第五人格(IdentityV)のランクマ、マルチ戦にVC機能が実装!?荒れる?ハンター不利?詳細を徹底解説

第五人格でVC機能が実装されると話題になっています。

今回は第五人格のVC機能の詳細や「荒れる?」「ハンター不利?」などを徹底解説していきます。




第五人格でVC機能がテストサーバーに実装

6月18日から第五人格でVC機能が、テストサーバーに実装されて話題になっています。

4対1の第五人格では、サバイバ―側は定型文チャットを使って連携を取ります。

ただ定型文チャットでは共有できる情報に限りがあるので、大会をはじめとして多くの人がVCを使っていました。

VC機能は第五人格には付いていなかったので、ディスコードやLINE通話など別のアプリが活用されていました。

使いたい人だけが使う扱いだったのですが、今回公式に機能が実装予定。「使いたくない人も使わないといけない?」「荒れるのでは?」との心配が囁かれています

このVC機能はあくまでもテストサーバーでの実装なので、このまま本サーバーに実装されるとは限りません。

マルチ、ランクマ共に実装

第五人格のVC機能は、ランダムマッチとランクマッチに実装される予定です。

ランダムマッチについては、「1人でのんびりプレイや苦手なキャラの練習がしにくくなるのでは?」との声が見られます。

ランクマッチについては「熱くなった人に煽りや暴言が吐かれるのでは?」との懸念が強まっています。

VC機能は荒れる?

以下の情報はあくまでもテストサーバーのものになので、仕様が変更される可能性はあります。

ありがとう煽り・暴言が消えていない不安

第五人格で問題になっているのが、ありがとう煽りと対戦後チャットの暴言です。

誰かがミスして以降ありがとうを連続して打たれると気分は良くないですし、なにより解読進捗などの必要な情報が得られなくなってしまいます。

また対戦後チャットで暴言を吐く方もおり、そういった暴言が原因で傷付き、ゲームを辞めてしまう方も少なくありません。

これらの一部の素行の悪いプレイヤーが居る状況なので、多くの方が「VCで文句や暴言を吐かれるのでは?」と心配している訳です。

中国の協力狩りでは問題は起きていない

実は第五人格のVC機能は、すでに中国の協力狩りに実装されています。

そちらでは特に大きな問題も起きておらず、「日本に実装されても大丈夫なのでは?」との声もあります。

ただ協力狩りに比べてランクマの方が熱くなる人が多いので、「参考にならない」との意見も見られます。

ランクマはチームを組んでいる場合のみ

ランダムマッチを行った場合、全てのサバイバ―がVCを使うことができます。

しかしランクマッチに関しては、チームを組んでいる人同士でしかVCは繋げられない様になっています。

そのため野良でマッチして、知らない人に暴言を吐かれる心配はありません

マイクもスピーカーもオフにできる

ランダムマッチは全てのサバイバ―がVCを使うことができます。

ただ機能としてマイクもスピーカーも個別にオフにする事が可能です。

「マイクはオフにできるけど、スピーカー越しに文句を言われ続ける」なんて心配はありません。

マイクに関してはデフォルトでオフになっています。

「VC繋がないと利敵する」恐れも

上記の通り第五人格のVC機能は、不快な思いをし難いように配慮がされています。

しかし中国版の協力狩りには、「VCをオフにするなら利敵する」「出会い目的で、関係ない話をずっとする」などの問題も少なからずありました

日本版でもランダムマッチを中心に、そういった問題が出る恐れもあります。また募集で知らない人と組んだ時に、VCの使用を強要される可能性も有ります。

VC機能はハンター不利?

VC機能に実装に伴って「さらにハンターが不利になる」との声も見られます。

下記では「VC機能はハンターに不利なのか?」を紹介していきます。

様々な情報を共有できる

サバイバ―側の情報共有は非常に大切で、チャットの活用は勝つために必須レベルとなっています。

進んでいる解読機引継ぎやハンターの現在地の共有、粘着やフクロウのタイミングなど、チャットではなくVCを使うとことでスムーズかつ正確に連携が行えます。

逆に言うとVCを使われる事でハンターが戦い難くなるのは、間違いない事実でしょう。

ジョゼフ、白黒、魔女などは影響が大きい

VCを活用されるとハンター全般的に不利ですが、中でもジョゼフと白黒無常、夢の魔女には影響が大きいです。

ジョゼフはスポーン位置の把握や起死回生・回復連携、シビアな見捨て判断などに影響します。

白黒無常はVCであれば、飛ぶタイミングだけでなく、どこに向かって飛ぼうとしているのかも伝えられます。

これによりサバイバ―は初手やタゲチェン後の奇襲を防ぐことができます。

夢の魔女はVCに負けないキャラパワーはありますが、本体が近くにいると位置がばれる様になったことがVCに関係します。

チャットでは「ハンターが近くにいる」と打っても、本体なのかオリジナルなのか、寄生なのか分かりません。

VCではそれらの情報を正確に共有し、対処する事が可能です。

これまでもVC自体は使われてきた・慣れてない人は有効活用できない

VCが使われるとハンター不利なのは間違いないですが、VCはこれまでも使われてきています。

特にランクマではチームを組んでいる人限定のVCですし、そもそもチームを組んでいる人はVC率が高めでした。

公式にVC機能が実装されたからと言って、それほど大きな変化はないと見られています。

一応VC導入の敷居が下がり、これまで使っていなかった人たちの間でも広く使われるようになると言う懸念はあります。

しかしVCは言葉で正確に情報を伝える必要があり、慣れていないとお互いに混乱を招きかねません

またVCに精一杯になり、組んでない人向けのチャットが疎かになる方も少なくありません。VCを使う人が増えれば増える程、ハンターが不利になっていく訳では無いでしょう。

