LINEのオープンチャットでエラーが発生!開けない場合の詳細と対処法を徹底解説

LINEのオープンチャットが開けない、開けてもメッセージを投稿・返信できないエラーが発生しています。

2021年2月2日のエラーはオープンチャットのみに起こっていて、友達以外にオープンチャットに掲載しようと思った情報を伝えるのが困難な状況になっていました。


LINEのオープンチャットが開けないエラー発生

LINEオープンチャット

LINEのオープンチャットは友達か友達でないかを問わずたくさんの人が集まって会話できるトークルームで、例えばゲームのグループや趣味で繋がった人たちと交流できます。

このオープンチャットを開けない、開けた場合でもメッセージ等が投稿できないエラーが発生することがあります。

開こうとするとエラー表示が出る

オープンチャットを開けばトークルームの会話内容を確認できましたが、タップしても開けずに下記のエラーが出る傾向にあります。

出るエラー

  • 正常に処理できませんでした。しばらく経ってからもう一度お試しください。
  • 一時的なエラーによりリクエストが完了しませんでした。もう一度お試しください。

上記のエラーはLINE側で処理ミスが起こった際に出るエラーで、明確な対処法等は記載されていませんが、「もう一度お試しください」と記載はあるので、何回か試せば正常に機能しそうなエラーではあります。

ただし、何度やってもトークルームが開けないケースもあり得るため、完全にエラーが消えるまでは再度エラーは発生する恐れがあると覚えておきましょう。

開けてもコメントや返信ができない場合もある

上記のようにトーク画面が開けたとしても、トークに何かを呟こうとしても内容が投稿されないエラーも発生しています。

これも読み込みエラーの一種で、自分が打ったメッセージが読み込まれないだけでなく、同じエラーが発生している人全体のメッセージも読めない(投稿されていないので画面に映らない)重大なエラーです。

読み込みに成功すればメッセージ投稿は可能で、他のメンバーが投稿できた例もあるにはありますが、快適に活用できるとは程遠い状況ではあります。

LINEのオープンチャットのみの不具合

LINEのトークとLINEのオープンチャットは同じような機能でありながら、不具合や更新は別々に行われています。実際にLINEのオープンチャット専用のTwitterも用意されていて、エラーや不具合もここからチェック可能でした。

そのため、オープンチャットが開けない等の重大なエラーが起こったとしても、普通のトークやLINEのその他の機能・スタンプショップ等は普通に活用できます。

2021年2月に発生したオープンチャットの不具合も例外ではなく、他の機能は平常運転で問題は一切ありません。

原因はサーバー障害

LINEオープンチャットの公式Twitter(アカウントはこちらです)が、オープンチャットを開けないエラーに関する症状を詳しく紹介していました。

「サーバー障害が発生し、閲覧・投稿ができない」という内容だったので、ユーザーの端末のLINEオープンチャットが悪いわけではありません。また、「一時的にメッセージアクション機能・既読数も正常でなくなっている」と告知があったので、こちらもエラーに巻き込まれている(機能をあえて停止している)可能性があります。

なぜオープンチャットでサーバー障害が起こったかまではわかりませんが、原因がオープンチャットにある以上、こちらから下手な手出しはできません。

現在は復旧の兆候あり

2021年2月2日の12時ごろに、LINEオープンチャットの運営が、閲覧や投稿に難が出る障害の原因を突き止め、復旧したことを告知していました。

障害復旧率は高く、多くのユーザーが現在では快適にオープンチャットを使えています。

それでもなおエラーが発生する可能性もあり、今後似たようなオープンチャットに関連するエラーが起こらないとも限らないため、対処法は熟知しておくべきでしょう。

LINEのオープンチャットが開けないエラーの対処法

LINEのオープンチャットが開けない場合の対処法もチェックしておきましょう。

大切なのは「相手に情報を伝えること」で、他に情報を伝える手段があるのであれば、それで代用しましょう。他にも、運営が紹介していた再起動等で問題が解決する場合もあります。

