世界サッカー観戦アプリ「UEFA.tv」の登録方法や使い方・注意事項を徹底解説

サッカーを観戦する動画サイトとしてメジャーなものは「DAZN」ですが、2020年になって一部サッカーリーグが未対応になりました。

「UEFA.tv」なら比較的多くのサッカーのライブ配信に対応しているので、海外サッカーの情報をくまなく集めることができます!


海外サッカー視聴アプリ「UEFA,tv」とは

UEFA.tvとは

  • 世界のサッカーリーグの情報、ライブ配信、見逃し配信に対応している
  • 登録は完全無料、視聴後も料金なし
  • 日本のスポーツ観戦アプリで視聴できないサッカーリーグを視聴できる傾向あり
  • 試合を左右するハイライトがおすすめ
  • 海外アプリなので英語で記載されていてアプリStoreも英語

UEFA.tvは日本ではDAZNに次ぐサッカー観戦アプリとして知られていました。

視聴できるリーグはDAZNと完全に差別化されているのがポイントで、例えばDAZN限定のチャンピオンズリーグ等はUEFA.tvではハイライト限定でしたが、DAZN等他メディアが取り扱っていないEURO2020等のリーグはライブ配信で1から100まで視聴可能です。

さらに、登録は完全無料で視聴に料金を取られることもありません。視聴したい試合が開始される(ライブ配信がスタートする)時間帯に生視聴できる便利なサッカー観戦アプリです!

UEFA.tv
カテゴリ: スポーツ
現在の価格: 無料

UEFA.tvではどんな試合を視聴できる?

UEFA.tvで視聴できるサッカーの試合や視聴できる形式を見ていきましょう。

日本で放送されていない海外専用のリーグは大方チェック可能ですが、現在では新型コロナの影響でサッカーの試合そのものが少なく、視聴できる試合も少ないです。

視聴できるサッカー試合

視聴できる試合

  • UEFAネーションズリーグ
  • EURO2020・予選
  • U-21・U-19欧州選手権
  • U-19女子欧州選手権
  • U-19フットサルEURO
  • UEFAチャンピオンズリーグ(ハイライトのみ)
  • UEFAヨーロッパリーグ(ハイライトのみ)
  • UEFAスーパーカップ(ハイライトのみ)

など

運営元の「UEFA」は欧州サッカー連盟のことで、UEFA.tvも主にヨーロッパで開催されるサッカーの試合や予選を視聴できるコンテンツです。

一番注目すべきリーグは「ネーションズリーグ」と「EURO2020」で、ネーションズリーグは日本で放送されないヨーロッパ圏内の強豪サッカークラブ同士の対戦が実現し、EURO2020は予選も含め出場クラブが多いため、様々な試合を観戦できます。

ヨーロッパの男子サッカーだけでなくフットサルや女子サッカー、U-19等年齢制限のある試合も観戦できます。

一部のリーグ(チャンピオン・ヨーロッパリーグ等)は日本の放映権の問題でフルタイム視聴には対応していません。試合後に試合結果と試合を左右した場面のハイライトがアップされることが多いです。

ライブ配信視聴や見逃し視聴に対応

対応しているのは「ライブ配信」と「見逃し配信」、「ハイライト配信」の3タイプです。

ライブ配信に関しては実際に試合が行われる時間帯にUEFA.tvに接続して試合を観戦できますが、フルタイムにも対応しています。

逆に、見逃し配信はフルタイムで行われることはなく、ハイライトや試合前の選手インタビュー等がメインです。放映権のせいでライブ配信でフルタイム視聴できなかった試合も見逃しに残る可能性があります(こちらもハイライトがメインです)。

また、ライブ配信で放送された試合は原則としてアーカイブに残りません。アーカイブがそのまま見逃し配信になる可能性もありますが、傾向としては弱く、試合を全て見たいならライブ配信機能を活用した方がいいです。

見逃し配信したい場合の注意点

UEFA.tvで見逃し配信に対応する試合は、せいぜい「シーズンで1つか2つ」しかなく、なおかつどの試合が見逃し対応されるかの傾向もほとんどありません。

そのため、DAZNと比較すると見逃し面ではどうしても使いづらくなっています。

上記は検索画面の一部ですが、視聴時間がサッカーのフルタイムになっている動画は非常に少なく、見逃しとしてではなく「テレビの解説ありきのサッカー番組」が多いです。ほとんどは10分以内のハイライト動画なので、検索でも見逃し配信を見つけづらいのが難点です。

