LINEで投票機能を作れない、トークに貼れない、投票に参加できない時の原因と対処法を徹底解説

現在、LINEの投票で投票を作れなかったり、作った投票がトークに投稿されなかったりという現象が発生しており、回答側でも投稿された投票に解答できないという声が増加しています。

今回は、LINEで投票機能を作れない、トークに貼れない、投票に参加できない時の原因と対処法を徹底解説していきます。


LINEで投票機能を作れない、トークに貼れない、投票に参加できない現象が発生

LINEでは日程の候補を決めたり、行きたい店を決めたりする際に便利な投票機能があります。通常であれば日程や選択肢をセッティングした後にトークに表示され、チャットのノートに投稿されます。

しかし現在、投票を作成しようとしてもネットワークエラーと出てしまい投票が作れなかったり、作成自体はできているもののトークやノートに投稿されないという現象が発生しており、回答する側も回答できない人がいる現象が発生しています。

LINEで投票機能を作れない、トークに貼れない、投票に参加できない原因

今回の現象の原因

  • LINE側の不具合
  • 端末が古い
  • LINEのバージョンが最新版にアップデートされていない
  • 投票が投稿されたチャットに参加していない
  • 投票期間が過ぎていた
  • 通信環境に不備があった(通信障害、Wi-Fiの不具合など)

今回の現象に関してはLINE側の不具合が主な原因と考えている声が増加しています。ただ、LINEは特にアップデートの状態によって使えなくなる機能もあるので、LINEをアップデートしているかどうかによって不具合が起こりやすくなる可能性は高くなります。

LINEで投票機能を作れない、トークに貼れない、投票に参加できない時の対処法

ここからは、今回の現象への対処法をご紹介します。今回の現象はLINE側の不具合である可能性が高いため、以下の対処法を試しても改善されない倍はツイッターなどの他の投票機能があるサービスを利用するのも1つの手です。

LINE投票の画面から投票にアクセスしてもらう

LINEのトークに投票が投稿されていなくても、投票機能のページから該当の投票にアクセスすることができる場合もあります。

投票が公開されているはずのチャット画面で、左下にあるプラスマークをタップします。チャットに投稿するものの選択画面が出てくるので、投票をタップします。

現時点で開催されている投票が一覧になって表示されるので、回答したい投票の右側にある投票するというボタンを押します。

LINEを最新版にアップデートする

LINEはアップデートの頻度が多く、新機能の実装や不具合の修正が頻繁に行われています。新機能を実装する頻度が高い分不具合も生じやすいため、今回のような現象が発生してしまいます。

アップデートをすることで新たな不具合が発生してしまう可能性もあるため、アップデート前にツイッターなどで「LINE アプデ」などで検索して先にアップデートしたユーザー達の中で重大な不具合が発生していないか情報収集をしてからアップデートを行いましょう。

投票期間を確認する

LINEの投票機能では、投票の作成者が投票期間を設定したり、投票期間の終了前に手動で投票期間を締め切ることが可能です。投票期間が終了していると、回答する側は回答することができません。

投票の作成者に個人チャットで回答しそびれた旨を伝えて個人チャット上で回答するか、再度投票を作成してもらいましょう。

グループトークのメンバーを確認する

グループトークでの投票の場合は、投票に参加できるのはそのグループに参加しているメンバーのみが対象となります。投票が見つからないと言われてしまった場合は、まずその人が該当のグループチャットにいるか確認し、回答者にも表示しているグループチャットがあっているかグループチャット名を確認してもらいましょう。

グループチャットにユーザーを追加する方法

グループにその人がいなかった場合は招待してグループに入ってもらいましょう。

トーク画面右上の三本線のマークを押します。その後、画面上部の招待という人のアイコンのマークを押します。

ユーザー一覧が表示されるので、追加したいユーザーを選択します。選択したユーザーが間違っていないか確認して、招待を押せば招待完了です。

招待されたLINEグループへの参加方法

招待してもらった人は、ホーム画面に招待されているグループという項目に今自分が招待を受けているグループが表示されるので、参加したいグループをタップします。

グループ名に間違いがないかよく確認してから、参加ボタンを押しましょう。逆に勝手にグループに招待されて怪しいと感じたり参加したくないグループには拒否を選択すればそのグループに加入せずに済みます。

間違えて拒否を押してしまった場合は再度招待してもらわないと参加できないため、グループに招待してくれた人に連絡しましょう。

グループ加入後、その人のトーク画面には投票のチャット履歴が表示されません。グループトークのプラスボタンから投票してもらうか、新しく投票を作り直して改めて回答してもらいましょう。

通信環境を確認する

今回の現象でよく表示されるネットワークエラーのエラー表示には、以下のような要因が挙げられます。

ネットワークエラーが表示される原因

  • LINE側のサーバーの不具合
  • モバイル回線またはWi-Fiがオフになっている
  • 自動接続されるがログインが必要なタイプの公衆Wi-Fiに接続されている
  • Wi-Fiの不具合
  • 機内モードになっている
  • 携帯料金の支払い忘れで回線が停止している
  • 通信障害が起こっている

思い当たる要因がある場合は、通信環境の改善を行いましょう。心当たりがない場合は、モバイル通信とWi-Fiを切り替えたり、端末を再起動したりしてみましょう。

運営に問い合わせを行う

上記の対処法をしても今回の現象が直らなかった場合は、LINEに問い合わせを行いましょう。LINE側の不具合が原因で今回の現象が発生している場合、LINE側が不具合を修正したアップデートを公開するまではユーザー側では対処のしようがありません。

問い合わせの方法については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

LINE公式アカウントのチャット画面でエラーが発生!原因と対処法を徹底解説

LINEでは、ユーザーとチャットができるようになる公式アカウントが誰でも解説できます。 公式アカウントのチャット画面でエラーが発生し、利用できない不具合が発生していました。 今回は、LINE公式アカウ ...

続きを見る

発生日時や使用端末などを明記しておくと、不具合の早期解消につながることがあります。できる限り不具合が発生した時の状態を詳しく書いておきましょう。

不具合の修正を待っている間に、投票機能の代わりとして多数決.comなどの投票機能共有サイトやツイッターのアンケート機能などを活用しましょう。

LINEで日程調整ができない!?消えてしまった!?対処法を徹底解説

イベントの予定を決めるのに便利なLINEスケジュールの日程調整ですが、作成した日程調整が消えてしまう不具合が発生しています。 以下で日程調整の使い方や、日程調整が消えてしまった、使えない場合の対処法に ...

続きを見る

 

-LINE
-, , , , , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.