LINE公式Twitterが公表している対処法

上記はエラーが発生した際にLINEが紹介していた対処法ですが、主なものは「再起動とオープンチャットの再度読み込み」です。

再起動はLINEと端末問わずで、最初にLINEを再起動してダメなら端末でやれば効率がいいです。

オープンチャットの再度読み込みは「オープンチャットを一度閉じて再度開く」でも問題はありません。ただし、この対処法は「一度でもオープンチャットが開けた場合」の対処法で、そもそもオープンチャットが開けない場合は使えません。

問い合わせフォームで問い合わせをする

LINEの問い合わせフォームから問い合わせが可能です。こちらにアクセスして、問い合わせフォームを開いてください。

ブラウザで開かれるため、「LINEアプリでログイン」を選択すれば、アプリ内から問い合わせができるようになります。

問い合わせ手順に関しては下記の記事が参考にできます。

LINEツムツムで垢BANが横行!?詳細や原因のハート自動化、対処法を徹底解説

上記はLINEツムツムの記事なので問い合わせ項目はツムツムに関連したものですが、今回はLINEそのものの不具合なので、上記の右側画像のように、問い合わせ内容は「LINE」「トーク」「メッセージ送受信に関する問題」を選択してください。

友達に情報を伝えたい場合は個別トークで会話する

万が一、自分のLINEの友だちばかりのオープンチャットに情報を流したい場合は、伝えたい友だちのトークに直接伝えたい内容を投稿してください。

仮にオープンチャットが使えなかったとしても、こちらが伝えたい内容が相手に伝われば全く問題はないので、オープンチャットが使えない場合でも代用できる対処法です。逆の場合(トークが使えなくてオープンチャットが使える)も同様です。

友達以外に情報を伝えたい場合の対処法

自分の友だち以外にも情報を伝えたい場合(オープンチャット参加者が多い、友だち以外の人もオープンチャットを使っている場合)は、その人に友達申請をしない限りは個別トークを使う方法は不可能です。

その場合は、「その友だちを友だち追加している自分の友だち」伝いで連絡してもらうか、他のSNSとオープンチャットを連動している場合(Twitter等でオープンチャットの存在を知ってそのチャットに所属している場合)は、そのSNSに情報を記載しましょう。

ただし、SNSに記載する場合は自分が伝えたい人以外にも不特定多数の人が情報を閲覧できるので注意してください。例えば、オフ会の連絡をした場合「この日のここにこの人たちがいる」と、他のユーザーにもばれてしまいます。

その他の対処法

その他の対処法

  • 通信環境のチェック
  • LINEのキャッシュをクリアする
  • 既読等がおかしい場合はオープンチャットに人がいるか(正常に所属されているか)をチェックする
  • 端末の空き容量を増やす
  • バックグラウンド再生等を閉じる
  • 再インストール

上記が、オープンチャットを開けない場合の対処法で、「端末が原因でエラーが起こっている可能性がある場合」に活用してください。

LINEはそこまで通信を必要としないアプリなので低速でもメッセージ投稿は問題ありませんが、画像や動画を投稿したい場合はエラーが起こりやすくなります。

また、LINEのオープンチャットを開けないのではなく「そもそも参加できない」「入れない」等のエラーも発生する可能性があります。その場合の対処法及び関連情報は下記の通りです。

参加できない場合の対処法

  • LINEの年齢認証がまだ
  • 最新のスマホにアップデート
  • 定員オーバーを起こしている
  • 一度強制退会させられた
  • 承認されていない
  • ブロックされている場合はLINE以外の方法で個別ブロックを解いてもらう

LINEのオープンチャットに参加できない!原因と対処方法を徹底解説!

LINEのオープンチャットは本当に匿名?匿名の投稿方法について徹底解説

 

-LINE
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.