5Gはどうやったら使える?iPhoneでも使用できるのか?詳細と使用方法を徹底解説

日本でも本格的に5Gを利用したインターネット通信が本格的になってきました。
5Gを利用することで、通信速度が著しく上昇し、ダウンロードなどは大幅な時間ができると言われています。

それでは、5Gはどうすれば使えるのか、またiPhoneでの使用方法などの詳細を徹底解説していきます。


5Gはどうやったら使えるのか

指定されたエリアのみで使える

Softbank

5Gはどこにいても使えるわけではありません。
各キャリアごとに指定された地域でしか使用することはできません。

キャリア対象エリア(一部エリアのみ)
docomo北海道
宮城県
東京都
千葉県
岐阜県
石川県
京都府
大阪府
和歌山県
兵庫県
広島県
愛媛県
香川県
福岡県
沖縄県
三重県
富山県
福井県
長崎県
Softbank東京都
大阪府
広島県
千葉県
石川県
福岡県
au北海道
埼玉県
千葉県
東京都
富山県
静岡県
愛知県
大阪府
岡山県
広島県
愛媛県
福岡県
佐賀県
大分県
沖縄県

また、対象の都道府県に住んでいるからと言って、どこでも利用できるわけではありません。
docomoに関しては、一部交通施設やスタジアム施設や商業施設、ドコモショップ等に限定して使用が可能です。

ソフトバンクは、対象となる都道府県が他のキャリアに比べて少ないですが、その分対象となるエリアが広いです。
どこでも使えるわけではありませんが、上記の都道府県の主要エリアに行けば、問題なく5G回線を利用できます。

auは3大キャリアで最後に、5Gのプランを発表しました。
auは対応しているエリアがかなり少なく、上記の都道府県でも「北海道河西郡更別村字更南の一部」とかなり場所が限定的です。

各キャリアごとに使えるエリアは異なるので、5G対応している端末を購入してもエリア外であれば、使用は不可能です。
端末を購入するときや、5Gプランに加入するときは、自身の使っているキャリアと対象エリアを必ず確認するようにしましょう。

5Gを使える対応の端末が必要

docomo

キャリア対応している端末
docomoGalaxy S20 5G SC-51A(2020年3月25日発売)
AQUOS R5G SH-51A(2020年3月25日発売)
Xperia 1 Ⅱ SO-51A(2020年4月下旬以降発売)
LG V60 ThinQ 5G L-51A(2020年4月下旬以降発売)
Galaxy S20+ 5G SC-52A(2020年5月下旬以降発売)
Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A(2020年6月下旬以降発売)
arrows 5G F-51A(2020年6月下旬以降発売)
SoftbankAQUOS R5G(2020年3月27日発売)
ZTE Axon 10Pro 5G(2020年3月27日発売)
LG V60 ThinQ 5G(2020年4月下旬以降発売)
OPPO Reno3 5G(2020年7月下旬以降発売)
auXperia 1 Ⅱ SOG01(2020年5月以降発売予定)
Galaxy S20 5G(2020年3月26日発売)
Galaxy S20+ 5G(2020年5月以降発売予定)
AQUOS R5G(2020年3月27日発売)
OPPO Find X2Pro (2020年7月下旬以降発売)
Mi 10 Lite(2020年7月下旬以降発売)
ZTE a1(2020年7月下旬以降発売)

5Gはどの端末でも使えるというわけではありません。
2020年3月26日時点では、上記の端末のみしか5Gを利用することはできません。

対応していない端末で、5Gプランを契約して、対象エリアに行っても4Gのままの接続となります。
5Gを利用したい場合は、最速だとdocomoの「Galaxy S20 5G SC-51A」「AQUOS R5G SH-51A」を利用しなければなりません。

