解説、アプリの使い方

SNSデイズ

iPhoneのカレンダーが令和に変わらない!!対応期間や変更方法を徹底解説

投稿日:

2019年5月1日(水)より、元号が「令和」になりました。それに伴い、様々な場所で和暦の変更がされていますが、iPhoneの「カレンダー」はまだ「平成」のままになっているようです。

今回はiPhoneのカレンダーがいつから「令和」に対応するのかを徹底解説します


iPhoneが新元号「令和」に対応していない?

2019年5月1日(水)より、元号が「令和」へと変わりました。それに伴い、各地のカレンダーや書面などは「令和」に対応しています。

しかし、iPhoneのカレンダーはまだ「令和」に対応しておらず「平成31年」と表示されてしまいます

Siriなどの一部の機能では「令和」に対応しており、反応をするため、全ての機能が対応していないわけでは無いようです。

iPhoneのカレンダーはいつから「令和」に対応するのか

ポイント

iOS12.3 macOS10.14.5から対応開始

次回のOSアップデートから新元号は対応する事になります

公開見込みは5月中との事で、現在では正式公開に向けベータ4が公開されています。このベータ4のバグなどが修正され次第、一般公開という事になります。

是非OSアップデートが来たらしてみましょう。新しい元号に対応することが増えます。

iPhoneのカレンダーを「和暦」にする方法

iPhoneは初期設定のままだと、カレンダーが「西暦」になっています

ですので、「平成」も「令和」も関係ありません。しかし、これを和暦」に変更する方法があるのでご紹介します

1.設定を開き、「一般」を選択します。

2.「言語と地域」を選択します。

3.「歴法」を選択します。

4.「和暦」にチェックマークを付ければ変更完了です。

今までiPhone上で西暦表示されていた場所が全て和暦表示となります。

※一般サイト等は除く

編集後記

新元号の「令和」に変わる事により、あらゆる場所で元号に基づいた物の変更がされていますね。免許証や書類面なども今後は「令和」の文字を見る事が多くなりそうです。

最初は慣れず「平成」と書いてしまう事が多くなると思いますので、カレンダーなどを和暦にして「令和」を見る機会を増やしてみるのはいかがでしょうか。

まもなく「令和」がスタート!何が変わる?注意点などを徹底解説

 

-iPhone

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.