楽天モバイルの新プランが発表!月額2980円でキャンペーンで1年間無料!詳細と注意点や申し込み方法などを徹底解説

2020年3月3日に、楽天モバイルでは新プランが発表されました。
今までの料金設定を覆す、破格の値段設定となっており、かなり話題となっています。

それでは、楽天モバイルの新プランの詳細、申し込み方法や、メリット・デメリットについて解説していきます。


楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」

楽天モバイル

プランは月額2980円の1つだけ

2020年3月3日に発表された、楽天モバイルの新プランは「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」というプランになります。
このプランが発表されたことにより、楽天回線では従来のプランは廃止となり、新規の申し込みは不可能となります。

「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」では楽天回線エリアでは完全にデータ使い放題となり、追加料金がかかりません。
通常プランには2GBまでの使用料が含まれており、それ以上の通信をエリア外で行う場合は最大128kbpsに制限されます。

もし、データ制限を受けずに使用したい場合は1GB辺り、500円の追加料金が必要となります。

対象者300万人に契約から1年間は無料

「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」は、先行申込者を対象に1年間、基本使用料を無料にするキャンペーンを開催します。

対象者は先着順ではありませんが、300万人に達成した時点で終了と公式サイトに記載があります。
申し込み状況により変動があると書いてあるので、申し込みした時間などによって多少の優遇は聞くと思います。

  • 「Rakuten UN-LIMIT」に新規お申し込み
  • 「Rakuten UN-LIMIT」に他社から乗り換え(MNP)でお申し込み
  • 「Rakuten UN-LIMIT」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行手続き後、お申し込み
  • 「Rakuten UN-LIMIT」に無料サポータープログラム「100GB無料プラン」からプラン変更しお申し込み

楽天モバイル

上記が1年間無料になるキャンペーンの対象者となります。

ただ、支払期限を守らなかったり、楽天会員を退会しているユーザーは対象外となります。

事務手数料もポイントで還元される

300万名対象として開通時にかかる事務手数料3300円を楽天ポイントとして還元すると発表されました。
対象となるのは、開通月の翌月末までに「Rakuten Link」の初回起動・登録などを完了することです。

ただ、無料サポータープログラムプランに加入しているユーザーは対象外となっています。

オンライン契約で3000ptプレゼント

楽天モバイルをオンラインで契約することで3000ptの楽天ポイントがプレゼントされます。
プレゼントを受け取ることができるのは2020年6月30日までに、オンライン新規契約で「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」に申し込んだ人のみです。

また、2020年8月31日までに「Rakuten Link」の初回起動・登録などを行う必要もあります。

Rakuten Linkを使えば通話・SMSが無料

 

楽天はGooglePlayより「Rakuten Link」というアプリをリリースしています。
「Rakuten Link」を使用し、メッセージや通話をすることで、世界中どこからでも無料で利用が可能です。

最大100人までと同時チャットもできるアプリで、写真や動画の交換なども行えます。

「Rakuten Link」を利用するためにはAndroidの使用と、楽天回線である必要があります。

「Rakuten Link」を使用しないで通話をした場合は、30秒辺り20円の料金が発生します。
SMSの場合は国内では70文字/3円、海外は70文字/100円となっています。

海外にも月額980円でかけ放題

 

アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クロアチア、サンピエール・ミクロン島、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア

楽天モバイル

上記の海外66か国については、グローバル料は無料で国内とは別に2GBのデータ容量を使用することができます。
Rakuten Linkを使用し、国際電話かけ放題に加入すれば、上記の国であれば通話料は無料となります。

2GBを超えた場合は、通信速度が最大128kbpsに制限されます。
こちらもデータ制限を受けずに使用したい場合は1GB辺り、500円の追加料金が必要となります。

国際電話かけ放題の対象となるのは日本から海外へ電話をかけた場合に限ります。

楽天回線エリアでは使い放題

「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」は楽天回線エリアでは、使い放題となります。
対象となるエリアは東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪・京都・兵庫の一部と発表されています。

ただ上記の都道府県であっても対象外となることがあります。

自身の住んでいる地域が対象となるかは、特設サイトより確認することもできます。
現在地をタップして、どこまでが対象となっているか確認してみましょう。

現時点では、楽天回線エリアはかなり絞られていますが、2021年3月までに全国に拡大する予定と発表しています。
対象となるエリアが増えれば、全国で通信量が使い放題となります。

宇宙からの通信も視野に入れている

楽天回線をカバーするエリアは、地球からではなく宇宙からのカバーも視野に入れています。

楽天はアメリカの企業「AST & Science」と締結を結んでおり、AST & ScienceはLTEや5Gエリアを構築できる人工衛星の開発に取り組んでいます。
この開発が上手くいき、楽天との締結が結ばれたままであれば、宇宙からの通信環境を整備することができます。

宇宙からの通信ができるようになれば、地震や台風といった天災による影響で通信環境が乱れるといった不具合が起きません。
楽天回線で、宇宙からの通信が実現すれば、通信業界に大きな変化をもたらすといえるでしょう。

5Gプランも6月に開始される

楽天は会見で5Gプランもリリースすると発表しています。
5G元年と言われている2020年ですが、プランは6月からとなっています。

また、料金は不明となっており、今回発表された「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」とは別のプランだと予想されます。

