解説、アプリの使い方

SNSデイズ

ミクチャ バージョン6.0.0のアップデートの評判と「描いてみたが無くなった」「ライブ向けになった」などについて

更新日:

今回はミクチャのバージョン6.0.0のアップデート内容と評判、そして「描いてみたが無くなった」「ライブ向けになった」などについて詳しく解説していきます。

 

ミクチャ バージョン6.0.0のアップデート内容

ミクチャことミックスチャンネルが10月26日に「バージョン6.0.0」のアップデートが行われました。今回のアップデート内容は「アプリのデザインが新しくなり、ライブや動画を見つけやすくなりました。」というものです。

今回のアップデートでミクチャのデザインが大幅に変わりました。ライブ動画が全体の目につく部分のトップに表示されるようになり、カテゴリ項目も増えよりライブや動画が見つけやすくなりました。

ミクチャ バージョン6.0.0のNEWデザインの使い方

ミクチャのバージョン6.0.0の大幅アップデートにより使い方に困惑しているユーザーが増えています。新しい使い方で分かりにく点だけ解説していきます。

ライブのランキングを見る方法

ライブのランキングを見る方法はまず上のカテゴリーのアンダーバーで好きなカテゴリー(ランキングをみたいカテゴリー)を選択しましょう。次に「ライブ一覧」をタップしましょう。

上のバーの「ランキング」をタップしましょう。するとライブのランキングが表示されるようになります。

動画のランキングを見るには

動画のランキングを見るにはまず上のカテゴリーのアンダーバーで好きなカテゴリー(ランキングをみたいカテゴリー)を選択しましょう。次に下にスクロールしましょう。

そして「動画一覧」をタップしましょう。

すると画面が切り替わりますので、上のバーの「ランキング」をタップしましょう。するとそのカテゴリーのランキングが表示されるようになります。

描いてみたのカテゴリーが無くなった?

ミクチャのバージョン6.0.0のアップデートにより、アップデート前は存在した「描いてみた」カテゴリーが無くなりました。

これにより「どうして描いてみたが無くなったの?」「絵描きさんが困る」「ライブ向けになってしまった」と困惑したユーザーが増えています。

検索しても「描いてみた」のタグはありますが、カテゴリーはやはりありませんでした。なぜ「描いてみた」のカテゴリーが無くなったのかは不明です。

今後「描いてみた」がカテゴリーに戻ることに期待ですね。

編集後記

 

今回はミクチャのバージョン6.0.0のアップデート内容と評判、そして「描いてみたが無くなった」「ライブ向けになった」などについて詳しく解説させていただきました。

ランキングが探しにくくなったので、上記を参考にランキングを見てみて下さい。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

第1位「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのITALIAN業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第2位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

17LIVE

↑上記からダウンロード出来ます

第3位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第4位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第5位「tiktok」

TikTokは完全無料で使うことが出来、使うための面倒な手続きもありません。動画を見るだけなら登録不要で、フォローなどの機能を使いたい場合もTwitterなどと連携させるだけ。3タップで完了します。

基本的に15秒程度の動画がアップされており、少し時間が空いた時などに気軽に見ることが出来ます。アプリを開いて直ぐ動画が再生されますし、視聴を止めたい時もアプリを閉じるだけでOK。『ダンス』『イラスト』『動物』『食べ物』など、投稿されているジャンルも幅広いです。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

視聴時に足跡も残らないので、画面をスワイプするだけで、気になった動画をガンガン見ていくことが出来ます

また、盛れるフィルターやスタンプ、BGMなどはアプリ内に用意されているので、動画の投稿も簡単に行うことが出来ます。TikTokでは『流行している動画を真似して投稿する』という文化があるので、オリジナルの動画を考える必要がなく、投稿のハードルが低いのも特徴です。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

TikTokのおすすめ点

  • 登録が簡単
  • 完全無料
  • 手軽に動画を見ることが出来る
  • 投稿のハードルが低い
  • 流行が分かる
 

-動画アプリ

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.