他の機種に関しても、随時発売していく流れとなっており、ラインナップも増えていくものだと思われます。

iPhoneでは現時点では使用不可能

現在、iPhoneの最新機種はiPhone11シリーズですが、iPhone11では5Gを利用することはできません。
2020年3月27日に、新しいiPadも発売されますが、こちらも5Gには対応していません。

現時点で、iPhoneを含むAppleの商品で、5Gを利用することはできません
iPhoneで5Gを利用できるとすれば、新しい機種となるiPhone12やSE2が発売されるタイミングとなります。

噂されている発売時期で、一番早いのは2020年3月31日になります。
このタイミングで新しいiPhoneが発売となれば、iPhoneユーザーもすぐに5Gを利用することができます。

他にも、iPhone12は9月に発表されるのではないかという声もあります。
Appleは毎年9月に新作を発表しているので、いつも通りであれば9~10月に最新機種が発売されます。

注意ポイント

ただ、新型コロナウイルスの影響によりiPhone12の発売が遅れるのではないかとも言われています。

各キャリアの5Gプランに加入する

キャリア料金プラン
docomo5G ギガホ(4480円/月)
5G ギガホライト(1980円~/月)
Softbankメリハリプラン(3480円~/月)
auピタットプラン 5G(4150円~/月)
データMAX 5G(8650円~/月)

5Gを利用するためには、各キャリアの5Gプランに加入しなければなりません

docomoのプランは基本的に2種類のみとなっています。
5Gギガホは100GBまで使い放題のプランで、5G ギガホライトは使った分だけを請求されるプランです。

Softbankは50GBまでが使えるプランで7か月目までは3480円、8か月以降は4480円というプランになります。
また、使用した通信量が2GB以下であれば自動的に1500円の割引が適用されるようになっています。

auの5Gプランはこのほかにも、ネットフリックスとセットになっているプランなどもあります。
データMAXを選べば、使い放題となりピタットプランはそれぞれGBに合わせた値段設定となっています。

ピタットプラン

  • 1GBまで…4150円
  • 4GBまで…5650円
  • 7GBまで…7150円

また、auは5Gプランが新しく追加される事により、4G向けの料金プランも6月2日に新しく変更されます。

各キャリアの5G開始時期

ポイント

  • docomo…2020年3月25日
  • au…2020年3月26日
  • Softbank…2020年3月27日

各キャリアの5G開始時期は、軒並み揃った状態で開始となります。
Softbankが真っ先に開始時期を発表していましたが結果的には、5Gを開始するタイミングは最後になっています。

ただ、どのキャリアに関しても、使用できるエリアは限られており、全国に広まるまではそれぞれ時間がかかると思われます。

楽天でも6月に5Gが使える

楽天モバイル

また3大キャリア以外にも、楽天モバイルでも2020年6月ごろに5Gに対応すると発表しています。
5G開設を記念して、さまざまなキャンペーンも開催されているので、楽天モバイルの詳細を知りたい方は、下記記事を是非ご覧ください。

楽天モバイルの新プランが発表!月額2980円でキャンペーンで1年間無料!詳細と注意点や申し込み方法などを徹底解説

急いで5Gを利用しなくてもよい

5Gは通信速度が速く、ダウンロード時間の短縮などに有効な通信サービスです。

ただ、使用できる機種も少なく、エリアも限られているサービスです。
今焦って5Gを利用しても、メリットは少ないと考えられます。

東京に住んでいたとしても、少し外れてしまえば、5Gの適応エリア外になってしまうので、4G環境と通信速度は変わりません。
値段が今までよりも、そこまで高いという印象はありませんが、焦る必要はありません。

どのキャリアを利用していたとしても、これからエリアが拡大していくのは間違いありません。
特にiPhoneを愛用している場合は、対応機種もないので、焦らず全国的に5Gが安定して利用できるようになるまで、待つことをおすすめします。

楽天モバイル「UN-LIMIT」iphoneは申し込めない?今後は?詳細や理由を徹底解説

 

-その他
-, , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.