UEFA.tvの登録方法

UEFA.tvに登録してからでないと動画を視聴できません。まずはアカウントを作成する必要がありますが、無料なので安心してください。

「Google」「Facebook」「AppleID」と連携できますが、いずれかを選んでアカウントを作成した場合はパスワードやメールアドレスの入力がないので、多少手間を軽減できます。

一番下の「CREATE YOUR UEFA」を選択して、メールアドレスでアカウントを作成できます。

登録フォームが上記画像の通りです。

②のパスワード入力の注意点ですが、全部で8文字以上で、大文字、小文字、記号、数字をすべて組み合わせる必要があります。ひとつでも条件を満たしていないとやり直しで再度パスワードを作成しないといけません。

生年月日は「日/月/年」の順番で入力します。

最後に赤枠のチェックマークをつけて、青いボタンをタップして登録処理を完了させましょう。

登録したメールアドレスにUEFA.tvからメールが届いているか確認してください。届けられたメールのURL部分をタップすれば、登録確認も完了です。

英語でのメッセージなので、迷惑メールに紛れ込んでいないか等もチェックしておきましょう。

UEFA.tvの使い方

UEFA.tvは英語で表記されているので、日本人はやや使いづらいです。

それでも、自分の応援チームのアルファベットさえ覚えておけば検索もできる上、トップ画面で結果つきで新着動画が公開されているため、探すのはそこまで難しくありません。

ログイン方法

スマホアプリからログインする場合は、まずは「more」ページへと移行します。

画面上部に「SIGN IN」をタップしてください。

アカウント登録の際に出てきた登録画面がそのまま表示されます。

連携した方法があるならFacebook等の方法から、メールアドレスで登録した場合はメールアドレスとパスワードを入力してください。

UEFA.tv

PC版UEFA.tvにログインする場合も同じで、こちらはホーム画面に「SIGN IN」があります。

スマホ版と全く同じ画面がポップアップとして開かれます。連携アカウントもしくはメールアドレスとパスワードを入力して「参加する」を選択しましょう。

視聴方法・検索方法

ライブ配信動画を視聴したい場合は、「検索」もしくは「チーム」から選択します。

検索は下部バーの右から2番目の虫眼鏡アイコンをタップすれば活用でき、チーム名や大会名を入力した上検索してください。

英語でないと検索に引っかかりませんが、大会名だけは検索候補として用意されていて、検索バーの下に表示されます。

上記が検索結果になりますが、試合が現在進行形で開催されていない場合はライブ配信画面は表示されず、ハイライトや見逃し動画のみ表示されます。

また、ホーム画面にてライブ配信中の動画は告知されているので、ホーム画面から探してもいいです(最新ハイライトと試合結果もホーム画面に表示されています)。

視聴機能について

上記画像が試合視聴時の画面です。

基本的な機能はYouTubeと同じで、再生、10秒巻き戻し、10秒先送り等のボタンがあります。画面右上のクロスマークは大画面表示のアイコンなので、大画面(横画面になります)で表示させたい場合は右上をタップしましょう。

また、画面右下のメニューアイコンから「シェア」と「あとで見る」の項目を表示できます。

シェアはTwitter等にシェアする機能で他のライブ配信系のアプリと変わりませんが、後で見る機能は珍しい機能です。

表示された下バーの「WATCH LATER」をワンタップするだけで、後で見るリストに入れることができます。

WATCH LATERに追加した動画はMoreから確認できます。赤枠のWATCH LATERをタップしてください。

WATCH LATER動画があれば一覧で表示されるので、この中から今見たいものを選択しましょう。ない場合は右側画像のように何も表示されません。

テレビ視聴について

接続可能なテレビ

  • Amazon Fire TV
  • クロームキャスト
  • Hisense VIDAA Smart TVs
  • Apple TV

上記テレビは、UEFA.tvの接続にも対応しています。テレビの大画面でサッカー観戦ができるチャンスです。

Amazon Fire TVが価格面ではおすすめですが、画質やその他性能を考えると少し高めのApple TV、Hisense VIDAA Smart TVsもおすすめです。

