遊戯王マスターデュエルでVFDが禁止にならなかった理由や対策法について徹底解説

遊戯王マスターデュエルで真竜皇V.F.D.が規制の対象にならなかったと話題になっています。

今回は遊戯王マスターデュエルで真竜皇V.F.D.が禁止にならなかった理由や真竜皇V.F.D.と対戦するときの対処法を解説します。


VFDが規制にならなかった

2022年4月25日(月)に、2022年5月9日(月)からリミットレギュレーション(規制)の対象になるカードを発表しました。その際に対象になるだろうと多くのユーザーから予想されていた真竜皇V.F.D.が入っておらず話題になっています。

今回対象になったカード

制限カードはデッキに合計1枚までしか使用できず、準制限カードは合計2枚までの使用となります。

今回対象になったカードと内容は以下の通りです。

レアリティカード名規制の種類能力
SRサイバー・
エンジェル
-弁天-
制限戦闘破壊したモンスターの
守備力分のダメージを
他のモンスターに与える。リリースすると
光属性天使族をサーチできる。
R黄金郷の
コンキスタドール
制限黄金卿エルドリッチが
いるときに召喚すると
相手のカードを1枚選択して破壊できる。
自分か相手のエンドフェイズで
墓地から除外すると
エルドリクシル魔法・罠カードを
1枚選択し召喚できる。
SRD.D.
ダイナマイト
準制限相手が除外しているカードの枚数×300の
ダメージを
与えることができる。
SR雪花の光準制限自分の墓地に魔法・罠カードが存在しないとき、
デッキから2枚のカードをドローできる。
墓場から除外し、
手札を1枚相手に見せてシャッフルすると
デッキから1枚ドローできる。
Rフュージョン・
デステニー
準制限手札やデッキから
融合素材モンスターを墓地に送ると、
D-HEROモンスターを融合素材としているモンスターを
1ターン使用できる。
R幻影騎士団
ティアースケイル
準制限墓地から幻影騎士団モンスター
またはファントム魔法・罠カードが
除外された場合、手札を1枚捨てると、
デッキから幻影騎士団ティアースケイル以外の
幻影騎士団モンスター1体か、
ファントム魔法・罠カード1枚を
墓地へ送ることができる。
R鉄獣戦線
フラクトー
準制限手札やフィールドから
墓地に送ると、デッキからレベル3以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター
1体を墓地へ送ることができる。
R電脳堺悟
-老々
準制限電脳堺カード1枚を
デッキから墓地へ送ると、
フィールドの種類(モンスター・魔法・罠)が
異なる電脳堺カード1枚を特殊召喚できる。
その後、墓地へ送ったカードとは
異なる電脳堺モンスター1体を
墓地から選んで効果を無効にして
守備表示で特殊召喚できる。
NLL
-コバルト・
スパロー
準制限このカードが特殊召喚に成功した場合、
デッキから鳥獣族・レベル1
モンスター1体を
手札に加えることができる。このカードを素材に
フィールドからカードを召喚した場合、
DEF100の効果を追加できる。
Nプランキッ
・ロック
準制限プランキッズモンスターの、
融合素材またはリンク素材として
墓地へ送った場合、自分の手札を1枚除外し、
デッキから1枚ドローすると、
手札やデッキからプランキッズ・ロック以外の
プランキッズモンスター1体を
守備表示で特殊召喚できる。
N魔救の分析者準制限相手フィールドにのみ
モンスターが存在する場合に
手札から特殊召喚できる。
自分メインフェイズのとき、
自分のデッキの上からカードを5枚めくり、
その中からチューナー以外で
レベル4以下の岩石族モンスター1体を
選んで特殊召喚できる。
Nレッドアイズ・
ークネス
メタルドラゴン
制限解除

 

フィールドの表側表示の
ドラゴン族モンスター1体を除外すると、
手札から特殊召喚できる。
自分がメインフェイズのとき、
手札や墓地から
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
以外のドラゴン族モンスター1体を
選んで特殊召喚できる。

