ポケモンSVで起きているエラーや不具合の詳細と対処法を徹底解説

現在、ポケットモンスタースカーレット、バイオレットで様々なエラーや不具合が起きていることが話題になっています。

今回は、ポケモンSVで起きているエラーや不具合の詳細と対処法を徹底解説していきます。


ポケモンSVでエラーやバグが発生

2022年11月18日に、ポケットモンスターSVが発売されました。発売を楽しみにしていたプレイヤー達が早速プレイを開始しましたが、エラーやバグの報告が相次いでいます。

中にはデータをリセットするしかない致命的なバグもあるため、深刻な状況となっています。

数時間分のデータが消える場合がある

ポケモンSVでは、オートセーブ機能を使用できます。設定画面にあるおまかせレポートのオンオフでオートセーブ機能と手動レポートを切り替えることができます。オートセーブをオンにしておくと、建物や街に出入りした際に自動的にレポートを書いてくれます。

このオートセーブ機能をオフにしたままプレイしていたユーザー達が、予期せぬエラーやバグによって最後にセーブした地点からのやり直しにならざるを得ない状況が続いています。そのため、最後にレポートをしたのが数時間前だったプレイヤー達からはかなりの時間が無駄になったと怒りの声が挙がっています。

オートセーブするべきなのか話題に

ポケモンでオートセーブ機能をオフにして手動でレポートを書くようにしているユーザーが多い要因の1つとして、前作の処理落ちの原因がオートセーブだったことが挙げられます。前作であるポケットモンスターソード、シールドではオートセーブ機能を利用したことが原因でセーブバグを引き起こしてしまう不具合が発生していました。

今回の処理落ちや不具合の原因にオートセーブが関係していると考えたユーザー達はオートセーブをオフにした方が良いと主張しています。しかし、オートセーブをオンにしておけばある程度は直近の所までさかのぼる事ができるので、オンにしておく方が良いという意見も出ています。

ただ、オートセーブをオンにしておいたことが原因でめり込んだ壁から永遠に抜けられなくなったり、操作不能に陥った所にしか戻れなくて詰んでしまったというケースもあるので、賛否両論となっています。

ポケモンSVで発生しているエラーまとめ

ここからは、現時点で起きているエラーを解説していきます。

処理落ちエラーが頻発している

歩くたびに処理落ちするくらいに、何か操作をしていると突然処理落ちしてしまうエラーが発生しています。特に道路のマップを読み込むのに時間がおり、滝などの重いグラフィックの近くで処理落ちが発生しやすくなっています。

突然落ちてしまうため、特に前兆もありません。ただ、主人公から3メートル以上離れて描写されると動作が重くなるので、イベント演出の時やマップの仕様で主人公から3メートル以上離れると描写が甘くなり、処理落ちが起こりやすくなります。

特に、スクールのようにオブジェクトの多い場所や、試着中に処理落ちすることが多いという報告が挙がっています。

フリーズエラーも頻発

また、フリーズエラーも頻発しています。フリーズしてしまうと進行不可能になってしまいます。

フリーズが起こると電源を入れ直しても最後にレポートを書いたところからやり直しになってしまいます。そのため、修正パッチが来るまではフリーズは起こる前提でプレイした方が良いという意見が挙がっています。

特に、色違いポケモンが出た時や建物からの出入り時にフリーズが発生したという報告が増加しています。

ポケモンSVで発生しているバグまとめ

ポケモンSVでは、現在様々なバグが発生しています。

現在確認されているバグ

  • バトル終了後に裏世界が表示
  • ポケモンがスポーンしないはずの場所でポケモンがスポーンする
  • 相手ポケモンが消えるバグが発生
  • 落下バグ
  • 建物の間に挟まり出られなくなる
  • 本来は入れない場所に入れたり、壁にめり込む
  • 物を調べた時に画面が突然暗転する

このほかにも、以下のような致命的なバグが確認されています。

ライド中にポケモンが消える

このバグはライドバグと呼ばれています。高所から飛び降りると、飛び降りたままの姿勢で移動する場合もあります。

また、そのままオリーブに突っ込んだところ操作不能になってしまったという報告もあります。これは本来の移動姿勢ではないため、オリーブに引っかかってしまい操作不能になった可能性が高いです。