テレビ接続の方法(HDMIケーブルと変換アダプタを使った方法)は下記を参考にしてください。

DAZN(ダゾーン)視聴中に動画が止まる!詳細と対処法を徹底解説

アーカイブが消えたライブ配信を再生する裏技

UEFA.tvのライブ配信はアーカイブには残らず、試合が終わった(ライブ配信が終わった)場合、その動画はもうUEFA.tvでは視聴できません。

しかし、上記画像のように「動画再生をストップさせて他のアプリ・ブラウザを開く」方法を応用して、ライブ配信が終わった後も配信を視聴できます。

動画再生をストップさせて他のアプリ等を開き、その間にライブ配信が終わったと考えてください。その後にページに戻った場合、本来なら動画再生はできませんが、UEFA.tvの場合は動画はまだ再生されます。

ただし、「画面を更新する」「一度バックボタンで再生画面から一覧画面に戻って再度再生画面に戻る」場合は、終了したライブ配信を開けません。

画面を閉じなければ再生できる便利な方法ですが、その間はUEFA.tvで他の操作を執り行えないので注意してください。

また、PCは複数ブラウザからUEFA.tvを開くことができるので、ライブ配信画面を開いてその画面をずっと残しておけば、その間は動画再生が可能です。

UEFA.tvの注意点

UEFA.tvを使う上で注意しておきたいことがいくつかあります。

注意事項を守った上で、快適にサッカー観戦してください。

対応端末

対応機種

  • Android5.1以上
  • iOS11以上
  • PC(最新版のSafari、GoogleChrome等のブラウザ)
  • Chromecast、AirPlay
  • Amazon Fire TV、AppleTV

ブラウザで視聴する場合はデータ容量の関係で動画再生が止まりがちになります。ブラウザに使用するアプリは最新版にしておきましょう。

iPhoneやAndroidの場合も、上記のiOS・Androidでなくても再生できたケースはありますが、快適に再生したいなら最新バージョンにしましょう。

アプリも実況も全て英語

アプリが英語なのはホーム画面等を見てわかりますが、実際に動画を再生した場合も全て英語で再生されています。

これは、UEFA.tvが全世界に向けて配信されているアプリだからです。世界的に見ると日本語よりも英語の方がメジャーで多くの人が言語を理解できます。

逆に、日本人の場合はやや馴染みにくい印象があります。使い方さえマスターすれば視聴面は特に問題はありません。

データ通信量が多い

YouTubeやライブ配信アプリでも動画を再生すればそれだけデータ通信量が多くなりますが、UEFA.tvはヨーロッパから動画が配信されているので、特にデータ通信量が多いです。

Wi-Fiをつけていなかった場合、30分から1時間視聴しただけですぐに1GB以上の通信を使ってしまうので、場合によってはすぐに通信制限にかかってしまいます。

Wi-Fiがある場所で使うことを心掛け、できるだけ外出先等では使わないようにした方がいいです。

他にオススメなサッカー視聴アプリは?

DAZN

DAZNはスポーツに特化した動画配信サービスで、コンテンツは130以上、年間10,000試合以上が配信されます。

サッカー、野球、アメフト、格闘技、F1など10種類以上のスポーツが勢揃い。世界のトップリーグは勿論、マイナーな試合まで網羅されています。

DAZN

↑詳細や登録は上記から確認出来ます

配信されているスポーツ

  • サッカー
  • 野球
  • モータースポーツ
  • アニメ
  • ボクシング
  • テニス
  • ゴルフ

DAZNには、リアルタイム配信・見逃し配信・ハイライト再生の3種類の視聴方法があります。

月額1750円・ドコモユーザーであれば月額980円。今なら1ヶ月無料で使うことができます。

DAZN

↑詳細や登録は上記から確認出来ます

1つのアカウントに6デバイスに登録でき、2デバイスで同時視聴可能。スマホやPCなど様々なデバイスで、いつでもどこでも楽しむことができます。

おすすめポイント

  • スポーツに特化した動画配信サービス
  • コンテンツ130以上年間10,000試合以上
  • リアルタイム配信・見逃し配信・ハイライト再生がある
  • 実況&解説のクオリティが高い
  • オリジナルコンテンツも充実
  • 1アカウントで6デバイス登録可能
  • 2デバイス同時視聴可能

DAZN

↑詳細や登録は上記から確認出来ます

DAZN(ダゾーン)視聴中に動画が止まる!詳細と対処法を徹底解説

 

-動画アプリ
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.