VFDとは

VFDとは真竜皇V.F.D.の通称で、能力の高さから遊戯王OCGでは禁止の規制がかかっているカードです。

相手のフィールドにあるカードすべてを宣言した属性に変えることができ、さらに宣言した属性のカードに対して攻撃や効果の発動をできなくさせることが可能です。また、相手のカードの中から1枚選択し、破壊することも可能です。

VFDの禁止を願っているユーザーも多い

VFDの効果はフィールドのすべてのカードに及び、また行動のほとんどが制限されます。VFDへの対策を取っていないと、何もできずに一方的に攻撃されて負けてしまうというケースが発生します。

このように太刀打ちできない場合は特に、平等性やゲーム性が損なわれると禁止を願うユーザーも少なくありません。

VFDが禁止にならなかった原因

VDFが禁止にならなかった原因については以下の事項が考えられます。

レアリティの高いカードには規制がかかっていない

VFDのレアリティはURですが、今回規制がかかったのはすべてSR以下のレアリティのカードです。そのため、運営側が利益を優先した結果だと考えるユーザーも少なくありません。

また、無課金で入手するのが困難なカードのため、課金で手に入れたカードが無効にならないようにという課金ユーザーへの配慮だとも考えられています。

レアリティの高いカードと相性の良いカードを対象にすることで間接的に制限をしている

今回の規制は他にも予想はされていたものの、対象になっていないというカードがあります。それらとも相性が良く重宝するようなカードに対しての規制が複数あり、間接的に規制が叶っているとも言われています。

VFDの他にも規制を予想されていた「ドライトロン」や「エルドリッチ」は、一緒に使用することで効果的な「サイバー・エンジェル-弁天-」や「黄金郷のコンキスタドール」が規制の対象になっています。

召喚演出のあるカードは対象になっていない

規制の対象から外れているカードについての共通点として召喚演出があるという点も上がっています。演出を作成するのにもコストがかかるため、無駄にならないよう規制を避けているとも考えられています。

しかし、運営側が積極的に使用してほしいと考えているカードにも召喚演出が付くため、召喚演出のコストというより運営が気に入っているカードだと捉える考え方もあります。

マスターデュエルではサイドデッキがないので比較的格差が大きくなりにくい

遊戯王OCGで採用されているマッチ戦ではサイドデッキといって予備のカードを用意することができます。このサイドデッキの内容は対戦中に変更することができません。

VFDでの威力に対抗するようなるカードがメインデッキ・サイドデッキのどちらかに準備されていることもあります。VFDと当たることを多少想定している場合の組み方になります。

それに対する対策をVFD側はメインデッキとサイドデッキの両方で何通りも準備をすることができます。そうなったときに有利に働き、より威力を生じます。

シングル戦のマスターデュエルでは、マッチ戦のときほどの力を発揮しない

サイドデッキがある場合に、VFD側が対策の対策を取れるような状態になり、完全に制圧できるというケースが多発しました。ところがシングル戦のみを採用しているマスターデュエルでは、限られた枚数の中でそこまでの対策はできません。

また、先に効果の使用ができる先手が有利な作りにもなってもいます。VFDが極端に強いわけではなく、VFDのように威力のあるカードもたくさんあるため、平等性やゲーム性はそこまで損なわれてはいないということになります。

規制されると考えてVFDの生成を躊躇するユーザーが多かった

マスターデュエルのプレイヤー間では、VFDの威力の大きさや、遊戯王OCGではすでに規制されていることから、すぐにマスターデュエルでも規制の対象になるだろうという考えが浸透していました。そのため、一時しか使えないカードに大きな労力をかけたり、課金をして入手するのはもったいないと考えるユーザーも少なくありませんでした。

規制の対象のジャッジはデータの統計に基づいているため、使用するユーザー数に歯止めがかかった状態では、規制に踏み切るまでには及ばなかったのではないかとも考えられています。