ちなみにゆっくり時間をかけて移動やジャンプを組み合わせると柵から抜け出して本来いけないマップへ移動できます。ただし、本来は侵入できないはずの場所なのでフリーズや処理落ちが発生しやすくなります。

どうしても気になる場合は、自己責任で挑戦前に安全な場所でレポートを書いてから行いましょう。

ダウンロード版でキャラメイクから進まない

ダウンロード版でプレイしているユーザー達からは、キャラメイク画面から進まなくなってしまうという報告が挙がっています。かなり序盤で発生するフリーズで、進行もできないのでユーザー達からは不満の声が挙がっています。

一度電源を切って起動し直したらフリーズせず行けたという報告や新品のswitch本体ではできたという報告も挙がっており、処理落ちによるフリーズなのではないかという意見があります。

処理落ちの原因はソフト側の不具合である可能性が高い

処理落ちの原因は公式が特にお知らせを出していないため不明のままです。ただ、今作も前作と同様にバグやエラーだらけでの販売となっています。

これは開発が間に合っていないからこそ未制作のマップやシステムが多く、処理落ちやフリーズが発生しているという指摘が挙がっています。

switch本体の劣化が原因の可能性もある

switch本体が発売されてから年が経過しています。5年も経つと、switch本体の劣化が進んでいる可能性もあります。

switchの容量に耐えられない処理をソフト側が課しているためにフリーズや処理落ちが発生しているのではないかという意見も挙がっています。

エラーやバグが発生する前にできる対処法

既にこのようなエラーが発生しているため、事前にできる対策をしないとせっかく捕まえたポケモンが消えてしまいます。また、致命的なバグに遭遇すれば最悪の場合はデータリセットになってしまいます。

できれば不具合が直るまでプレイを控えた方が良いものの、やっとリリースされたポケモン最新作を早くクリアしたいと考えるユーザーもいます。修正パッチが来る前にプレイしたい場合は、以下の対処法を事前に行っておきましょう。

更新データをダウンロードする

ポケモン公式サイト

ポケモンSVには、既に11月11日の時点で更新データがリリースされています。この更新データをダウンロードすることである程度のバグを防ぐことが可能です。

自動ダウンロードをオフにしている場合は手動でダウンロードする必要があるので、新しいソフトを遊ぶときは更新データがないか確認しましょう。

水面や滝の近くで戦わない

水辺や滝の近くでは、グラフィック生成に大きな負担がかかっています。そのため、このような場所でジャンプしたり高所から飛び降りたりすると処理が遅れてバグが発生することがあります。

それと同様に、水面や水の近くで戦うことによって主人公の位置処理が狂ってしまいワープしてしまう場合があります。極力水面や滝など負荷のかかりやすい場所では戦わないようにしましょう。

こまめにセーブをする

オートセーブにしていると、脱出不可能な場所に移動してしまった時に脱出できなくなってしまい永遠に出られなくなるというデメリットがあります。かつてダイヤモンド、パールの時になみのりや探検セットを駆使したバグを利用してまだ入手できないはずのポケモンをゲットしようとしたところ、歩数を間違えて永遠に裏マップから出られなくなるという現象がありました。

当時はあとから修復システムが配布されましたが、今作も修正システムが配布されるとは限りません。できるだけオートセーブはオフにしてこまめに手動でセーブするようにしましょう。

セーブするタイミング

  • 建物に入る前
  • 町に到達したとき
  • ストーリー演出が入った時
  • ポケモンゲット後
  • 伝説のポケモンや幻のポケモンとの戦闘前

エラーやバグの発生後にできる対処法

既に致命的なエラーやバグが発生してしまった場合、以下の対処法で解決できる場合もあります。

コマンドでセーブデータを呼び戻す

switchには、隠しコマンドが存在します。タイトル画面で十字キーの上、X、Bの3つのボタンを同時に押します。

すると画像のような画面になるため、バックアップで始めるを選択します。

ライドバグが起きたら降りることが可能か確認する

ライド中に壁やドアなどにめり込んで動けなくなってしまう場合があります。そんな時は、一度ライド状態を解除してみましょう。

降りることで動ける位置に主人公が移動できる場合があります。

孤島に取り残されたら対岸のポケモンと戦闘する

水辺のポケモンと戦闘すると、主人公の位置がワープして陸の孤島に取り残されてしまう時があります。もし取り残されてしまったら、なみのりやそらをとぶ、テレポートを覚えているポケモンがいればポケモン技で脱出することができます。

