解説、アプリの使い方

SNSデイズ

「メルペイあと払い」の上限金額が1,000円しか選べない!詳細と上限引き上げ方法を徹底解説

更新日:

「メルペイあと払い」をご存知でしょうか。利用する時に支払いは発生せず、翌月末に支払うサービスです。

クレジットカードのような使い方ができるサービスですが、上限金額が「1,000円」しか選択できないというユーザーが多いそうです。
今回は、上限金額が固定されている理由と引き上げ方について解説します。


“メルペイあと払い”の上限金額

「メルペイあと払い」は、買い物時に支払いをせず、翌月頭から翌月末までの間に支払いをする「後払いサービス」です。

メルカリ独自の決済方法であり、後払いを行える決済方法は非常に珍しいです。
イメージとしてはクレジットカードと同じでしょう。

このサービスは、本人確認を行えば誰でも利用ができます。

しかし、上限金額が1,000円しか選択できないユーザーが居るようです。1,000円だと少額なため早急に上げたいところ。
なぜ1,000円に固定されてしまうのか。引き上げる方法はないのか。についてご紹介します。

上限が「1,000円」しか選択できない

メルペイあと払いを利用するためには、初期設定を行います。

トップ画面の「お店でのあと払いを設定する」から

利用上限金額の設定を行います。しかし、ここで利用金額を1,000円以上の金額に設定しようとしますが...

ご覧のように選択肢が1,000円しかないのです。1,000円は利用方法にもよりますが、あまりにも少ないですね。

ユーザーによってはこの段階で5,000円、10,000円と上限金額の変更を行える方も居るようです。

“メルペイあと払い”最大上限金額は?

ちなみに「メルペイあと払い」の最大上限金額はいくらなのでしょうか。

最大上限金額

50,000円(5万円)


使えるお店-メルペイ

メルペイが利用できる店舗はスーパーマーケットやコンビニですので、5万円あれば十分な金額だと思います。

上限金額が1,000円だとコンビニで軽食を購入する、レストランの食事1回分くらいでしょうか。少し不便ですね。

ユーザーによって上限金額が違う

全メルペイユーザーあと払い上限金額が1,000円になってしまったという不具合ではありません。

初期設定時、利用中に変更が行える方と様々ですが、問題なく変更と利用ができるユーザーも居ます。

しかし、上限金額が1,000円に固定されてしまうというユーザーにはある共通点があります。

メルカリの利用実績がカギ

結論から言うと

ポイント

メルカリの利用実績によって上限金額が変わる

メルペイあと払いの上限金額には、メルカリの利用実績によって左右されているようです。

これは「与信判断」が大きく関わっています。
クレジットカードも同じですが、普段の利用が全くない人にお金を貸すというのはかなりリスキーなものです。

普段からよく利用してくれる方には利用実績があるので、会社からの信頼も厚いです。

まとめ

普段メルカリを全く利用していないユーザーは初期上限金額が1,000円に固定される

上限金額の引き上げ方については後述します。

上限金額についてのガイドラインはない

初期の上限金額はいくらなのか。いつ引き上げになるのかについてのガイドラインは公開されていません。

普段からメルカリを利用をしているのにも関わらず上限が1,000円になっているという方は、何らかの利用規約に抵触や利用上のトラブルによって制限されていることもあります。

全ては「与信判断」に委ねられています。

「あと払い」の上限金額の引き上げ方

メルペイあと払いの上限金額を1,000円から、現在の上限金額をさらに引き上げたい方は

ポイント

  • メルカリの与信判断
  • 提供中のサービスを積極的に利用する

この2点を基に行動することで上限金額を引き上げることができるかもしれません。

メルカリの取引回数を積み重ねよう

一番手っ取り早いのはメルカリの利用回数を多くすることです。

出品、購入どちらでも構いません。
自分がやりやすい方で重点的に利用する、出品と購入を同時に行うのも良いでしょう。

例えば、「欲しいゲームがある」と思ったらメルカリから購入する。
メルカリからの購入でも気にならなければ、積極的に利用をすると良いかもしれません。

これから夏本番に向けて衣替えを行った方も居ると思います。
春物のファッションを出品して売り上げも得ることもでき、取引回数を積み重ねることもできて一石二鳥!

少しずつ利用実績を積み重ねていくとあと払いの上限金額が引き上げになるかもしれません。

メルペイも積極的に利用する

メルペイの利用でも引き上げのきっかけに。

メルカリのサービスの一部になるので、あと払いにこだわらず売上金やチャージ分で買い物をしたりするだけでも上限金額に影響を与えると思われます。

クレジットカードでも、利用上限額を引き上げる要になるのは利用回数です。

普段の支払いを1枚のカードで利用していたら、上限金額が20万円から50万円に引き上げられていたという経験と同じですね。

しばらくの間、スマホ決済をメルペイで固定すると簡単に引き上げられるのではないでしょうか。

「あと払い」の支払い遅延は厳禁


メルカリガイド

メルペイあと払いで利用した分を、翌月間で支払いを行います。

注意ポイント

支払いの遅延は起こさないこと

遅延を起こしてしまうと、与信判断に影響を与えます。

上限金額が引き下げられたり、1,000円に固定されてしまう。もしくは利用の停止などの措置をされてしまう恐れもありますので、決められた期間内で必ず支払いをしましょう。

上限金額引き上げのタイミングは?

上限金額引き上げのタイミングがいつになるのかは、ハッキリとしていません。

メルカリを利用した場合、何回目の利用で上限金額の引き上げになるのか。メルペイで何円の利用で引き上げになるのかといったガイドラインは公表されていないので、具体的なタイミングは利用者によって変わると思われます。

メルペイあと払いは今年4月下旬にサービスを開始したばかりです。

利用者の増加と定着を狙うためにも、ハードルを高く設定しすぎてしまうとメルカリ新規利用者が離れてしまう恐れがあります。

引き上げのタイミングはそう遠くはないでしょう。

メルペイあと払いのやり方!銀行口座がなくても大丈夫?ポイント使用可?など徹底解説

他にキャンペーンの多いオススメの電子マネーは?

PayPay(ペイペイ)

PayPayの魅力としては、まずお得さが挙げられます。

ペイペイは「ワクワクペイペイ」などの高還元率のキャンペーンが毎月行われています。これまで継続的に10%~20%程の高還元率を受けることができましたし、これからもワクワクペイペイキャンペーンは続けられていくものと思われます。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

ワクワクペイペイでは還元の上限も高く設定されており、月に最大で30000円還ってきます。更に、PayPayでは銀行口座からのチャージなら常時3%が還元が行われていますし、20回に1回最大で1000円還ってくるPayPayチャンスも好評を得ています。

更に、PayPayは銀行口座とクレジットカードの2つの方法でチャージできるのも魅力です。中でもYahoo!マネーカードによるチャージであれば、3%の還元に加えて1%がTポイントが付与され、実質4%の還元を受けることができます。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

また、PayPayには手数料無料で残高を他の人に送金できるサービスもあります。知り合いに立替えて貰った時や皆で割り勘をする時など、大変便利です。

多くの便利機能が魅力的なPayPayですが、更に大切なポイントとしては知名度が高いという事でしょう。現在様々なコード決済がありますが、PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」などでユーザーも増加し、多くの知名度ランキングで上位にランクインしています。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

PayPayのおすすめポイント

  • 毎月高還元のキャンペーンを行っている
  • 常に3%のポイント還元
  • 銀行口座とクレカでチャージできる
  • 送金ができる
  • ユーザーが多い
 

-メルペイ

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.