インスタで流行っている「lasperanzachallenge」ハッシュタグについて詳細を徹底解説

インスタではコ◯ナの自宅待機対策として暇つぶしのハッシュタグ投稿が流行っています。

その中のひとつ「lasperanzachallenge」は非常にユニークで、一見うるさいようですが「え?こんな声出るんだ!」と初見だとびっくりされるおもしろいハッシュタグです!


lasperanzachallengeとは

インスタで「lasperanzachallenge」というハッシュタグを付けた投稿が多くなっています。

lasperanza(ラスペランザ)challenge(チャレンジ)と読みますが、本場オペラのように高いテノール声を出す動画を投稿したものに、このハッシュタグが付けられています。

基本的に短い動画で、男性がどのように高い声を出すのかを楽しむことができる内容です。

インスタ・Twitterで流行っている!

lasperanzachallengeハッシュタグは、インスタとTwitterで主に投稿されています。

ハッシュタグを付けて投稿しているので、インスタかTwitterでそのハッシュタグをタップすれば類似投稿がたくさん出てくるので動画を探しやすくなっているのがポイントです。

以前からlasperanzachallengeハッシュタグは使われていましたが、3月下旬から4月にかけて投稿が急激に増えています。

このことから、数あるハッシュタグの中でも人気でなおかつユーザーも投稿しやすい内容となっているのがわかります。

動画の内容について

https://www.instagram.com/p/B-AHNZzIhut/?utm_source=ig_web_copy_link

上記のインスタ投稿にもlasperanzachallengeが付けられていて、「男性がオペラのような声を出す動画」となっています。

例えば、どのような声を出すか(高い音や低い音、何を言うか等)は決まっていませんが、共通してオペラのような響き渡る大声を出しているのが特徴となります。

オペラボイスで長く歌ったいられる人は30秒以上歌い続けていますが、大半の人はちょっとオペラボイスを試しただけなので、10秒程度で動画は終わりとなる傾向があります。

ちなみに、lasperanzachallengeのハッシュタグではなく「HiCチャレンジ」「ラスぺチャレンジ」と日本語でタグが付けられている場合もあります。

これは投稿者が日本人で日本語タグを使っているだけで、lasperanzachallengeと特に変わりはありません。

とはいえ、元のハッシュタグがlasperanzachallengeで、他のユーザーもlasperanzachallengeを付けて投稿するという固定概念が植え付けられているおかげで、HiCチャレンジやラスペチャレンジのタグはそこまで多くありません。

よくある「暇つぶし用のハッシュタグ」

現在では新型コロナウイルスのせいで多くの人が世界各国で自宅待機を命じられています。

もちろん自宅待機せずに外で遊んでいる人や仕事をしている人も多いのですが、コ◯ナウイルスの猛威を受けて誰とも接触しないようにしている人の多くは、暇を持て余しています。

その暇を解消するために、インスタで暇つぶし用のハッシュタグがいくつか考案されていますが、lasperanzachallengeもそのひとつです。

他にも「Until tomorrow」の投稿や「にんじんチャレンジ」のストーリーメンションが暇つぶしハッシュタグとして活用されていました。

インスタで流行りの「にんじんチャレンジ(にんじんリレー)」ってなに?始まりや危険性、やり方等を徹底解説

インスタで流行している「Until tomorrow」とは?詳細を徹底解説

いいねを貰うには顔出しが半必須!

元々インスタにフォロワーがたくさんいていいねを貰える環境であれば、適当な動画にもいいねはたくさんつきます。

しかし、フォロワーが少なくてlasperanzachallengeのハッシュタグを付けた投稿によってフォロワーを増やしたいと考えている人は、それだけではなかなかいいねが付きません。

類似動画(同じハッシュタグを付けている動画等)が多いのも理由のひとつで、それらの動画は大抵「顔出しで声出しをしている」はずです。

同じ土俵に立つには自分も顔を晒した上でノイズチャレンジを行う必要があるので、どうしても顔を出して声出しをしたくない人は注意してください。

どちらかというと男性が多い

lasperanzachallengeの動画の多くは男性が出演しています。

元々オペラのような声を出すのは声が高い女性の方が適しているとされていて、lasperanzachallengeは元々「合唱のテノールのような声を出す」ことが目的だったハッシュタグです。

確かに女性の綺麗なテノールボイスも魅力的ではありますが、「面白さ」の観点からなら、男性が無理やりテノールボイスを出して成功する(失敗する)方が面白くなっています。

そのため、主に男性がlasperanzachallengeのハッシュタグを付けてノイズチャレンジを行っているのだと考えてください。女性が投稿している場合は綺麗な透き通った声かテノールではなくアルト寄りの低いボイスの2択である場合が多いです。

lasperanzachallenge投稿一例

https://www.instagram.com/p/B-ZnNwuJK3F/?utm_source=ig_web_copy_link

インスタでlasperanzachallengeハッシュタグが付けられている投稿のほとんどは「アメリカ人」の動画です。

上記投稿のように男性が立って(顔をアップにして)なんらかの歌をオペラのように歌っているものが大半でした。

「声に興味がない」という人は何が面白いかわからないかもしれませんが、インスタの流行に乗るという意味では知っておきたい・チェックしておきたいハッシュタグであると考えることができます。

View this post on Instagram

Hey guys! there is a new challenge floating around on Instagram. I have been nominated to take part in the #lasperanzachallenge. This was a fun challenge for me! I nominate @christopher_tenor_miller @lucasmeachem @benbernheimtenor have fun fellas! • besides taking part in instagram challenges I am getting a lot of cleaning done, finishing Netflix series and spending some quality time with @molson_d I hope everyone is taking #socialdistancing seriously! Please stay safe, and #stayhome !❤ • • • #lasperanzachallenge #laboheme #puccini #rodolfo #mimi #lucasmeachem #benjaminbernheim #instachallenge #sopranosofinstagram #operasingersofinstagram #highnotes #canadiantalent #latinasdoitbest #operamarta #stayhomechallenge #covid_19

A post shared by M A R T A W O O L N E R (@marta.woolner) on

上記の動画は女性がオペラボイスを披露していて、動画の冒頭で女性が英語で挨拶をしていて、ボイス披露が少し遅いです。

しかし、本物のオペラ歌手のような綺麗な声を聴くことができるので、男性のノイズチャレンジだけでは物足りないという人はチェック必須です!

インスタでは割合で言うと8:2くらいで男性が多いlasperanzachallengeですが、Twitterでは日本人女性やライブ配信アプリの女性ライバーがlasperanzachallengeのハッシュタグを付けて投稿していました。

インスタで流行している「Until tomorrow」とは?詳細を徹底解説

 

-インスタ
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.