ライブ配信アプリ「HAKUNA LIVE」の挨拶について!詳細を徹底解説

日本に上陸したての注目ライブ配信アプリ「HAKUNA LIVE」は挨拶を行いやすいライブ配信アプリで、ライバーも「挨拶コメント」をあらかじめ書いておくことができます。

ライバー・リスナーそれぞれの挨拶について、重要性等を下記で解説していきます。


HAKUNA LIVEにおける「挨拶」について

基本的には他のライブ配信アプリと変わらず「配信に入ってきたときにライバーにかける言葉」か「来てくれたリスナーにひところかける言葉」となります。

大抵の人は挨拶を返してくれますが、ライブ配信に来てくれたと思ったらすぐに出て行ったり、逆にライブ配信を視聴しているリスナーが多すぎてライバーが挨拶に対応してくれない可能性もあります。

しかし、HAKUNA LIVEの場合はライバーとリスナー用にそれぞれ「挨拶メッセージ」と「挨拶コメント」という機能が用意されています。

この挨拶メッセージか挨拶コメントを使ってリスナー(ライバー)とコミュニケーションを取ることができます。

ライブ配信で有名になるには「愛想」も必要ですので、ライバー・リスナーどちらの立場でHAKUNA LIVEを利用するにしても、活用しておくべきだと考えて構いません。

HAKUNA LIVEの「挨拶メッセージ」について

HAKUNA LIVEの挨拶メッセージは「ライバーが来てくれるリスナーに向けてコメントすることができる挨拶」のことです。

ライブ配信を開始する際に設定することができるので、こちらも忘れずに設定しておくことをおすすめします。

まずは、ホーム画面からライブ配信開始アイコン(赤枠)をタップしてください。

「タイトル」と「挨拶メッセージ」を選択することができます。

タイトルに関しては20文字までと制限がありますが、挨拶メッセージには文字制限は設けられていません。

ただし、あまりにも挨拶が長いとリスナーも読むのが疲れてしまうことを考えると、挨拶メッセージは挨拶(最大で30文字程度)にとどめておくことをおすすめします(コメントとして表示されるので、注意事項まで書くと長くなります)。

挨拶メッセージは誰かが配信に入ると表示される

配信で設定した挨拶メッセージは、リスナーの誰かがライブ配信に入ってくれると、画面赤枠のように自動でコメントとして表示されます。

コメントの文字数が設定されていないので長い文章でも表示してくれますが、あまりにも長いとその分ライブ配信画面が埋もれてしまい、やや不格好な配信になるかもしれません。

「ゆっくりしていってね」「こんにちは」等、一言程度に設定しておくのがいいでしょう。

挨拶メッセージはライブ配信選択画面からは見えない

ホーム画面の赤枠部分がライブ配信を選択する画面ですが、この画面からは配信タイトルだけしか確認できません。

挨拶メッセージを確認するにはその人のライブ配信を開く必要がありますが、HAKUNA LIVEのライブ配信を視聴するにあたって必ずしも確認が必要というわけではないので、挨拶メッセージが書かれていなくても問題はありません。

あくまで「ライブ配信に来てくれた人用の挨拶」なので、どのような配信を行うかは配信タイトルに記載しておくのがいいでしょう。

HAKUNA LIVEの挨拶コメントについて

一方、リスナーがライバーに当てて行う挨拶を「挨拶コメント」といいます。

例えば「初見です」「こんにちは」等が一般的な挨拶で、この挨拶がきっかけでリスナーがなんらかの話に発展させていくのが、従来のライブ配信アプリでした。

HAKUNA LIVEで挨拶コメントそのものが用意されているわけではありませんが、HAKUNA LIVEでは他のライブ配信アプリよりも挨拶コメントを貰いやすいライブ配信アプリだとも言われています。

その理由ですが、HAKUNA LIVEではライブ配信に入室時に「ホストに挨拶をしよう」というメッセージが表示されるからです。

このボタンをタップすればメッセージ画面が表示されますが(ライブ配信下のコメントアイコンでも表示させることができます)、画面に映し出されてくれるだけで視覚的効果が表れ、つい挨拶コメントを落としたくなってしまいます。

大抵のライバーはなんらかの挨拶を行えばちゃんと対応してくれるので、「自分の挨拶がスルーされた」というような状況はほぼ起こらないと考えて構いません。

ライバーもリスナーも挨拶メッセージ・コメントを活用すべき!

挨拶メッセージも挨拶コメントも簡単に活用することができるので、ライブ配信者として有名になりたい・ライブ配信者とコミュニケーションを取りたいと思っている人は、積極的に活用していってください。

特に、HAKUNA LIVEの場合はゲスト配信だけでなく「コラボ配信」という、他のライバーとコラボして行うライブ配信も用意されているので、コミュニケーションを取っていくことは非常に大切です。

自分の人気がイマイチだったとしても、コラボしている人にある程度知名度があった場合、コラボ配信を通じてたくさんのリスナーが集まってくれるかもしれません!