VFDには対策をすることが可能

一度能力を発動されたらどうしようにもないように見えるVFDですが、この能力に対する対策も存在してます。発動される前に動きを封じるといったものがメインですが、レアリティの高いカードでなくても対処が可能な場合がほとんどです。

威力が大きいことは事実ですが、対処ができると運営も認識していれば規制する必要性を感じず、対象に入れなかったのではないかとも考えられます。

VFDへの対策

VFDと対戦する際の対策について解説します。

相手の攻撃を制限できるカードを使う

VFDが効果を発揮する前に攻撃を封じるという方法です。すでにVFDが効果を発動した後に行っても効果がないため、必ず事前に行う必要があります。

この効果の能力をもっているカードについては以下の通りです。

攻撃を封じるカード

  • PSYフレームギア・γ
  • 夢幻泡影
  • 灰流うらら
  • 禁じられた一滴
  • 禁じられた聖杯
  • ハーピィの羽根吹雪

相手のモンスターをリリースさせるカードを使う

VFDが効果を発揮する前に退場してもらうといった内容です。こちらもすでにVFDが効果を発動している場合は、その場からVFDを退場させても効果を無効にすることはできないため、事前に行うことが必須になってきます。

この効果の能力をもっているカードについては以下の通りです。

リリースできるカード

  • 闇黒世界-シャドウ・ディストピア-
  • 黄金卿エルドリッチ
  • バージェストマ・ディノミスクス
  • 怪粉壊獣ガダーラ
  • 強制脱出装置
  • 原始生命態ニビル
  • 痛み分け

属性を上書きする

こちらは「帝王の轟毅」というカードで行うことができ、VFDの能力の発動後に有効です。VFDに宣言された属性と別の属性に上書きをすることで、効果を無効にします。

この場合VFDの能力の発動前に行っても効果がないため、注意が必要です。

墓地で効果的なカードを使う

フィールドからは何もできなくなってしまいますが、墓地からは動作が可能なため、墓地で能力を発揮できるカードを使用します。直接攻撃できなくても防御力を高めたり、次のターンに備えて攻撃力を高めることも有効です。

この効果の能力をもっているカードについては以下の通りです。

墓地で有効なカード

  • 迷い風
  • 虚無空間
  • クリッター
  • ギャラクシー・サイクロン
  • バージェストマ・ディノミスクス
  • マジカル・ハウンド
  • ファイアウォール・ドラゴン
  • 処刑人 - マキュラ
  • 重力崩壊

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は古代文明をテーマにした、世界各地の英雄が参戦するPvsPストラテジーです。

世界7700万DLを突破した人気作で、アレキサンダーやクレオパトラなどの世界の名将は勿論、源義経や本田忠勝など日本ゆかりのキャラも登場します。

本作は箱庭ゲームとしても優秀で、街の建造や世界探索、蛮族(CPU)の討伐など盛り沢山

拠点外のオープンマップでは、偵察部隊を出して視野を広げながらリアルタイムバトルができるなど、1人でも楽しめるシステムになっています。

個人で完結して遊ぶことができるため、理由なく他の人から襲われる心配は殆どなく、PvPで襲われるのが苦手な方も安心です。

勿論同盟に入ってPvPを行うのも大きな魅力。広いマップで敵味方入り乱れ、リアルタイムで行われる戦闘は戦略性が高く圧巻です。

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は新規は新規鯖に割り振られるようになっているので、サーバー内で差ができにくくなっています。

おすすめポイント

  • 古代文明をテーマにしたPvPストラテジー
  • クレオパトラや曹操など世界各地の名将で遊べる
  • 箱庭ゲームとして個人でも楽しめる
  • 世界7700万DL

おねがい社長!

