iOS16にアプデすると音ゲーが出来なくなる原因と対処法を徹底解説


iOS16で音ゲーができない可能性がある

現在、iOS16にアップデートすると、アイマスやあんスタなどの音ゲーができなくなる可能性があると話題になっています。今回ご紹介する現象以外にもiOS16ではベータ版の時点で様々な不具合が確認されており、正式版公開後も課題が残されています。

今回の現象によって3か所以上同時にタップする必要があるユーザーにとってはかなり不便となるアップデートのため、起動してログインボーナスは確保できてもイベントを走ったり、ウィークリークエストをクリアしづらくなると不満の声が増加しています。

マルチタップ、3本指タップが原因

今回の現象の原因は、マルチタップが原因です。音ゲーではアプリによって異なりますが2箇所同時押しや、同時押し後すぐにノーツが流れてくるので3箇所以上同時に押す判定になる場合があります。

この3箇所以上同時に長押しした時に、iOS16ではマルチタップ扱いとなりコピーやペーストを選択する画面が出てきてしまいます。元々以前からあった機能ですが、メモ帳やSafariなどの1部のアプリでのみ動作していた機能でした。

今回のiOS16から、ほぼ全てのアプリで適応されるようになったので問題になっています。

音ゲーだけでなく、モバイルFPSゲームにも影響

今回の現象は音ゲーアプリだけではなく、モバイル版APEXやPUBGmobileなどのFPSゲームアプリにも影響します。

二本指でプレイしているユーザーへの影響は殆どありません。しかし、エイムを合わせやすくするために三本指以上で操作している場合、iOS16からコピーバーが出現するので一時的に操作不能になります。そのため、三本指以上でプレイする層の多いiPadユーザーからは不安の声が挙がっています。

この機能はオフにできない

設定でオフにすることなどの抜け道はないのかという質問も挙がっていました。検証したところ、今回の現象を無効化できそうな設定は見つかりませんでした。

また、iOSにはアクセスガイドという機能があります。これは今開いているアプリ以外の他のアプリの動作をできなくするもので、例えばバッテリー残量の低下を警告する画面を表示できなくすることでサスペンションによるゲーム離脱を防ぐことができます。

唯一考えられたのがアクセスガイドでしたが、現時点では今回の現象はアクセスガイドの影響を受けていませんでした。そのため、アクセスガイドをオンにしていてもコピーバーが出現してしまい、現状はコピーバーをオフにすることはできません。

現時点でできる対策

仕様上コピーバーをオフにすることはできなかったものの、現時点でまだiOS16へのアップデートを行っていない場合は今からでもできる対策があります。2022年9月13日から自動アップデートが行われてしまうので、今のうちにできる対策を行っておきましょう。

自動アップデートをオフにしておく

まず最初にできることは、自動アップデートをオフに設定しておくことです。自動アップデートをオンにしていると、9月13日になった時点で自動アップデートが行われてしまい、問答無用でiOS16にされてしまいます。

自動アップデートをオフにするには、まず設定から一般に移動します。

次にソフトウェア・アップデートを選択し、下の方へスクロールすると自動アップデートという項目があるのでタップします。

赤枠のスイッチをタップして、オフにしておきます。自動アップデートをオフにしておくことで勝手にiOSにアップデートされてしまうのを阻止し、今回の現象が直った後に手動でアップデートを行うことができます。

アップデート前に情報収集をしよう

iOSはシェア率が高く、ベータ版リリース時や正式リリース直後に有志で新バージョンでの動作による不具合や便利なところ、不便なところを報告してくれるユーザーも数多く存在します。今回の場合はツイッターなどのSNSで「iOS16」や「マルチタップ」などのキーワードで検索すると既にiOS16にアップデートしたユーザーからの情報が載っています。

アップデート後はどんな挙動をするか未知数な部分があります。一度アップデートしてしまうと以前のバージョンに戻すことは難しくなってしまうので、アップデートする前に重要な欠陥がないか情報収集する習慣をつけましょう。

Android端末への切り替えを検討する

今後も今回の現象が解消される兆しが見えない場合は、Android端末への移行も検討していきましょう。急に新品のAndroid端末に機種変更するのはハードルが高くAndroidの操作に強い違和感を感じてしまう場合もあるので、まずは1~2年ほど前に発売されたAndroidを中古で購入して移行してみましょう。

古すぎるAndroid端末だと正常に動作しなかったりアプリが対応していない場合があったり、操作感が重く感じてしまったりするので中古端末を購入する際は発売時期と自分がプレイしているアプリの対応端末を確認しましょう。

また、アプリによっては異なるOS間での引き継ぎには移行できないものもあるので、移行前に必ず各アプリの注意書きを確認しましょう。

iOS16の新機能の詳細と不具合まとめを徹底解説

2022年9月8日にiOS16がAppleから発表されましたが、新実装される機能がかなり多くユーザーからの期待を集めていました。 iOS16の詳細と不具合・エラーのまとめを紹介していきます。 コンテン ...

続きを見る

 

-iPhone
-, , , , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.