しかし、ポケモン技による脱出が不可能な場合は対岸のポケモンと戦闘を開始することで再び主人公の位置がワープして脱出できる場合があります。

そらをとぶタクシーやなみのりが使えるようになったら脱出手段は増える

ストーリーが進めば進むほど、利用できるポケモン技は増えていきます。テレポートを使用できるラルトスはプラトタウンの東側にポケモンセンター横の草原で発見されています。

そらをとぶタクシーは、マップで見た時に羽のマークがついている場所にだけ行くことが可能です。行ったことのある街やポケモンセンターに羽マークが付くようになります。

ただし、一部のストーリーイベント演出中はそらをとぶタクシーを利用できないこともあるので注意が必要です。また、なみのりはオトシドリを倒すことで覚えることができるようになります。

なみのり中にジャンプすることもできるので、なみのり中に挟まって動けなくなった場合はジャンプして移動を試みましょう。

あなぬけのヒモを使用する

洞窟やダンジョンでは、壁抜けバグやフリーズが発生しやすくなっています。もしダンジョン系のマップで不具合やエラーに遭遇した場合は、あなぬけのヒモを使用することで脱出できる場合があります。

常にあなぬけのヒモは2個以上は常備しておきましょう。

問い合わせをする

ポケモン公式サイト

ポケモンの不具合に関する問い合わせは、電話ではなくメールフォームから問い合わせ可能です。しかし、リリース直後であることやバグやフリーズが頻発していることを踏まえ、2022年11月19日、20日の週末2日間は電話での問い合わせの臨時営業が予定されています。

どうすることもできなくなってしまった場合は、公式FAQを確認してから問い合わせを行いましょう。

問い合わせ先

  • 電話番号:0120-049-725
  • 受付時間: 11時~18時(土日、祝日、会社特定日を除く)

Twitterで不具合報告タグを付けて投稿する

Twitterには、様々なユーザーが不具合の報告を挙げてくれています。#ポケモンSVバグ」などのハッシュタグを付けて投稿することで、より多くのユーザーに発見してもらえやすくなります。

Twitterに投稿することで開発者が不具合の情報に気づけたり、同じ状況に遭遇したユーザーが話しかけて対処法を教えてくれたりすることがあります。また、リプライに対処法を書いてあげると他のユーザーが同じバグに遭遇した際に参考にできます。

できるだけ不具合が直った時は後からどうやったら直ったのかリプライで書いておいてあげましょう。

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は古代文明をテーマにした、世界各地の英雄が参戦するPvsPストラテジーです。

世界7700万DLを突破した人気作で、アレキサンダーやクレオパトラなどの世界の名将は勿論、源義経や本田忠勝など日本ゆかりのキャラも登場します。

本作は箱庭ゲームとしても優秀で、街の建造や世界探索、蛮族(CPU)の討伐など盛り沢山

拠点外のオープンマップでは、偵察部隊を出して視野を広げながらリアルタイムバトルができるなど、1人でも楽しめるシステムになっています。

個人で完結して遊ぶことができるため、理由なく他の人から襲われる心配は殆どなく、PvPで襲われるのが苦手な方も安心です。

勿論同盟に入ってPvPを行うのも大きな魅力。広いマップで敵味方入り乱れ、リアルタイムで行われる戦闘は戦略性が高く圧巻です。

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は新規は新規鯖に割り振られるようになっているので、サーバー内で差ができにくくなっています。

おすすめポイント

  • 古代文明をテーマにしたPvPストラテジー
  • クレオパトラや曹操など世界各地の名将で遊べる
  • 箱庭ゲームとして個人でも楽しめる
  • 世界7700万DL

おねがい社長!