第五人格(IdentityV)のスポーンの一覧や危険スポーン・暗号機、初心者向けチェイスルートなど徹底解説

第五人格のスポーン位置が難しく困ってしまう方は多いです。 今回は、第五人格のスポーン位置の一覧や初心者向けの攻略を徹底解説していきます。 コンテンツ1 第五人格でスポーン位置が難しい1.1 スポーン位 ...

続きを見る

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

ファントムオブキル

ファントムオブキルは、神器の名前を持つ少女たちを育成して戦うタクティカルRPGです。

広いマップにキャラ移動距離や攻撃範囲の異なるキャラを配置し、ターンごとにキャラを動かして戦っていく戦略性の高いゲームになっています。

「有料でも買う」との声も多々見られるほどハイクオリティで、操作性も高いと好評です。

美しいイラストの魅力的なキャラたちには、剣や弓など様々な役割が割り振られています。

キャラの配置や動かし方、装備が重要になる戦略的なゲームなので、「気に入ったキャラが弱くて全く使えない」なんて心配はありません

更に同じキャラでも姫タイプによってステータスの伸びが違うため、自分だけの編成を見付ける楽しさもあります。

ファントムオブキルはストーリーも重厚で、特にキャラごとのクエストストーリーに力が入っています

美しい一枚絵と知らなかったキャラの素顔に、更にのめり込んでしまう事でしょう。

対人要素やコラボも豊富に行われており、長く楽しめるアプリになっています。

おすすめポイント

  • ハイクオリティなタクティカルRPG
  • 高い戦略性で楽しめる
  • 美麗なキャライラスト
  • ストーリーやキャラも魅力的
  • 対人要素やコラボも豊富

Dragonicle:ドラゴンガーディアン

Dragonicle:ドラゴンガーディアンは広大で幻想的な世界を旅する事が出来るファンタジーMMORPG。4K高画質対応の美しい世界を堪能する事ができます。

「パラディン」「シャドウ」「メイジ」「アーチャー」の4つの職業から選択するシステム。性別や体格は職業に依存し、顔や髪形など目立つ部分は自分でキャラメイクを行う事が可能です。

Dragonicle:ドラゴンガーディアンの大きな特徴が、龍魂システムです。選んだお供と一緒に戦闘に繰り出し、支援して貰う事ができます。

龍魂は非常にかわいらしい姿をしており、龍魂は自身で育てていく事が出来るのも魅力。成長するに連れて強く、外見も人型の美しいキャラクターに変化していきます。

オートプレイやアプリを閉じている間の自動鍛錬モードも搭載で、時間の無い方でも放置系アプリの様に遊ぶことができます。

バトルや育成システムなど全体的にテンポがよく、レベルもガンガン上がるのでストレスフリー。成長に合わせて強化が解放されるので、システム的にも分かり易くなっています

おすすめポイント

  • 広大で幻想的なファンタジーMMORPG
  • 4K対応のハイクオリティグラフィック
  • バトルや育成の店舗が良くレベルがどんどん上がる
  • キャラメイク可能
  • お手軽オートで放置育成可能
  • 龍魂のお供がカワイイ

龍が如く

大人気シリーズである龍が如くのアプリ「龍が如く ONLINE」は、基本プレイ無料で遊べるファン必携の作品です。

歴代のキャラクターを集めて編成し、ストーリー攻略やPVP、ギルドバトルを行います。

シリーズお馴染みのキャバクラにも力が入っており、会話の中で好感度を上げて攻略していく楽しみがあります。

本作は桐生に代って「春日一番」を新たな主人公中心とした物語となり、6から続くシリーズの正統続編となっています。

また郷田龍司を主人公にした「黄龍放浪記」、桐生の戦いを追憶する「桐生一馬伝」のストーリーに加え、歴代登場キャラを掘り下げるキャラストーリーも充実しています。

特にキャラストーリーは掘り下げや本編の前・後日談が充実しており、キャラの魅力は勿論、本編の矛盾点や疑問点に応えるものにもなっています。

PVPであるタイマンやギルドバトルであるドンパチも龍が如く ONLINEの大きな魅力です。

特にドンパチはド迫力で戦略性も高いシステム。連合内で殲滅役、連撃役、強襲役、防御役を受け持ち、奥義や号令を駆使して戦います

おすすめポイント

  • 歴代キャラクターが登場
  • 6から続くシリーズの正統続編
  • 戦略性の高いタイマンやドンパチ

 

-identityⅤ(第五人格)
-,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.