解説、アプリの使い方

SNSデイズ

IOS12のアップデートの不具合、LINEにログイン出来ない!?アプリの挙動の不具合など徹底解説

投稿日:

2018年9月18日にiPhoneユーザー待望のIOS12へのアップデートが可能になるようです。

アップデートの詳細や推測される不具合についてご説明します。(LINEログイン出来ない、アプリにアクセスした際の不具合の挙動についてなど)

IOS12アップデートはどのような内容?

9月18日予定のIOS12アップデートにより、iPhoneとiPadの操作が速く、反応良く、そして楽しくなるようです。

一体どのようなところに変更が加えられるのでしょうか。

いつもすることをより速くできる

いつもすることが、今までよりも速く行えるようになります。最大70%カメラの起動が速くなり、最大50%キーボードの入力が速くなります。

また同時に複数のアプリの操作を行う場合など重い負荷がかかっているときでも最大2倍アプリケーションの起動が速くなります。

一度に32人とのFaceTime通話が可能

FaceTimeは他のユーザーとのビデオチャットが可能になる便利なツールです。IOS12になることで、FaceTimeの機能がパワーアップし、なんと同時に最大32人とのビデオ通話が可能になります。

学校や会議でのチャットがとても便利になるだけでなく、話している人の画面が大きく表示されるなど、チャットツールとしてもかなり優秀な性能を有しています。

それだけではなく、カメラにエフェクトがつけられるので、アニ文字やミー文字、アニメーションやステッカーを使って個性的で独創的な使い方が可能になります。

その他様々な機能が追加されます。詳しくは過去記事をご覧ください。

IOS12で予想される不具合

正式リリースはまだなものの、既にIOS12 を利用しているユーザーも多数おり、IOS12の使用レポートも多数報告されています。IOS12にする上で不安を感じてしまうのが、アップデート後の不具合です。

大規模なアップデートがあるとアップデート後何らかの不具合によって以前のようには利用できなくなる方が多数現れます。アップデート前にどのような不具合があるのか調べてみました。

LINEにログインできなくなる?

LINEにログインできなくなるという噂があります。実際LINEに限らず数多くのサイトでIOS12へのアップデートの注意喚起が行われています。

ジャンプチはLINEのアプリなので、実際にアップデートした場合LINEログインができなくなる可能性が非常に高いです。公式からの注意喚起も出ています。

モンストでも注意がされています。ログインできないとまずいものがある場合、即座にアップデートせず、ネットの評判などを確認しつつ頃合いを見計らってアップデートした方がよさそうです。

基本的にiPhoneXs発売に合わせたアップデートとなるため、古い機種ほどアップデート後不具合が起きる可能性が高いです。iPhoneは5sからアップデート可能となっていますが、やはり新しい機種と比べると性能が落ちるため様子を見た方がいいかもしれません。

また一部公式にIOS12はサポート対象外と宣言しているゲームもあります。自分がプレイしているゲームや使用しているアプリがそれに該当するか事前に公式サイトなどで確認しておきましょう。

App Storeに接続できない

あくまでもベータ版での結果ですが、アプリやゲームだけでなく、そもそもApp Storeに接続できなくなるという報告もあります。

App Storeに接続できないと、アプリの入手そのものが不可能になってしまいます。ということが起こりうるかもしれないと考えると、IOS12へのアップデートは慎重にならざるを得ません。

IOS12からダウングレードする方法(非推奨)

IOS12にアップグレードするのは辞めておきましょう、といわれても好奇心旺盛な人ならばついアップデートしてしまうでしょう。それで不具合が発生してもダウングレードさせて元のIOS11に戻すことができます。

ただしダウングレードさせるためにはパソコンが必須となり、かつ手順が面倒です。ですからやはり危険だと判断したらIOS12へのアップデートはすぐにはせず周りの様子を見てから行う事をオススメします。

IOS11へのダウングレードの手順

まず現状のデータのバックアップをとります。というのもダウングレードは失敗することが珍しくないからです。

バックアップが無事完了したら、iOS11.4のipswファイルをダウンロードします。ipswファイルのダウンロードはこちらから行うことができます。

iPhone、もしくはiPadやiPodなど、お手持ちの製品を選択します。

その後該当する機種を選びます。

後は署名されたIPSWファイルを選び、ダウンロードします。

その後はiTunesを開き、ダウングレードしたいiPhoneを繋げ、iPhoneのバックアップ画面を表示させ、ファイル選択時にIPSWファイルを選択し、復元をクリックするとダウングレードが完了します。

IOSのダウングレードはAppleから認められていない

IOSのダウングレードは失敗しやすいことが報告されています。そもそもダウングレード自身Appleが正式に認めている行為ではないため、ダウングレードしたiPhoneは保障の対象外になってしまいます。

なのでダウングレードそのものが非常にリスキーな行為です。ダウングレードはするにしても本当に最後の手段として行うようにしましょう。

-iPhone

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.