おねがい社長!は美人秘書と一緒に、社長となってゼロから創業する会社経営SLGです。

主人公はリストラされて無職となりますが、美人秘書に助けられながら成り上がっていきます。

いわゆるハコニワ系でタピオカ店やカフェなどの施設を建設して、お金を稼いでいきます。

おねがい社長!の一番の魅力は、なんといってもキャラ。かわいい系やおねい様系など様々なタイプの人材や秘書と一緒にゲームをプレイする事が出来ます。

特に秘書は自由に着せ替えやボイスを変更し、プレイヤー好みに仕上げることができます

グラドルやセクシー女優とのコラボもあり、非常に豊富なキャラが揃えられています。

最初はミッションに従って入ればサクサク進み、難しくて詰まってしまう事はありません。

基本的にフルオートで進められるので、忙しい人でも手軽に遊ぶことができます。アプリを閉じている間にも、放置で資材が集まります

資材も他のアプリのように木材や石材など細かいものは無く、主にお金やコインさえ集めれば何とかなるのでシンプルで分かりやすいシステムになっています。

おすすめポイント

  • 会社経営SLG
  • キャラが魅力的
  • 秘書がセーラー服やナース、レースクイーンなど様々な着替えが可能
  • シンプルで分かりやすいシステム
  • 放置で遊べる
  • PvPでプレイヤー同士でも対戦できる

リネージュ2M

リネージュ2Mは最高クラスの美麗グラフィックで楽しめるMMORPGです。

綺麗だけどあの頃の懐かしさもある、映画のように美しいファンタジー世界を、手軽にスマホで体験することができます。

レベル上げやアイテム収集をオートで進められるので、時間の無い方にもオススメです。

オート操作は非常に充実しており、細かく設定する事が可能。20秒に1回スキルを使用するなど、戦闘の補助としても有用です。

背景や戦闘グラフィックも美しく、オート戦闘を眺めているだけでも飽きない完成度です。

1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールドで、やり込み要素が満載。どれだけでも遊ぶことができます。

ステータスは自身で割り振れますし、スキルも各自取得できる仕様。自由な育成で、自分だけのキャラクターを作り上げる事が可能です。

おすすめポイント

  • 人気作リネージュ2のモバイル版
  • 前作を遊んでいなくても楽しめる
  • 最高クラスの美麗グラフィック
  • オート機能が充実・時間が無くても遊べる
  • 1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールド

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSは、FFの世界観で行われるタクティカルRPGです。

FFタクティクスを彷彿とさせるゲームシステムで、CTの貯まったキャラをターン制で移動させて盤面を攻略していきます。

「本当に無料?」という声が見られるほどゲームの完成度が高く、歴代のFFキャラも登場するので、FFファンの方にもタクティカルRPGが好きな方にもオススメです。

FFBE幻影戦争にはFFでお馴染みのジョブやアビリティ、魔法や召喚獣などが登場します。

魔法の発動に時間が掛かったり、初手からバフを掛ける事も可能だったりと、非常に戦略性が高くなっています。

マップに高低差が有ったりキャラ育成の幅が広かったりと、やりごたえのある内容です。

FFの系譜なのでストーリーも重厚で、1人でじっくり攻略も魅力。ボス戦やレイドのような心躍るPvEも活発に行われています

他にもギルド戦やPvP、マルチと言った要素も満載。1人でも皆でも楽しめます。

オート機能も付いているので、時間がない方も安心して遊ぶことができます。

おすすめポイント

  • FFBEの世界観で行われるタクティカルRPG
  • ジャブやアビリティなどを駆使した戦略性の高いバトル
  • 重厚なストーリー
  • オート機能で時間が無くても遊べる

ポケモンSVのナンジャモは僕っ子なのか男の娘なのかボタンなのかの詳細についてや男性とされる理由など徹底解説

ポケモン公式 ポケモンSVのナンジャモが僕っ娘か男の娘、男かと話題になっています。 今回はナンジャモの詳細や男とされる理由など徹底解説していきます。 コンテンツ1 ポケモンSVのナンジャモTVが人気1 ...

続きを見る

 

-ゲーム
-, , , , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.