ライバーの立場だとしても、訪れてくれた人のためになにか一言用意しておけるかどうかでその人がライブ配信からすぐに離れるか離れないかは決まってきます。

例えば、他のことを話していて声で挨拶することができなかったとしても、挨拶メッセージを用意しておけば、コメントにその挨拶がリスナーのコメント欄に表示されます。

これで「挨拶された気」になってくれた場合や、コメントを読んでくれた場合は、なんらかの返信を行ってくれるかもしれません。

かわいい子が多いライブ配信アプリのランキングを徹底解説

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第2位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 IRIAM(イリアム)

IRIAM(イリアム)のおすすめポイント

  • 「VTuber」のライブ配信アプリ!
  • バーチャルキャラクターをかわいく着せ替えることができる
  • キャラが二次元なので顔を出す必要がない!
  • 通信や画質等も綺麗で使いやすい

IRIAMは今流行っている「VTuber」がライブ配信するような形式のライブ配信アプリです。

VTuberとは「バーチャルユーチューバー」の略で、自分自身の顔を出さずとも自分の分身となる可愛いバーチャルキャラクターを操作して配信している人たちのことです。

バーチャル(二次元)ならではのかわいさが目白押しアプリで、万が一自分の顔等に自信がないという人はチェック必須のライブ配信アプリです。

例えば、現実の自分と全く違うような容姿をしたキャラクターも作成可能ですし、かわいらしい衣装を着せることも可能です。

現実ではありえない「猫耳」等のオプションを付けて、より二次元のキャラクターらしくデコレーションすることができるでしょう。

ただし、IRIAMでライブ配信したい場合は、IRIAM公式が開催するオーディションに合格する必要があります。

自己紹介の音声などを送る必要があるのでやや敷居が高いかもしれませんが、採用されればIRIAMの公式ライバーとなることができるでしょう!

第4位 私を布教して

「私を布教して」は、顔を出さずに音声のみで誰でもライブ配信が出来るアプリです。

歌や演奏、ラジオ風のトーク、雑談など音と声による様々なスタイルの配信が行われています。

気に入った配信があれば、布教や換金できるアイテムを送って応援することができます。

昨今、10~20代の若年層を中心に、「私」を知ってほしい、「私」を表現したいという強い想いを持つ人が少なくありません。

そして、日々の生活の中にちょっぴりドキドキしたり、非日常的な時間を過ごしたりする刺激への好奇心を満たしたいという欲求もあります。

それらのニーズに応えるべく『#私を布教して』というサービスが生まれました

アプリ内での「布教」とは、他のSNSでいうと「いいね」にあたります

つまり、配信を気に入った方が「いいね」でおすすめしてくれる為、人が集まり易い仕組みになっています。

他にもランダムであいさつメッセージを作れたり、挨拶メッセージに内に自動で相手の名前が表示されたりする等、初めて配信する方にも使い易いアプリになっています。

おすすめポイント

  • 顔を出さずに音声のみで配信が出来る
  • ギフトを換金する事が可能
  • 「私」を表現することがコンセプト
  • 初めてでも配信が行い易い

第5位 Uplive

Upliveはグローバル展開している、24時間楽しめるライブ配信サービスです。

Upliveはサービス開始時から海外展開を視野に入れており、グローバルなサービスが充実。音声・文字の翻訳機能も、配信中に使用することが可能です。

有名配信者が歌手やアイドルとして世界デビューを果たすなど、様々な道が用意されています。

 

Upliveでは美顔フィルターやスタンプ機能もあり、音声配信も可能。

ライブ配信だけでなくショートムービーも投稿でき、TikTokなどのムービーもそのまま使うことができます。

複数配信やキャストバトルなど様々な機能で盛り上がる事ができますし、視聴者が配信者をサポートする機能なども備わっています

 

勿論、視聴からの投げ銭で稼ぐことができます。

投げ銭などに必要なダイヤはログインボーナスだけでなく、ミニゲームなどでも獲得可能

視聴側もアイテムをプレゼントして、配信を盛り上げ易い環境になっています。

おすすめポイント

  • グローバルに活躍できる
  • 翻訳機能が有る
  • 美顔フィルターやスタンプがある
  • 音声配信も可能
  • ショートムービーが投稿可能
  • ミニゲームなどでもダイヤを稼ぐことが可能

第6位 LIVE812

Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。

配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、配信していない間にも利益が発生することもあります。

ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。

歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。

勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。

Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります

おすすめポイント

  • ライブコマース機能が特徴的
  • 配信以外でも稼ぐ手段がある
  • 新しいサービスなのでチャンスがある
  • 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある
  • 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる
 

-ライブ配信

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.