おねがい社長!は美人秘書と一緒に、社長となってゼロから創業する会社経営SLGです。

主人公はリストラされて無職となりますが、美人秘書に助けられながら成り上がっていきます。

いわゆるハコニワ系でタピオカ店やカフェなどの施設を建設して、お金を稼いでいきます。

おねがい社長!の一番の魅力は、なんといってもキャラ。かわいい系やおねい様系など様々なタイプの人材や秘書と一緒にゲームをプレイする事が出来ます。

特に秘書は自由に着せ替えやボイスを変更し、プレイヤー好みに仕上げることができます

グラドルやセクシー女優とのコラボもあり、非常に豊富なキャラが揃えられています。

最初はミッションに従って入ればサクサク進み、難しくて詰まってしまう事はありません。

基本的にフルオートで進められるので、忙しい人でも手軽に遊ぶことができます。アプリを閉じている間にも、放置で資材が集まります

資材も他のアプリのように木材や石材など細かいものは無く、主にお金やコインさえ集めれば何とかなるのでシンプルで分かりやすいシステムになっています。

おすすめポイント

  • 会社経営SLG
  • キャラが魅力的
  • 秘書がセーラー服やナース、レースクイーンなど様々な着替えが可能
  • シンプルで分かりやすいシステム
  • 放置で遊べる
  • PvPでプレイヤー同士でも対戦できる

リネージュ2M

リネージュ2Mは最高クラスの美麗グラフィックで楽しめるMMORPGです。

綺麗だけどあの頃の懐かしさもある、映画のように美しいファンタジー世界を、手軽にスマホで体験することができます。

レベル上げやアイテム収集をオートで進められるので、時間の無い方にもオススメです。

オート操作は非常に充実しており、細かく設定する事が可能。20秒に1回スキルを使用するなど、戦闘の補助としても有用です。

背景や戦闘グラフィックも美しく、オート戦闘を眺めているだけでも飽きない完成度です。

1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールドで、やり込み要素が満載。どれだけでも遊ぶことができます。

ステータスは自身で割り振れますし、スキルも各自取得できる仕様。自由な育成で、自分だけのキャラクターを作り上げる事が可能です。

おすすめポイント

  • 人気作リネージュ2のモバイル版
  • 前作を遊んでいなくても楽しめる
  • 最高クラスの美麗グラフィック
  • オート機能が充実・時間が無くても遊べる
  • 1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールド

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSは、FFの世界観で行われるタクティカルRPGです。

FFタクティクスを彷彿とさせるゲームシステムで、CTの貯まったキャラをターン制で移動させて盤面を攻略していきます。

「本当に無料?」という声が見られるほどゲームの完成度が高く、歴代のFFキャラも登場するので、FFファンの方にもタクティカルRPGが好きな方にもオススメです。

FFBE幻影戦争にはFFでお馴染みのジョブやアビリティ、魔法や召喚獣などが登場します。

魔法の発動に時間が掛かったり、初手からバフを掛ける事も可能だったりと、非常に戦略性が高くなっています。

マップに高低差が有ったりキャラ育成の幅が広かったりと、やりごたえのある内容です。

FFの系譜なのでストーリーも重厚で、1人でじっくり攻略も魅力。ボス戦やレイドのような心躍るPvEも活発に行われています

他にもギルド戦やPvP、マルチと言った要素も満載。1人でも皆でも楽しめます。

オート機能も付いているので、時間がない方も安心して遊ぶことができます。

おすすめポイント

  • FFBEの世界観で行われるタクティカルRPG
  • ジャブやアビリティなどを駆使した戦略性の高いバトル
  • 重厚なストーリー
  • オート機能で時間が無くても遊べる

遊戯王マスターデュエルの履歴書のやり方を徹底解説

遊戯王マスターデュエルを遊ぶ際に、「マスターデュエル履歴書」というものを利用するのがSNSで話題になっています。 今回はマスターデュエル履歴書の詳細やテンプレートの種類、使い方を徹底解説します。 コン ...

続きを見る

 

-ゲーム
-, , , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.