iOS14.5でPS5やXBOXの最新コントローラーが対応!詳細を徹底解説

iOS14.5で新しく対応可能になったコントローラーが増えました。

以前までもPS4のコントローラーが接続可能でしたが、最新のPS4・XBOXの新コントローラーも対応されました。


iOS14.5で対応可能なコントローラーが増える!

iOS14.5にアップデートした場合、今までのバージョンだと対応されていなかったゲームコントローラーが対応するようになります。

主な対応コントローラーは「PS5」「XBOX」のコントローラーで、ボタンを自由にカスタマイズする機能も付けられています。

PS5とXBOBのコントローラーが新たに対応

PS5

新たに対応されたコントローラーは、PS5の「DualSense」とXBOX(Microsoft)の「Xbox Series X付属のコントローラー」です。

いずれのコントローラーも最新型で、PS5のDualSenseはPS5発売と同時に店頭に並べられているので、どの店舗にも在庫があり入手も簡単です。

Xbox Serise Xは本体に同封されているため購入価格は高いですが、Xbox Serise Xで遊んでいる場合はすぐにでもスマホアプリにも活用できます。

対応コントローラー一覧

対応コントローラー

  • DualShock(PS4コントローラー)
  • XBOXワイヤレスコントローラー(XBOX全般)
  • DualSense(PS5コントローラー)
  • Xbox Serise X

PS4・XBOBのコントローラーはほぼ全てiPhoneのコントローラーとして活用できていました。

そこにさらにPS5と新作XBOXのコントローラーが加わっています。どちらも最新作ではありますが店頭にはまだ在庫もある状態で、場合によってはPS4のコントローラーよりも店頭で入手しやすい可能性があります。

また、Androidは「ニンテンドーSwitch」のコントローラーにも対応しています。

iOS14.5の端末とコントローラーを連携させる方法

iOS14.5の端末と対応コントローラーを接続する方法は、PS4コントローラーを対応させる方法と全く同じです。下記の記事が参考になります。

ロックマンX DiVEはPS4等のワイヤレスコントローラー対応!設定方法を徹底解説

注意点も相変わらずで、接続の際にPS5やXBOX本体が近くにあるとそちらにアクセスポイントを取られてしまい、スマホに接続できないことくらいです。

また、スマホアプリで遊びたい場合は、そのアプリがワイヤレスコントローラーに対応しているかもチェックしてください。

対応が予想された「Luna Controller」はまだ

「Amazon」にクラウドゲームサービス「LUNA」がありますが、このサービス向けに「Luna Controller」というコントローラーが開発されています。

LUNAをラグなく快適に操作できるコントローラーですが、日本円でおおよそ5千円くらいです。ただし、生産量がPS5のコントローラーと比べると少ないからか、中古での価格が高くなっています。

Luna ControllerはiOS14.3がリリースされた際の解析でアクセスデータが残っていたため、いずれiPhoneに対応されると予想されていました。しかし、iOS14.5では音沙汰なしです。

キーリマッピング機能でボタンを自由に変更可能

iOS14.5には「キーリマッピング機能」という、ゲームコントローラーのキーを自由に変更できる機能も備わっています。

設定から「一般」をタップすると、Bluetoothでコントローラーに接続できている場合のみ「ゲームコントローラー」という項目が表示されます。こちらをタップしてください。

ゲームコントローラー設定内に「カスタマイズ」という項目があるので、これをタップしてください。

コントローラーのボタン設定画面が開かれます。それぞれのボタンがどのアクションに対応するかを決めましょう。また、画面上の「カスタマイズを有効にする」がオフになっていると、設定が反映されません。

リモートプレイにも対応!

PS5の「DualSense」はPS4同様にリモートプレイにも対応しています。

プレイステーションアプリが必要になりますが、PS4のアプリと同じもので、PS4コントローラーをリモートプレイでスマホアプリをプレイしている場合は新たにインストールする必要はありません。

リモートプレイの設定は下記を参考にしてください。

PS4のリモート接続やリモート操作、リモート接続後のコントローラーについて徹底解説

iPad、macOS11.3もPS5、Xbox Series Xコントローラーを接続可能

iOS14.5より前(2020年11月ごろ)リリースされたMac11.3でも、iOS14.5で対応されたコントローラーを接続できるようになりました。iPadもiOS14.5が適用されているため、アップデートすればこちらでも利用可能です。

iPadの接続方法はiPhoneと違いはありません。Macの場合もBluetooth接続が必須ですが、「環境設定」という項目から設定する必要があるのが、iPhoneとの設定の違いです。

また、iOS14.5と同じくAppleが開発した「AppleTV」も最新版にアップデートすれば、該当のコントローラーが利用できます。

【iOS14.5】アップデート後の詳細や新機能、出ている不具合と対処法について徹底解説

iOS14.5のリリースが開始され、iPhoneユーザーの間では新機能の追加について気になっているという人が増えています。また、iOSアップデート後に出てしまう不具合の方が気になってしまう人も少なくあ ...

続きを見る

 

-iPhone
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.