LINE Payを退会・解約する方法や削除できない場合の対処法を徹底解説

今回は、LINE Payを退会・解約する方法について解説します。

LINE Payアカウントに登録した情報は、LINE Payを退会・解約することで削除できますが、退会する前には残高を残さないよう注意しましょう。

以下で、LINE Payを退会する方法や、退会する際の注意事項、LINE Payカードを解約する方法、LINE Payを退会・解約できない場合の対処法について徹底解説します。


LINE Payを退会する前に残高を使い切ろう

LINE Payを退会・解約するにあたり、銀行口座からのチャージや、キャンペーンで貯まった残高を消費する必要があります

具体的には、残高が216円以上残っている状態では、LINE Payを退会することはできません

また216円以下の場合も、退会すると残高が消滅してしまうので、なるべく全て使い切ってから退会するようにしましょう。

LINE Payの残高を使い切るには、コンビニなどの実店舗で決済する以外にも、以下のような方法が考えられます。

LINEスタンプを購入
Amazonギフト券にチャージ
銀行口座に出金

なかでもおすすめは、Amazonギフト券のチャージタイプを購入する方法です

LINEスタンプだと端数が残ってしまいますし、銀行口座への出金は、1回につき216円の手数料がかかってしまいます。

その点、Amazonギフト券チャージタイプなら、1円単位でチャージすることができるので、日頃からAmazonを利用する方は、残高をAmazonギフト券に変えておくと良いです。

LINE Payカードだけを解約する方法

もしLINE Payカードのみを解約したい場合には、LINE Payの残高を残したまま解約することができます。

LINE Payカードを解約してもLINE Payアカウントや残高は残りますが、同じカード番号は利用できなくなるので注意してください

「カードを利用」のチェックを外すことで、カードを一時停止することもできます

個人情報流出の被害にあったというような緊急性がなければ、カード番号は残しておいても良いでしょう。

LINE Payカードを解約するには、LINEアプリのウォレットタブでLINE Payの残高をタップしましょう。

残高の下にあるカード番号をタップしましょう。セキュリティ上、下4桁のみが表示されています。

LINE Payのパスワードを入力するよう促されます。

「カードを解約」をタップしましょう。

「カードを解約」をタップして解約完了です。

LINE Payに登録した個人情報を消すには?

LINE Payを使っておらず、個人情報を削除したい場合、基本的にはLINE Payアカウントを削除することになります

しかし、今後もLINE Payを使う可能性がある場合には、最低限登録した銀行口座を削除するという方法も考えられます。

銀行口座を削除するには、LINEアプリのウォレットタブで残高をタップしましょう。

一番下までスクロールし、「設定」をタップしましょう。

設定メニュー中程の「銀行口座」をタップしましょう。

登録済みの銀行口座を長押しすると、削除メニューが出るので、「はい」をタップして削除しましょう。

みどりくじでLINE Payアカウントを作成した場合

2017年5月、LINE Payグリーンウィークのキャンペーンに参加し、みどりくじで残高を受け取ったユーザーは、同時にLINE Payアカウントを作成しています

LINE Payアカウントを作った自覚がないユーザーも多いようなのですが、退会したい場合には以下に記す方法を参考にしてください。

LINE Payの退会・解約方法

LINE Payを退会・解約するには、LINEアプリのウォレットタブで残高をタップしましょう。

一番下までスクロールし、「設定」をタップしましょう。

一番下の「解約」をタップしましょう。

注意事項を確認し、「解約」をタップしましょう。

解約可能な場合は「解約しますか?」と聞かれるので、「はい」をタップすると解約完了になります。

何らかの理由で解約できない場合、上の画像のように原因が表示されます。

LINE Payを退会・解約できない場合の対処法

LINE Payアカウントを削除できない場合の対処法について解説します。

パスワードを登録していない

LINE Payでパスワードを設定していない場合、そもそもLINE Payの画面までたどり着けません。

これはLINEのくじなどで残高を受け取り、以降LINE Payを使っていないユーザーで起こり得る現象になります。

なのでLINE Payアカウントを削除するには、LINEのウォレット画面からLINE Payを起動し、パスワードを設定しましょう

LINE Payの残高が216円以上残っている

LINE Payの残高が216円以上残っているとLINE Payアカウントを削除することはできません

216円未満の残高は退会・解約により失われるので、決済に利用するかAmazonギフト券にチャージするなどして使い切るようにしましょう。

送金や決済が完了していない

直近の決済や送金が完了していない場合、LINE Payを解約できません。解約が完了するまで待ちましょう

LINE Payカードが利用停止になっている

個人情報漏洩などの理由で、LINE側からLINE Payカードが利用停止される場合があります

カードが利用停止された状態ではLINE Payアカウントを削除できないので、「LINE Payカードだけを解約する方法」の章で解説した方法でLINE Payカードを解約し、再度LINE Payの退会・解約を行いましょう

LINE Payに対応していない端末に機種変更・引き継ぎした

LINE Payに対応していないスマホに機種変更した場合、LINEアプリからLINE Payアカウントを削除できません

その場合、LINEのお問い合わせフォームからアカウント削除を申請しましょう。

その後、LINEから届く郵便物に記載のコードを、確認メール内のURLに入力することで、LINE Payアカウントを削除することができます。

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

イオンカード

イオンカードのオススメポイント!!

  • イオン銀行の普通預金金利が最大年0.15(税引後0.119%)(変動金利です)
  • 全国約55.000台のATMで、入出金手数料が365日24時間無料!!!
  • 振り込み手数料0円!!!
  • 電子マネーWAONのオートチャージ

以外にもお得な特典が盛りだくさん!!しかもなんとシネマ映画料金もいつでも300円引きです!

↑詳細や登録は上記から出来ます

バンドルカード

おすすめポイント

  • 簡単にクレジットカード代わりのカードを発行できる
  • 年会費・月額料金は無料
  • 紛失した際は一時停止すれば利用を停止できる(再開も同様)
  • VISA加盟店ならどこでも使える
  • 通販に強い!リアルカード発行で現実でも使える
  • 手元にお金がないときにおすすめ!
  • クレジットカードのように使い過ぎることがない

どんな人でも作成可能なVISAのプリペイドカードであるバンドルカードは、スマホアプリで簡単登録できます!

年会費や月額料金等、普通のクレジットカードにあるような要素はありません。登録しておくだけならタダで、緊急でお金が必要だけどお金がない時等に役立たせることが可能です。

登録後すぐに発行されるのは「インターネット専用」のバーチャルカードですが、リアルカード発行で現実のお店でも使えるようになります。

バンドルカードの「ポチっとチャージ」はあらかじめバンドルカードに残高を入れておくことができる機能ですが、入れた金額は完全後払いで、お金がない時にでも制限付きでチャージを行えます!

後払いでないと支払うことができないけどどうしても今すぐ商品が欲しい時等に活用してください!

 

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.