようとしていた女子高生に連絡します。

「そのミサンガを着けて、人助けをしてみな」

それは自殺を止められて不平不満の止まらない女子高生に、ミサンガをあげることでした。

彼女に『この世界が面白いって知ってもらわないと』。主人公は女子高生を楽しませる計画を練りながら、またもや知らぬ間に無機物を助けていたのでした。

概要をチェック!

  • 主人公が助けたものから恩返しを受けることが出来る「ミサンガ」を手に入れる
  • 助けた?消しゴムや風船などから不思議な恩返しを受けることに
  • ある日自殺しようとする女子高生を助けるも『女子高生の衣服』から恩返しを受けることに
  • ミサンガは面白いが、役に立たないと結論を出す
  • 自殺をしたがっていた女子高生にミサンガをあげて、『世界は面白い』と教えてあげることに

2019年ゲーマーが紹介する通勤・隙間時間・寝る前にオススメのハマる人気ゲームアプリを徹底解説

他にオススメのチャット型小説は!?

チャット型小説「peep(ピープ)」以外にも無料で読めるオススメチャット型小説をご紹介します。

「TELLER テラー」

アプリ「TELLER」は二分で読める、新感覚チャットノベルアプリです。たった二分で展開する劇的ストーリーをお楽しみいただけます。

いわいるLINE感覚で読める物語のようなもので、短くそしてLINEのように読めるので読みやすくなっています。そしてなんと無料で小説を読む事が出来ます!

 

-その他

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.