サービス開始は2020年4月8日~

「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」の利用は2020年4月8日~となっています。
それまでは、楽天回線の新規申し込みだけが対応しています。

au/docomoからの乗り換えや、楽天モバイルのMVNOユーザーからの移行に関しては2020年4月8日より申し込みを開始します。
また「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」が開通することによって、従来のMVNOサービスの新規申し込みは2020年4月7日までとなっています。

ただ、サービスが停止するというわけではなく、今もMVNOサービスはしばらく継続すると発表もしています。

メリットとデメリット

安い料金で使い放題

キャリア使い放題の料金
Softbank7480円/50GB
au7150円/25GB
docomo6980円/30GB

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」は月額2980円で利用ができます。
対象エリアで通信を行う場合や、Rakuten Linkを使用した場合は通話やSMSが無料となります。

他社のキャリアの使い放題プランと比較すると料金が安くなるのは一目瞭然です。
しかも、他社では使い放題といっても、上限が設けられています。

今後新しいプランを他社キャリアが発表する可能性はありますが、2020年3月時点では楽天モバイルが最安値で使い放題プランを使えるといえるでしょう。

Wi-Fiがメインであれば安い料金で使用可能

通信をするときに、Wi-Fiがメインであれば、楽天モバイルが圧倒的に得になります。
指定地域でなければ通信量がかかるということはありますが、Wi-Fi接続が多いなら2GBでも十分利用はできます。

基本料金だけを見た場合でも、2980円はかなり安い価格なので、Wi-Fiをメインとして使っている場合は、「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」がおすすめです。

気付かないうちに指定エリア外で通信している可能性もある

「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」は、対象地域が限られており、対象外の場合は月2GBと制限があります。
1GB辺り、500円で追加はできますが、追加料金がかかってしまいます。

また、対象地域にいると思っていても外れていれば気づきません。

楽天モバイルでは設定で対象エリア外になった時に、通信をオフにする機能などはありません。
知らないうちに、2GBを超えてしまい、通信制限がかかってしまう可能性もあります。

自身が対象エリアで通信しているかどうかは特設サイトで随時確認する必要があるといえるでしょう。

Rakuten Linkを経由しないと料金が発生する

利用方法通話SMS
Rakuten Link同士0円0円
Rakuten Link利用0円0円
通常使用20円/30秒3~100円/70文字

「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」を使用している場合でも、Rakuten Linkを使用していない場合は料金がかかってしまいます。
通話料金や、メッセージ料金はRakuten Linkをダウンロードした方がいいです。

お得なキャンペーンを獲得することもできるので「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」を利用する場合は、Rakuten Linkを使用するようにしましょう。

iPhoneでは使えない

「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」はAndroidのみが対象となっています。
iPhoneで楽天モバイルは利用できますが、「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」は利用できません。

iPhoneが使えない原因に関しては、下記記事で紹介していますので、ご覧ください。

楽天モバイル「UN-LIMIT」iphoneは申し込めない?今後は?詳細や理由を徹底解説

全機種SIMロックフリーで販売される

「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」の対応製品を楽天は「多彩な製品をすべてSIMロックフリーで販売する」と発表しました。
SIMロックがかかっていると、他社で乗り換えの時にキャリアでSIMロックを解除してもらう必要があります。

SIMロックを解除するためには料金が発生しますが、楽天モバイルで機種を購入することで、SIMロックを解除する料金が発生してないというメリットがあります。
楽天モバイルで端末を購入した時は乗り換え先のキャリアでも簡単に使えるといえるでしょう。

新プランの申し込み方法

キャンペーン対象は2020年6月30日まで

ポイント

  • 契約事務手数料がポイントで全額還元
  • オンライン契約で3000Ptプレゼント
  • 1年間基本使用料無料

楽天モバイルでは、キャンペーンで上記のようなメリットがあります。
このメリットを全て受けるためには、2020年6月30日が期限です。

他のキャンペーンは300万人限定となっているので、キャンペーンの対象となりたい場合はなるべく早く申し込みを行いましょう。

ウェブサイトからは2020年3月3日(火)16:00~申し込み可能

特設サイトからは新規申し込みのみ受付が可能です。
乗り換えやすでに楽天モバイルを契約している場合は、2020年4月8日より受付開始しています。

特設サイトにアクセスしたら「お申し込み」をタップしてください。

ページをスクロールし「申込はこちら」をタップします。

オプションを選択し「購入手続きへ」をタップして下さい。

もう一度「購入手続きへ」をタップします。

楽天会員であれば、そのままログインをしてください。
非会員の場合は「会員登録されていない方はこちら」より会員登録を済ませましょう。

会員登録を済ませ、ログインしたら「注文を確定する」をタップすると、注文は完了です。
商品が到着するまで、しばらく待ちましょう。

店舗受け付けは2020年3月4日(水)各店舗開店時より

オンライン決済が出来ない場合は、店舗での契約も可能です。

ただ、店舗で契約した場合はオンライン契約特典3000ptをもらうことができません。
その場合は、直接店舗に行き、新規契約の申し込みをして下さい。

近くの店舗は特設サイトより、検索が行えます。特設サイトより近くの店舗を検索し、店舗に行き契約を行いましょう。

楽天モバイルの公式サイトに繋がらない!詳細と対処法を徹底解説

 

-格安SIM
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.