Clubhouse(クラブハウス)でブロックするとどうなる?相手にバレる?詳細を徹底解説

Clubhouse(クラブハウス)で相手をブロックする・ブロックされた場合の挙動や相手をブロックするとバレてしまうかなど、クラブハウスでのブロックの仕様を解説します。


Clubhouseのブロックの仕様

クラブハウスで相手をブロックしたくなる状況に直面することがあります。

ブロックの挙動で気になる点として、

気になる

  • 相手と一切関わることができなくなるのか
  • ブロックしたことがバレるのか
  • 他のトークルームで偶然鉢合わせた時はどうなるのか

上記3点を気にする声が上がっています。

基本的なブロックの仕様から見ていきましょう。

トークルームに入れなくなる

クラブハウスには、

ポイント

  • スピーカー(話し手)
  • モデレーター(主催・司会進行など)
  • オーディエンス(聴衆)

以上3役で成立しているトークルームで他ユーザーと交流することができます。

自分が「スピーカー」もしくは「モデレーター」として入室しているルームには、ブロックしたユーザーは入ることができません。

ただし、自分と相手が主催していない他のルームに入る場合は、例外として相手の声を聴くことができたり、またはその反対が可能です。

フォローが解除される

相手をフォローしている・フォローされている関係の「相互状態」の場合は、ブロックすると相互状態が解除されます。

まだブロックされていない状態であると、「Follows you」表示が出ています。

ブロック後は、「Follows you」表示が消え、フォロー中の数が減少します。

フォローが外れると、相手のオンライン状況やトークルームの開設通知などが相手に届かなくなります。

ただし、引き続き「フォロワー」には残ります。

プロフィールを見ることができる

ブロックしても、相手のプロフィールは引き続き閲覧することが可能です。

名前やプロフィール変更、フォローとフォロワー数の増減の様子は、ブロックした後でも更新されるため、ブロックによってプロフィールへのアクセスを完全に遮断させることはできません。

同じトークルームに入ると警告表示が出る

自分と相手が設立していないトークルームで鉢合わせた場合、「ブロックした誰かがスピーカーにいます(Someone you have been blocked is a speaker.)」と画面下部に警告表示が出ます。

誤って入室した場合でも、警告表示によって認知することが可能です。

ブロックした相手の声は聴こえる

ブロックした後でも、引き続き相手の声は聴こえます。

現時点では、ブロックによって相手の声が完全に遮断される仕様にはなっていないため、相手の声を聴きたくない場合は、自分からトークルームを退室するといった措置を取らざるを得ません。

同じルームでトーク中にブロックした場合

自分もしくは相手が「スピーカー」もしくは「モデレーター」で、お互いに喋ることができる状況下でブロックすると、相手の声が聴こえなくなったり、強制的にルームから退出させられることはありません。

影響は、フォローが解除された状態になります。

ブロックされた場合の影響

実際にブロックされてしまった場合の挙動をご紹介しますので、チェックしてみましょう。

お互いにフォローしている状態で相手にブロックされると、自分がフォローしている数は変動しないものの、「フォロワー数」だけが減少します。

フォロワー数減少以外の影響は、

影響

  • フォローしても通知されない
  • トークルームが見つからない
  • オンライン状況を把握できなくなる

ひとつずつご紹介します。

フォローしても通知が届かなくなる

再フォローをしても、相手には自分がフォローしたことが通知されません。

「お知らせ(Activity)」フィードにもフォローに関する通知は表示されないため、ブロックされると相手は自分の事を感知することができなくなります。

トークルームが見つからない

ブロックされた相手のトークルームは、フィードに表示されなくなるため見つかりません。
加えて、検索してもトークルームは表示されなくなります。

ただし、相手のプロフィールは検索に表示されるため、参照することができます。

オンライン状況が表示されなくなる

フォロー状態が外れるため、相手のオンライン状況を把握することはできません。

オンライン状況は、フォローしている・されている状態で利用できる機能のため、相互が保持されていない状況ではこの機能を利用することはできません。

ブロックで相手に通知されることはない

ブロックをしても、相手にはブロックしたことを知らせる通知などは送信されません。

また、ブロックした瞬間に相手が認知することは極めて低いです。

ただし、場合によってはブロックしたことがバレてしまうことがあります。
バレてしまう状況として、次のものが挙げられます。

相手が自分のプロフィール画面を見るとバレる

ブロックしたことがバレてしまう状況として、

ポイント

  • ブロックした相手がフォロワー数の減少を感知する
  • 自分のプロフィールを参照して「Follows you」表示が無い事を認知した時

クラブハウスのブロックによる挙動は、自分は相手のことを引き続きフォローしている状態で表示されるものの、相手は自分の事をフォローしていない表示になります。

相手が「Follows you」表示が無いことに気付くと、ブロックされたことを感知されます。

フォロワー数減少の段階で、誰がブロックしたことをすぐに把握することはできませんが、数が少ない場合は誰がブロックしたのか特定することが可能です。

ブロックのやり方

ブロックは、「相手のプロフィール画面」から行うことができます。

プロフィール画面右上の「・・・」アイコンをタップし、「Block」をタップします。

ポップアップの「Block」をタップすることで、ブロックされます。

トークルームから

トークルームから直接ブロックすることも可能です。

相手のアイコンタップもしくはアイコン長押しでボタンを表示させることができます。

トーク中は、フロート形式のプロフィールで表示されるため、「・・・」アイコンをタップして「Block」でブロックできます。

ブロック解除方法

ブロック解除する際は、ブロックした相手のプロフィール画面を開き、赤い「Blocked」ボタンをタップします。
表示されるポップアップの「Unblock」をタップしましょう。

以上でブロックが解除されます。

ブロックリストは実装されていない

ブロックリストは実装されていないため、誰をブロックしたのかを一覧で確認することができるリストはありません。

そのため、誰をブロックしているのかを把握する方法としては、相手のプロフィール画面を参照することで確認することができます。

引き続き検索にブロックした相手の名前はヒットするため、検索から確認する方法もあります。

カニをひたすら眺めるだけのゲーム「Crabhouse(カニのおうち)」が話題!詳細と遊び方を徹底解説

 

-iPhone
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.